キャストアウェイは4年間の無人島生活だが撮影は何か月!

映画

「キャスト・アウ...」の画像検索結果

トム・ハンクス
ヘレン・ハント

この作品はトムハンクス主演ということで誰もが注目した作品の一つです。
どんなお話になるのか後ほどお伝えします。

キャスト・アウェイ撮影

撮影には14か月もの時間をかけて、トムハンクスは体重や髪型すべて自前で

頑張ていました。スタッフも大変な撮影でかなり苦労して倒れる方もいたみたいです。

 

キャスト・アウェイのロケ地はどこ?

 

 

今回の無人島として伝われたのは、フィジーのモンドリキ島。
さまざまな映画にしようされているロケ地ということで今回もここに決定!
日本にも無人島は多数存在しますので、今後新たなロケ地に使用されることもあるかもしれませんね!

 

 

キャスト・アウェイどんな話?ネタバレ

 

「キャスト・アウ...」の画像検索結果

システムエンジニアとして働く主人公チャック。
仕順風満帆な日々を送っていました。

そんなある日のこと、出張中に乗っていた飛行機が、嵐により墜落し、投げ出されたチャックは、無人島へと漂流します。
仲間を探しても、誰もおらず、助けも来ません。

無人島で、1人取り残されたことに気付きます。
サバイバル経験のないチャックは、食料調達がうまくいきます。
火をおこそうとしますが、なかなかうまくいかず八つ当たりします。
孤独と寂しさがこみあげました。

なんとか息抜き4年がたちました。
イカダをつくり、脱出をはかります。
彼の体力は限界を超え、死を覚悟したとき、通りかかった船に助けられるのです。

 

キャスト・アウェイ結末

 

漂流前、結婚を考えていた恋人は別の人と結婚していました。
チャックは無人島で拾った荷物の中で、唯一開封しなかった荷物を配達するのです。

(大見出し5)結末の意味!

一生懸命無人島から逃げ出したものの、彼女は別の人生を歩んでおり、自分のものにならないことを意味しています。
彼女に罪はありません。
彼は亡くなったのだと思ったのでしょう。

そして彼が届けたかった荷物は誰に何を届けたのでしょうか?
はっきりした映像はなく結末はおえています。

 

キャスト・アウェイ感想

 

 

こちらの作品は、何一つ不自由ない男性が不慮の事故により無人島に住むことをよぎなくされた話です。
仮に飛行機から助かったとしても着陸した場所が無人島なのであれば、決していきぬく難しいですね。
彼自身も無人島で生き抜くことは困難と感じていたはずです。
その様子は、映画中盤の無人島で生活する彼の姿をみているとわかります。
何一つ火をつけるものもなく、水もなく待っているのは死しかない。
そう彼は思ったかもしれません。
しかし、彼の信念が勝ちます。
彼は無人島で生きていくことを誓うのです。
そして一人で。

一人で何もわからず、そして誰とも会話することもない孤独な時間が続きます。
もちろん、彼だって好きでそうなったわけではありません。
愛する恋人のもとに戻りたい。
そんな思いが強かったのです。
だからこそ、いつか助けがくると信じて彼は前に向かったのでしょう。
電気があり、火があり、蛇口をひねれば水がでるこの時代。
その時点で、私たちは幸せでいることができるに違いありません。
恋人ともケータイ一つで繋がりない不自由がないのです。
彼自身もそうでした。
何不自由ない生活を送ってきた一人です。
困ることなんてなにもなかったのです。
しかし、無人島というなかで学ぶべきものはたくさんあったはずなのです。
今までの日常とは違う生活により、違うことはさまざまです。
もし、以前の生活をしていたのであればまず、火の起こし方なんて学ぶことなどありません。
もし、仮に自分が無人島に落ちたのなら生きていけるのでしょうか?
もし、誰もその場にいなかったら寂しさで死を選んだりしないのでしょうか?

最後、彼は荷物を届けにいきます。
無人島で一度も開けることがないもの。
それは、彼から彼女に渡すはずだったプロポーズの指輪だったのでは、ないかと考えます。
きっと彼はずっとプロポーズを考え、指輪を持っていたのでしょう。
そして、無人島で頑張って来れたのは愛する彼女がいたからに違いありません。
何か守るべきものがあるからこそ、人は強くなれるのです。
そう考えるとなんといっても、彼女に会いたい一心で生き抜いた彼の思いを感じてしまいます。
大好きな彼女のために生きることを選び、辛い日々を過ごした彼。
できたらハッピーエンドで終わりを遂げて欲しかったとつい願ってしまいます。
もちろん、そうなればよかったのですが、彼女はこの時前を向いて進んでいたのです。
これはどうすることもできないものです。
どれだけ好きであっても彼女は、彼は亡くなったのだと思ったはずですから。
そんな時に今の彼と出会い、彼女を悲しみから脱出してくれたはずです。
彼女は彼女の人生を歩み、彼だって新たな人生を歩んだはずです。
そう考えれば、ハッピーエンドなのではないでしょうか?
是非、一度人生というものを感じる映画を見ていただきたいと思います。
無人島ならではの、生活を知ることで毎日が幸せなのだと考えることができるはずです。
この作品から感じるのは、幸せと思う日常についてや他にも経験に苦労は必要ということ

コメント

タイトルとURLをコピーしました