箱入り息子の恋で夏帆にディープキスした歌手はだれだ!

ラブストーリー映画
「箱入り息子の恋」の画像検索結果

箱入り息子の恋キャストが気になる!

夏帆
星野源
平泉成
森山良子音楽活動でも人気のある星野源さんが今回は主人公!
音楽だけではなく、俳優としての彼にも注目です。

箱入り息子の恋ロケ地はどこ?

気になるロケ地はどこでおこなわれているのでしょうか?
場所はさまざまあり、埼玉県のふじみ野市や茨城土浦市だそうです。
他にも東京の昭島市フォレスト・イン昭和館中央区よもだそばもロケ地です。
病室のシーンですが、神奈川県にある大和市立病院
葉山町がロケ地の一つとなっています。

箱入り息子の恋気になるあらすじとネタバレ!

市役所勤務の天雫健太郎。
自宅と職場を行き来するお決まりの日々を送っています。内気で愛想がない、そして唯一の趣味はペットのカエルとゲームだけ。
両親心配し、健太郎には内緒で親同士が婚活する代理見合いに参加していた。天雫の名を継いでほしい両親。
雨の日、傘を持たずに雨にうたれる一人の美しい女性を見つけます。
健太郎は自分の持っていた傘を渡し、さっていきました。

家に帰った健太郎は、両親から見合いの話を聞き、結婚はしないで一人で生きていくつもりだったが、見合い相手の写真を見て驚いた!
何故なら相手があの傘の女性だった。

両親の願いを受け入れた健太郎。
休日に見合いをすることなる。
彼女は視力がなかった。
彼は冷静だった。

相手の父親は質問をぶつけてくるが、うまく話すことができない。

目が見えない娘を君では世話ができないと言われる。

黙って聞いていた彼は伝える。
人を見た目で判断するようなことは、奈穂子さんはしないと。

翌日、役所にいた健太郎のもとを菜穂子の母親が訪れた。
そして、菜穂子と昼食をとり2人はこの日から仲良くなった。
好きと言われ、喜ぶ彼女。

奈穂子の母は何故彼と見合いをさせたかを説明した。
そう、傘を貸した相手が彼だとしっていた。
彼女の父親は2人が交際していたことを知らず激怒する。

奈穂子の両親が言い合いをしていると、車が菜穂子にむかってきた。
彼はかばい、病院にはこばれる。
息子を怪我させたことに激怒する両親。
彼が退院し、連絡するものの連絡がつかない。
またもとの生活にもどる彼。

箱入り息子の恋結末

ある日、また彼女に出会います。
杖をついて、彼との思い出の地にいた。
突然彼女は泣き出した。
彼との思い出を思い出していたからだ。
もちろん、彼の気持ちはかわらないままだった。上司に大事な用事があるので早退させてほしい
と、伝え彼女の家にいそぐ。
無理に部屋に入ろうとして父親に殴られ、落下する。
また、入院となったが手紙が届く。
点字の手紙だった。そんな手紙をみてほほえむ彼だった。

箱入り息子の恋結末の意味

結末は、彼女が彼に気持ちを伝えそばにいることを点字で手紙で耐えている。
点字がなぜ読めるかだが、かれなりに彼女とのコミニケーションをとりたかったからだろう。

箱入り息子の恋感想!

親が決めたお見合いとは、近年ではあまり聞かない稀なことではある。
しかし、全くゼロではない。
お金持ちの家や、海外では頻繁にある方法なのだ。
日本では近年、結婚しない人が増えている。
それに伴い、やはり結婚してほしいと行動する人だっているのだ。
そう考えると両親が見合いを選んだ理由がよくわかる。今回は運命の再会を果たした二人。
そして彼女の母は娘を助けた相手であることをよく理解していたのだ。
さまざまな苦悩が見えながらもそばにいたい一心で前に過ごしながら頑張る二人。
ただ、心配する両家の両親。
たしかに、箱入りという言葉がよく似合い、当たり前だが箱入り娘箱入り息子である。
両家ともに子離れできていないことがよくわからる。
子供のことを考えるのであれば決してしてはいけない行動だったのかもしれない。
いつしか二人は親という壁を乗り越えながら必死に前に進むのだった。
彼は怪我を負うが、怪我を負っても負けないたくましさを感じる。
怪我をして、心配する両親の気持ちはわかるがあまりに行き過ぎな気はする。
男は怪我がつきものだったのではないのか?
それはわからない。
なんとも言えない。
子育てに正解不正解はないが、彼も彼女もすでに立派な大人である。
そこまで親に左右される必要はあるのか?
そんな、疑問点を感じる。
結婚というゴールというところまできたところで、なにかを決めるのであれば、それはなかなか難しい。
結婚ははじまりであると感じる。
ゴールではないと。
そして、考えると好きであれば関係ないという突き進む二人を邪魔する人は本来ならいてはいけない。
親が邪魔をするのは、子供が大事でその気持ちが誤った方向にでてしまっているだけなのだから。
さまざまなことを頭にいれて見てみると、二人は大きな成長を得ている。
大事であることはもちろん、そして誰よりも相手のことが大事であるということを。
純愛映画ですので、ドキドキしながら見て見てはいかがでしょうか?
見終わった時に心があたたまります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました