オーバードライブ映画のロケ地が首都高!道路封鎖の撮影!

映画

「オーバードライ...」の画像検索結果

 

オーバードライブ映画キャストが気になる!

 

東出昌大
新田真剣佑
森川葵

今、話題の東出昌大さん。
現在違った意味で話題となっている彼ですが、演技力は抜群ですよ!

 

 

オーバードライブ映画ロケ地は?

 

 

ロケ地ですが、様々な場所でロケを行われており、こちらの映画については役所が自身の街で収録が行われたと町おこしを兼ねて公表されています。
場所は、平戸大橋や平戸城、平戸城下町となっています。
行く機会があれば足を運んでみてくださいね!

 

オーバードライブ映画あらすじとネタバレ!

 

今、世界で最も過酷なラリー競技といわれている競技のはじまりです。
世界最高峰となる世界ラリーに挑戦する兄弟がそこには存在しました。
彼らは、

攻めなきゃ勝てねえから。
とつげ、かなりハイリスクで危険な運転を繰り返していました。
もちろん命をかけた危険な行為です。
何の保証もないわけですから、考えただけで恐怖を感じる行為。
誰もが危険と隣り合わせの行為に、不安感しかかんじません。

そんなある日の出来事です。
直純の新たなマネージャーとして全く知識がない遠藤ひかるがくることになります。
知識がない彼女はあたふたするばかり。

そして、以前はとても仲が良かった檜山兄弟ですが、現在では火花が飛び散っている状態なのです。

そんな状態になってしまった理由は、兄弟がお互い同じ人を好きになってしまったから。
彼女の存在、永瀬陽菜でした。
少年時代の兄弟は、二人でよく競っており、その姿を陽菜は、ゴール地点で待っていました。
そんな彼女の事が今も変わらず好きになってしまうのです。
気持ちを素直に伝えますが、結果は残念なことにふられてしまいます。

そして、直純はレーシングカーに対し考え方が変わってしまい、行方がわからなくなります。
連絡すらつか無くなるのです。

 

 

オーバードライブ映画結末は?

 

 

直純の行方を必死で探す篤洋ですが、彼はどこにいったかわかっていました。
思い出の砂浜、きっと彼はそこにいると。
さすが兄弟、直純はいました。
過去は過去と火花が散り仲互いしていた二人に希望の光が見え続けます。
不仲だった彼らに以前と同じ関係が待っていたのです。

そして兄弟で最終戦むかいます!
結果は逆転優勝!!
目標を達成したWRC行きの切符を見事掴む事ができたのです。

そして、日本を離れる前日がやってきました。
兄弟は、思い出の地をおとづれることにします。
幼き頃、兄弟二人で走らせた思い出の丘に。

 

結末の意味!

 

結末ですが、仲が悪かった兄弟がやっと昔のように仲良くできた微笑ましい姿がここにあります。
やっと二人が揃った時、きっと二人は最強の二人となるでしょう!

感想!

見事な兄弟愛を描いたストーリーですが、やはりいえることは兄弟とは素敵なものということです。
幼い頃は仲がよくても知らないうちに、溝ができ深まり気づけばうまくいかないなんて事が起きてきてしまうものです。
それならば、兄弟愛を戻す努力は必要不可欠!
大好きな兄弟、大事な兄弟また、共に同じ目標に向かい頑張ってきた兄弟のはずなのです。
しかし、うまくいかないジレンマが発生します。
男同士だったがために、素直になれなかったのでしょうか?
女同士であっても兄弟というだけでお互いの思いをぶつけすぎてしまい、うまくいかないといったことはよくあることなのです。
それならどうすればうまくいくことができるのでしょうか?
それは、結末に隠されています。
兄弟という肩書には、何もかもさらけだしても嫌われることのない絆が隠されているのです。
当たり前ながら、兄弟だからこそうまくいかずぶつかり過ぎてしまっただけ。
結論からすれば兄弟だからこそ、はっきりもの事をいえたのだと思います。
お互いに同じ人を好きになってしまうというのは切ないですが、どうすることもできない感情です。
もちろん、本来なら兄弟で同じ人を奪い合うなんてしたくなかったはずです。
しかし、兄弟だからこそお互いに譲りきれなかったという意地がみえます。
元々負けず嫌いな場面が見えていますし、なおさらなのかもしれません。
もし二人のどちらかが、彼女と付き合うことになっていたら結果としてうまくはいっていないはずです。
最終的に良かったのか、二人ともが振られた為兄弟愛が生まれたのです。
お互いに同じ人を好きになるというのは、兄弟二人とも似たもの同士であることが伝わります。
そう、二人は似たもの同士。
目標も同じものであり、ゴールも同じ。
最後の場面で二人が思い出の場所で映るシーンはおもわずハッとしてしまい、良かったと感動すら覚えます。
二人の幸せな姿、そして大きく育つ二人に幸せすら感じるのです。
一生懸命に進む二人に、少年時代の面影があり母親目線で映画を楽しめました。
映画が好きな人には、楽しむ事ができますので素敵な話にドキドキすることもできます。
男の人にもオススメの映画となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました