ワンダー 君は太陽 難病だからこそ生まれた名言に感動!

洋画

「ワンダー 君は...」の画像検索結果

ワンダー 君は太陽とは?(あらすじ※ネタバレ注意)

「ワンダー 君は...」の画像検索結果

「ワンダー 君は太陽」は、生まれつきトリーチャーコリンズ症候群という障害を持って生まれたオギーという少年の成長を描いています。
このトリーチャーコリンズ症候群とは、顔の頬骨の欠如によって顔面形態が変形してしまうというもの。
およそ1万人に1人の新生児に起こる遺伝子疾患による障害です。

オギーは、この障害によって顔が変形しており、幼少期から27回もの手術を受けていました。
小学校に通うことなく、病院や自室のベッドでの日々を過ごし、母親の指導を受け自宅学習を続けるオギー。
そんななか、小学校5年生に初めて学校へ通えるようになるのです。

初登校のその日、初めてオギーの障害を目にしたクラスメイトは、違和感からオギーに心ない言葉をかけます。
オギーはそれに大変ショックを受けます。
楽しみにしていた学校での出来事に、強いショックを受け自宅で感情を爆発させます。

「なぜ、僕は醜いの?」と泣きながら母親に訴えるオギー。
自分の子供がそんなことを言って嘆いたら、動揺しない母親なんていないでしょう。
しかし、オギーの母親は、優しくオギーを励ますのです。

家族に励まされ、学校へ再び通うようになるオギーは、少しずつクラスメイト達と接するように。
そして、クラスメイト達もひたむきなオギーとの出会いによって少しずつ変わっていきます。

「外見だけで人は測れるものではない」大人も子供も、オギーとの出会いによって学んでいくのです。
オギーやそのクラスメイト、また大人たちの成長を通し、観る側の私たちにも新しい気付きを感じさせてくれる映画です。

 

ワンダー 君は太陽キャスト

 

この「ワンダー 君は太陽」は、2017年に、脚本家としても活動するスティーブン・チョボスキーが監督した映画です。
彼は2013年に、小説家を目指す少年を主人公にした青春映画「RENT」で自らメガホンを持ちました。
ちなみにスティーブン・チョボスキーは、「ウォールフラワー」など、少年の成長をテーマにした映画が得意。

この「ワンダー 君は太陽」の主演は、イザベル役のジュリア・ロバーツ。
ジュリア・ロバーツは、この映画で障害を持つ子を持つ母としていわゆる肝っ玉母ちゃん的存在に主演を演じています。
障害を持つ息子が、様々な困難に遭遇する度に、時に強く、また時に優しく励まします。

加えてこの映画には様々な子役たちが登場します。
まず欠かせないのは、ジュリア・ロバーツの息子役で登場するジェイコブ・トレンブレイです。
彼の愛くるしく、ひたむきな姿勢は見逃せません。

さらにオギーの姉、ヴィア役を演じるイザベラ・ヴィドヴィッチも見逃せません。
キレイな顔立ちで、障害もないヴィアですが、幼少期から両親はオギーに付きっ切り。
そんな心の寂しさを持ちつつ、障害を持つ弟を優しく見守るヴィア役を12歳で演じたイザベラにも感動です。

 

ワンダー 君は太陽難病だからこそ生まれた名言に感動!

 

「ワンダー 君は太陽」では、登場するすべてのキャストがそれぞれに思いを抱えています。
難病を通しつつ、人が成長する過程が描かれているのです。
映画の中では、時に苦しく切ない思いをキャストたちが感じるシーンがあります。

そのシーンには、私たちの心に刺さる多くの名言があります。
難病だからこそ生まれた、そんな名言をご紹介します。

 

(1)「顔は人の過去を示す地図。あなたは絶対に醜くない」

 

これは学校でいじめられ、傷つき帰宅したオギーにイザベルが掛ける言葉です。
初登校で顔のことをからかわれ、帰宅したオギーは、母親に「なぜ僕は醜いのか」と訴えます。
泣きながら訴えるオギーの姿はあまりにも切ないもの。

そんなオギーの顔について、母親のイザベルは、
「オギーの顔は病気と手術に耐えた勲章」
であることを教えます。

そして「人の顔には印がある。
心は人の未来を示す地図、顔は人の過去を示す地図。あなたは絶対に醜くない」
と伝えるのです。
オギーの顔の傷は勲章で、過去の忍耐の証である。

これからを示すのは、心だ。
だから明るい未来のために鍛えるべきは、未来の地図である心である。
それを子に伝える母親の強い愛を感じることができます。

(2)「お菓子、もらいに行こうよ」

オギーは生まれつきの障害のため、小さなころから入退院や自宅療養を余儀なくされています。
両親はそんなオギーに両親もかかりっきりにならざるをえません。
姉のヴィアは、病気のオギーや両親を小さなころから見ていました。

本当はもっと甘えたい。
でもヴィアは、病気のオギーや心配する両親の手前「仕方ない」と寂しさを見せずにいました。

映画では、オギーはハロウィンの日にクラスメイトに裏切られショックを受けて学校を早退してしまいます。
自室に引きこもるオギーに、ヴィアは一緒にハロウィンのパレードに行こうと誘います。
しかしオギーは友人に裏切られたショックを姉のヴィアにぶつけ、突き放します。

小さな頃から寂しさや孤独を感じていたヴィアですが、弟のショックをそこで受け止めます。
自分もさみしい立場にあったヴィアなのですが、オギーを責めません。
それどころか、自分も友人と不仲になっている環境を打ちあけ、一緒に頑張ろうと言わんばかりに
「お菓子、もらいに行こうよ」
と、優しくオギーに声をかけパレードに誘うのです。

「私ばかり」とか「お前だけずるい」なんて感情も多いなか。
本当の優しさとは、自己犠牲すらも超えた先にあるものであると感じさせられる一言です。

(3)「相手を知りたかったらやることは一つ」

様々な出来事を通し、成長するオギーからの言葉です。
この映画そのもの、むしろこれこそが映画が私たちに伝えたい言葉であると言える名言です。

オギーは、将来、宇宙飛行士になりたいと夢を持ちました。
そして、初登校でクラスメイト達にいじめられ、うちひしがれます。
それでも少しずつ打ち解け、衝突したりしながら多くの人と接してきました。

オギーはそうして様々な人と出会うことで
「心の中がのぞけたら、皆も普通じゃない」
ということを感じます。

そして、
「人をいたわれ。皆も闘っている。
相手を知りたかったらやることは一つ。よく見ることだ。」
と私たちに伝えてくれている、まさに名言なのです。

 

ワンダー 君は太陽は物語?それとも実話?

 

これだけの名言をもつ「ワンダー 君は太陽」は、実話のように見えます。
しかし、これは2012年にラケル・ジャラミロ・パラシオが発表した同名小説を原作とした物語です。

パラシオ自身が障害を持つ子供と出会ったときの葛藤をモチーフとして作られています。
彼女が自身の子供と一緒に居たところに、障害を持つ子をつれた母親と遭遇したのですが、
パラシオの子供は障害を持つ子供をみて怯え、泣き出したのだそうです。

とっさにパラシオは子供をその親子から遠ざけました。
すると、その様子を見て障害を抱えた親子は、その場をそっと立ち去りました。

パラシオは、障害を子供にどう伝えるべきか、どうやって接するのが正しいのか悩み、この物語を作成したと言います。
障害を持つ母親、そして障害を持つ子を見て泣く子を持つ母親の気持ち。
どちらにも思うところがあります。
そんなそんな気持ちのこもった実話をもとに作成された物語なのです。

 

ワンダー 君は太陽まとめ

「ワンダー 君は太陽」に登場する名言を一部ご紹介しました。
これ以上にこの映画には様々な名言が随所に登場します。

映画に登場する人物たちは自分が信じる正義があります。
そのため、自分の正義と他人の正義が時にぶつかってしまうことも。

そんなとき、多くの名言が登場します。
私たちの心をそっと癒してくれるそんな名言に、時に涙してしまうことも。

貴方の心を癒してくれる名言もきっとあることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました