コロナ感染に似たウイルス映画コンテイジョンの結末は!

ミステリー映画

「コンディション...」の画像検索結果

コンディションの映画キャスト

マリオン・コティヤール
ドクター・レオノーラ・オランテス役

マット・デイモン
ミッチ・エムホフ役

ローレンス・フィッシュバーン
エリス・チーヴァー博士役

ジュード・ロウ
アラン・クラムウィディ役

グウィネス・パルトロー
ベス・エムホフ役

2011年11月12日放映の映画であり、ジャンルはスリラーとなっています。
今、日本を震撼させている新型肺炎コロナの状況と映画が似ているとのネット上では話題になっています。
そして、キャストはこの映画と似た今の状態に対してコメントを発表しているのです。
コメント内容ですが、若者に向けて自粛するように伝えているものであり、自分だけはかからないと安心せず考えてほしいとう内容でした。
芸能人であり、若い年齢層の方が伝えると説得力がありますね。
では、どんな内容なのかお伝えしたいと思います。

コンディションのあらすじと結末

主人公のベスは、出張で海外にいきます。
自宅に帰る為、アメリカに着きますが咳の症状がでていました。
特に大したことはないかと思い、彼女は病院に行くことをしません。
帰宅をすると待っていたのは夫のミッチ。
しかし、徐々に症状は悪化するばかりです。

同じ頃、日本でも彼女と同じような症状がでた人がいました。
この女性は症状が悪化し、この世を去ります。
何かがおかしいと感じたアランは、独自に調査をし始めるのです。
調査の結果今までに見たことがない、変異したウイルスであることが分かります。

ワクチンができるまでに、嘘をつき儲けるアランでしたが、遂にワクチンが完成します。
ワクチン完成には感染した人がでた日から135日後の
時がたっていました。

コンディションの感想・評価

連日報道されている新型ウイルスコロナですが、この映画と同じような状況であると考えてもおかしくありません。
映画は、まるでこうなる事を予想していたかのように現実とリンクしています。
勿論、全く現実とは同じではありませんが様々な状況が似ているように感じます。
どうするべきか、人々がろとうに迷う姿までもが同じに感じます。
現在感染が多く見られる地域では、必要最低限の外出のみにするよう政府から言われています。
外に出て飲みに行く事やカラオケ、夜の店など娯楽と言われているものが制限されているのが現状です。
海外と違い、日本は完全に外出禁止とする法律がなく、人々に自粛を呼びかけることしかできません。
一人一人の意識が、感染を抑えることに繋がるのです。

コンディションの意味とは?

日本語で考えるとコンディションといえば、自分自身の状態を意味する方を考えるかと思います。
よくスポーツ記者が選手に向かい今日のコンディションはどうですか?とインタビューされていますよね。
映画のコンディションは、このような意味ではなく伝染や感染を意味する怖い言葉なのです。
タイトル一つで映画の内容がわかってしまうほどのタイトルが付けられていたのです。

コンディションの映画はどこで見られる?

2011年の映画ですから、現在ではDVDがレンタルされており、レンタルショップにて借りる事ができます。
しかし、コロナの影響で現在コンディションの映画に再びスポットがあたり、レンタルされる方が多いようです。
外出できないとなると、映画でも見てすごそうと考える人が増えるかと思いますが、レンタルショップに現在行くことはオススメできません。
自粛といわれていることや、DVDも誰が触れたかわかりません。
今は普段気にならなかった事も大事を考える事です。
今だからこそ活用できるのはネットレンタルです。
月額のものが多いので、登録すれば映画が見放題となっていますし、新作のものはありませんが普段みれなかった映画を楽しむことができます。

コンディションの映画から学ぶこと

映画の中では目にみえない恐怖と戦う国民の姿がありました。
いつか自分も感染するかもしれないという恐怖です。
今の日本もコンディションの映画同様恐怖に怯えています。
国民的お笑い芸人である志村けんさんが、新型コロナで亡くなり、このことで若い方も意識が変わったはずです。
芸能人の方々も人との触れ合いが多い仕事であるゆえに感染している人が現れはじめました。
東京では一日に感染が百人というスピードで増えています。
この映画から学ぶのは、自分が感染しないことで周りにも感染を抑えられるということです。
例えば、自分自身は年齢も若く持病もないからかかったとしても軽傷で軽くすむと考えている方がいる場合ですが、それは大きな間違いです。
自分が感染すれば、大事な家族までもが巻き込む形となります。
また、自分勝手な行動で職場や学校に迷惑がかかり、もし亡くなってしまったらいたたまれないはずです。
自分自身を守るため、そして家族を守るため今は自粛しましょう。
ワクチンは作られ必ず治る日がくるはずです。

まとめ

コロナの恐怖がありながら、この映画をみるのはとても辛いかもしれません。
しかし、映画を見ることで一人一人の自覚が強まるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました