映画ひるなかの流星のラストが予想していた展開と違いビックリ!

未分類

「ひるなかの流星」の画像検索結果

ひるなかの流星あらすじとネタバレ!

 

女子高生から人気だったこちらの作品!
気になるあらすじやネタバレをしたいと思います。

主人公は、高校2年生の与謝野すずめはです。
両親が外国に仕事で行くことになり、東京に住む叔父の家でお世話になります。

いつもとは違う、都会の空気があわず家向かう時に昼間というのに流星が見え、倒れてしまいます。
倒れて目が覚めると獅子尾という男に助けられていました。
彼は叔父と知り合いで、しかも自分のクラスの担任の先生だったのです。
獅子尾は学校でフォローをし、友達が欲しいすずめの為に、馬村に対し友達になるようにと頼みます。彼は不愛想ながらも、話をしてくれました。
そんな様子を見ていたのはゆゆかです。
すずめに友達のようしますが、馬村のことが好きでだったので嫌がらせをしてきました。
誤解をとけてからは、親友になります。

ゆゆかはすずめにファッションを教えてあげ、イメージチェンジをします。
そこへ獅子尾が偶然現れ、すずめは隠れます。
彼に恋をしているとこのとき自覚するのです。
叔父の家に遊びにきた獅子尾と楽しくすごしますが、クリスマスパーティーの誘いには断られます。

落ち込んでいるすずめをほっとけず、馬村はマフラーをプレゼントします。
すずめは意を決して告白しますがふられてしまいます。
彼もすずめに気持ちはありましたが、周りからとめられていました。
この事を知った馬村は俺を好きだったら良いのにとと言います。

すずめは学校にいきづらくなりますが、ゆゆかに言われ学校にいきはじめます。
久々に行った学校では馬村が一年にすごい人気で困っていました。
馬村の為に彼女のふりをすることにします。
そして水族館でデートをしますが、そこで馬村はすずめに告白します。
返事をにごしたすずめですが、思い直しつきあうことにします。
どちらが好きなのか分からなくなっていたのです。

一方で獅子尾はすずめを忘れる事はできません。
体育祭の準備をするすずめを後ろから抱きしめます。
体育祭ではなんと、馬村と獅子尾がリレーで対決することになり、がんばれとつぶやきますが、それが誰に向けて言った言葉なのかはわかりませんでした。

 

ひるなかの流星結末

 

受験用の勉強合宿に参加しますが、体育祭の後ギクシャクしていました。
その時、叔父から連絡が入ります。
なんと、獅子尾が事故にあったのです。
すずめは急いで彼のもとにいそぎます。
彼は、大きな病気ではありませんでした。
安心した所で告白をされますが、今大事にしたいのは先生じゃないと振ります。
そして馬村のもとにむかいます。

【私、馬村が好きだよ】といいます。

すずめが選んだのは

獅子尾のような流星ではありませんでした。
彼女を輝かせていた星のような馬村だったのです。

 

ひるなかの流星結末の意味

 

 

最後は先生ではなく、一人の人を大事にしてくれる馬村のそばにいきます。
彼女が選んだ理由ですが、人に左右されることなく自分の気持ちを通した馬村だったのかもしれません。

彼女は初めからもしかしたらどちらにするのかを、決めていたのかもしれません。

 

 

ひるなかの流星感想

 

 

田舎から都会に引っ越しをした彼女は何もかもが新しい世界です。
そんな新しい世界は、彼女にとって魅力的でありながら不安感も感じます。
しかし、まわりの支えがあり彼女は大事な人に出会うのです。
彼女が、出会った人は皆彼女を大事に思いこの映画をみているとどんなにしあわせなのかと感じます。
これだけ彼女が人に愛される理由は彼女自身の性格にありますね。
ほのぼのとした彼女でありながら、真のある性格に見習う点がいっぱいあります。
高校生に人気の理由はやはり主人公が同じ高校生であることが理由のようです。
見ている人は、自分と照らし合わせてみることができますし、こんな風だったらいいなぁという希望も込めながら伝わります。
もし、自分がすずめだったらと考えるのかもしれません。
あなたがもし、すずめだったらどうしますか?
個人的には先生も捨てがたい。と、思ってしまいました。
この映画は女性同士で楽しむのがオススメです。
たまには自宅で映画鑑賞という名の女子会を開いてみたらいかがでしょうか?
しあわせな時間がすごせるかもしれません。
現在こちらの映画は旧作ですので、レンタルすることができますし、一週間借りられます。
楽しい休日を過ごしてください。
他にもスマホ一つで楽しむことができるサービスがあります。
ネットレンタルだったら移動時間に楽しむことができますし、面倒な返却作業をしなくてもすみますので楽ですね。
少しの時間でも映画を見る時間を作って楽しんでみてはいかがでしょうか?

どうなるの?とキャストをみているとドキドキがはじまりません。
映画を楽しむ事で一緒に見ている人との距離が近づくことができますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました