映画【ペットセメタリー 】原作から感想や ネタバレ まで紹介!

未分類

「映画ペット・セ...」の画像検索結果

 

一味も二味も違うホラーがある!【ペット・セメタリー】はどんなあらすじ?撮影場所が気になる!

ホラー好きの方は気になっているはずのこちらの映画!
やはりあらすじが気になりますね。
今回は気になるあらすじとキャスト、撮影場所についてお話します。

映画ペット・セメタリー【公開日】

映画ペット・セメタリー

1月17日

映画ペット・セメタリー【キャスト】

 

ジェイソン
クラーク エイミー
サイメッツ ジョン
リスゴー ジェテ
ローレンス・他

 

映画ペット・セメタリー あらすじが気になる!

「映画ペット・セ...」の画像検索結果

 

今回のホラーは通常のホラーとは異なります!
話は、医師であるルイスから始まります。
田舎に家族と引っ越しをしたのだが、引っ越し先の裏にはペット用の墓地【ペット・セメタリー】があった。
ルイスが可愛がっていたペットの猫が交通事故によりなくなってしまう。
悲しみをおさえながらペット・セメタリーではなく、墓地の奥の森に猫を埋葬することにする。
しかし亡くなったはずの猫は豹変し、凶暴化して姿をあらわした。
猫を埋めた森は先住民が語り継ぐ、不思議で秘密の森だった。
娘エリーは誕生日を迎えたのだが交通事故で亡くなってしまう。
亡くなったのは、この森のせいなのか?

 

原作がある!気になる原作は?

原作はスティーブンキングさんです。
海外の方の書籍を読むことがなかなかない方にはもちろん通訳してありますので、一度手にとってよんでいただきたいです。
もちろん電子書籍も存在しますので、本を持ち歩くのはおっくうという方には電子書籍がオススメです。

死から蘇る娘が怖い!

死から蘇るという言葉をきくだけでホラーがつたわってきます。
あらすじどおり娘がなくなってしまうのですが、なんと娘が蘇るのです。
居なくなったと悲しんでいる父親にとってどんな形であっても側に来てくれるのは嬉しいことです。
ですが、蘇った娘はもう一緒に住んでいた娘とは違います。
バスタブに父親を沈め微笑む娘。
もう恐怖でしかありません。
いち早くこの恐怖を味わいたい方は、公式ホームページでこの場面をお伝えしています。
動画となっているので、恐怖をお楽しみください!

 

絶賛コメントがすごい!

 

各業界から絶賛の嵐です。
やはり恐怖を味わうにはぴったりの映画とのことで考えれば考えるほど本当に恐怖しかありません。
ただのホラーとは違う原作に基づいた構成にきちんとしたストーリーが絶賛の秘密だそうです。
見た人にしかその恐怖と絶賛の意味がわからないと思いますが、R15指定となっていますので大人同士でお楽しみ下さい。

 

娘役、エリークリード役が気になる!

 

エリーグリード役のジェテ・ローレンスですが今作品でも演技力が評価されています。
可愛い顔立ちですが、数々のホラー作品に出演しています。
仕事は1歳の時から始めているとの事で彼女の芸能界暦は子供でありながらベテランと変わりません。
もちろんホラーだけではなく、幼少期にはアニーで有名なサンディ役も演じたということです。

 

父親役、主役が気になる!

 

ルイス・クリード役に今回抜擢されたのは、ジェイソンクラークです。
彼はハリウッドで今もっとも尊敬されている俳優として有名です。
数々の賞で入賞し、もちろん作品に関しても書ききれないほど有名な作品にでています。
今注目の俳優さんですから、是非チェックしてみてください。

 

映画ペット・セメタリー ロケ地が気になる!

 

ホラーですから撮影場所が気になりますね!
ロケ地はなぜか海外の方が公開されやすい傾向となっており、ルドロー町として起用されたのはブルーヒルの町ということです。
キーとしてでてくる墓地はマウントホープ墓地だそうです。
あえて共同墓地を起用したとの事ですが、お墓での撮影ですからバチがあたらないか、やはり心配になりますね。
他にも映画にでてくる教会にサリーメソジスト教会が使用され、バンゴール空港も利用されているようです。
海外ツアーではホラー映画のロケ地をまわるといったこともあるようでのちに観光地として起用されるかもしれません。
考えただけで、怖いツアーですが、やはりホラーが好きな方はみたいようです。

 

映画ペット・セメタリー じつは1989年にあった映画!

 

「映画ペット・セ...」の画像検索結果

実はペットセメタリーの映画ですが1989年に映画化されており、今作品はリメイク版なのか?と思いきや内容が少し変わっています。
1989年にでた映画を探せば見ることができますし、前作と今作品の違いを調べてみても良いかもしれません。
ホラーイコール夏といったイメージがありますが、冬のホラーもまた違って良いかもしれませんね。

 

映画ペット・セメタリー 新たなホラーに注目!

 

海外のホラーは日本のホラーと違って怖いと思う要素が異なるようです。
アメリカは日本のように亡霊などを怖がりはせず、ゾンビが怖いとのこと。
今作品も蘇ったわけですからゾンビですね。
ですが怖いのは国を超えて怖いものです。
映画館で恐怖をいっぱい感じてください!
一人で見れない方はお友達を誘って参加してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました