海街diary映画で長澤まさみのドレスや衣装は私服って本当!

未分類

 

「海街diary」の画像検索結果

 

海街diaryキャストが気になる!

長澤まさみ
夏帆
綾瀬はるか
広瀬すず

人気女優四人組が演じるこのストーリーに目をむけてほしい。

海街diaryロケ地はどこ?

 

ロケ地は原作同様鎌倉です。
鎌倉の良き風景を感じることができる作品におもわず見惚れてしまうかもしれません。

 

海街diaryあらすじとネタバレ!

 

三姉妹は、15年前に家族を捨てて家を出ていた父が亡くなったという知らせを得た。

幸は仕事があり、佳乃と千佳の二人で葬儀へ行く。
腹違いの妹であるすずが駅まで迎えに来てくれてくれた。

翌日、葬式には出席できないと思っていた夜勤明けの幸がかけつける。
父親は三回結婚していた。
あまりよい父親ではなかった。
しかし、電車までの時間をすずに頼み一番好きな場所につれていってもらう。

すずは三姉妹を山の頂上に連れて行った。
話をしていると3回目の妻ではなく、すずが看病していたことが、わかり、お礼をいう。
親がなくなり、いく場所は3回目の妻の所。
すずを姉妹は一緒にくらそうという。

三姉妹から四姉妹での生活が始まる。
三姉妹も新しく来たすずも表現はしないだけでした。

それからも4人は本当の姉妹のように時を過ごした。

ある日、すずを連れて三姉妹が一番好きな食堂の海猫食堂に行く。

庭の梅の木から実をとっていると、音信不通だった三姉妹の母が今は札幌に住んでいることをしる。
嫌な予感しかなかった。
案の定、スズは三姉妹の母親にきつくいわれた。
フォローをする三姉妹。

その後、海猫食堂の二ノ宮おばさんから、店のことについて相談される。
病気が進行し店をてばなすと。

 

海街diary結末!

 

4人で花火大会にいき、
自分はここで暮らして良いのかな…と尋ねた。
少しずつだが、本当の姉妹のようにかわっていった。

そして幸はいう。
お父さんは良いお父さんではなかったが、こんなに素敵な妹3人を残してくれたと。

海街diary結果の意味!

 

最後は長女の言葉でしめくくられます。
そして血のつながりが片親しかない妹も含めて、姉妹であることをつたえているのです。

 

 

海街diary感想!

 

 

感想はなんといっても、姉妹って素敵だなの一言に限ります。
妹と血のつながりがないからとはいえ、決してそのように思えないのが不思議。
それは妹がとっても良い子だからでしょう。
考えられるストーリーは、様々あります。
本来なら血のつながりが片方しかなく、あったこともなければギクシャクして当然なのです。
考えてもみてください。
いきなり妹です。
と目の前に現れても、それを妹と思い可愛がることができるのでしょうか?
考えるだけで難しいことがわかりますね。
そして、妹の優しさがつたわります。
また再婚を繰り返す父親でしたが、それは幸せな物ではありません。
気づけば、世話をしてくれるのは我が娘であり妻ではありませんでした。
このことからわかるとおり、それだけの関係だったのです。
この関係は、すぐに破綻します。
しかし、子供というのはなぜか父親がとんでもないダメな親だと分かっていても大事と思い助けてくれるものなのです。
なぜなのでしょうか?
優しさがあるいい子に育つ子供。
それなのにこの父親は、なにかしてあげれたのでしょうか?
長女の言葉をみると父親は父親とは思えない状態だったことがよくわかります。
思わず、えっ?と世間の方がびっくりするのも無理もありません。
一体彼はどんなことをしていたのだろうか。
なぜか、そんな人がモテるのも不思議な世の中であるが、。
いざ、前に進むことを選ぶしまい。
片親しか繋がっていない妹もまわりの妹と同様に可愛がる。
しかし、気がきではなかった。
これでいいのか、迷惑ではないのかと不安で仕方ない妹の姿があった。
その姿は本当に優しい子であることがわかり、なんとかしてあげたいとこちら側が思うぐらいなのだから。
優しさに接するだけで、考えられるのはそれだけではない。
人に対する勇気をくれ、あたたかさをくれる妹。
そして、亡くなった父親に対し、言い放つ言葉も気になる。
父親は最低だったが、妹3人は最高だと。
幸せな姉妹生活はずっと続くのだろう。
姉妹というだけでなんだか楽しくなるのは私だけだろうか?
兄妹が欲しかったと思う人は少なくない。
私もその中のひとりなのだが、血のつながりがなくても兄妹がいるだけで毎日がたのしいのではないか?とそんなことをふと思うのだ。
笑うことなくこといろんな表情を見つけることができるが、考えられるのはそれだけではない。
いつしか、妹という存在は姉からしても大きく、そして消えることないステキな存在なのだから。
姉妹がほしいと思っても、もらえるものではないが、考えてほしい。
もし姉妹がいたらどんな楽しい生活が待っていたのかを。
そして、兄妹がいる人は、大切にしてあげてほしい。
兄妹だから分かち合えることがあるのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました