パラサイト半地下の豪邸の値段や実在場所でどんなオチが!

洋画
『パラサイト 半地下の家族』90秒予告

 

パラサイト半地下は実話?

2019年12月27日から放映され、韓国では社会問題が浮き彫りになった映画と言われています。
100%の実話ではないものの、実際に貧富の差が激しく韓国では半地下と言われている場所に住んでいる人もいるのです。
半地下とはどのような場所を言うのでしょうか?
映画で出てきた半地下は、窓もなくジメジメした空間であり、決して家とは言えません。
半地下の言葉通り、半分地下の空間です。
日本でも狭い家はありますが、ここまでの貧富の差があるのは韓国の社会問題といえますね。
実話であるのは貧富の差である家ですが、もしかしたら本当に豪邸の半地下に住んでいる人もいるかもしれません。

アカデミー賞4冠作品!パクソジュン出演の【パラサイト 半地下の家族】どんな映画!

半地下は何処にある?

実在するのであれば、何処にあるのでしょうか?
この映画が放映後様々な方向から韓国の半地下にスポットが上がり、現在ではYouTubeにまで取材した映像があがるほどです。
場所はソウルにあるアヒョン地区です。
映画のモデルの場所ともなっており、半地下の家が沢山並んでいます。
ソウルといえば、日本でも人気の観光地ですが奥に進めば、半地下の家があるようです。
実際の表向きのソウルとは違う雰囲気があります。
家と家の感覚は狭く、勿論半地下以外に上にも人は住んでいる場所です。

半地下の家賃は?

やはり気になるのがお値段ですね。
日本国内では、家賃は収入の三分の1までと借りる際決められています。
それ以上に家賃をかけては生活ができないからでしょう。
様々な理由があり、半地下で生活している人がいますが殆どの方の収入が月収5万ほどだそうです。
日本と韓国は基準が異なるかと思いますが1万5千円以内の家賃であることがわかります。
半地下で生活する人の割合は人口の1.8%と言われておりますが、皆が低所得で半地下生活を選んでいるわけではありません。
貯金ができて丁度良いと節約家の方もいるようです。

半地下の家がある理由とは?

上でもなければ地下でもない場所である半地下ですが、そもそも何故半地下という場所ができたのでしょうか?
家を建てる際、半地下という場所を作る必要はないように感じます。
韓国で半地下を作った理由は、朝鮮戦争です。
元々は防空壕の代わりであったわけです。
現在になっては、所得の低い方向けの住居となっているのですが、豪邸に半地下がある理由も納得ですね。
戦争後の支援が行われた人、そうではなかった人がおり、格差はそこから行われたと言われています。

パラサイト半地下にでてくる豪邸の価格は?

映画でもドーンと存在感がある豪邸ですが、見れば見るほど高級感が伝わってきます。
金額が気になりますね。
なんと日本円で8億という高額です。
桁が違いすぎますが、やはり同じ国でもそれだけの格差があることがわかります。
日本国内でも人気芸能人が豪邸を建てたなど話題になりますが8億円の豪邸を建てれる人はほぼいないのでは無いでしょうか?
それだけ、韓国のお金持ちは稼いでいるという事なのでしょう。

パラサイト半地下のセット価格

映画でもドーンと存在感がある豪邸ですが、見れば見るほど高級感が伝わってきます。
金額が気になりますね。
なんと日本円で8億という高額です。
桁が違いすぎますが、やはり同じ国でもそれだけの格差があることがわかります。
日本国内でも人気芸能人が豪邸を建てたなど話題になりますが8億円の豪邸を建てれる人はほぼいないのでは無いでしょうか?
それだけ、韓国のお金持ちは稼いでいるという事なのでしょう。


パラサイト半地下のロケ地は?

パラサイト半地下のロケ地ですが、実はほとんどがセットであり、外での収録は少なかったようです。
全て室内を貸し切りセットでの撮影ということですが、まるで家ですよね。
セットとは思えない技術さんの腕にあっぱれです。
現在ではセットは取り壊し、何も残っていないという事でもったいなく感じます。
少しの外の映像ですが、デジスーパーというスーパーマーケットの通りで撮影しており、放映とともに足を運ぶ方が多くなったようです。
実際に見てみると、特に観光するところもない場所です。

パラサイト半地下ロケ地ツアーに住民激怒

この映画が放映され、半地下に住んでいる住民にスポットが当たったことは事実です。
半地下生活を見に行こうというツアーまで作られてしまう始末です。
自分達の生活をオープンにされるだけですから、住民なら怒って当然かもしれません。
しかもこのツアー価格が日本円で5千円以内と格安。
個人的には、半地下生活している人が怒るのも無理ないかと考えますね。
豪邸巡りだけでは、意味がないのでしょうか?
住民に訴えられてもおかしくないような気がします。

まとめ

韓国の現状が浮き彫りとなった作品です。
話題映画を一度見てみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました