スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの次は!見る順番ランキング!

洋画
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告編

スター・ウォーズと言えば、世界でも有数のヒットコンテンツです。

いよいよこのエピソード9で全9部作が完結します。

一体どのような内容になっているのでしょうか。

今回はスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの次は!見る順番ランキング!などの情報をお届けします。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け【キャスト&スタッフ】

製作年:2019年 アメリカ
監督:J・J・エイブラムス
脚本:J・J・エイブラムス、クリス・テリオ
原案:コリン・トレヴォロウ、デレク・コノリー
原作:ジョージ・ルーカス
キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ミッチェル・レジャン
製作総指揮:カラム・グリーン、トミー・ゴームリー、ジェイソン・マクガトリン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演者:マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、ナオミ・アッキー、ドーナル・グリーソン、リチャード・E・グラント、ルピタ・ニョンゴ、ケリー・ラッセル

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け【あらすじ ※ネタばれあり】

クレイトの戦いから1年、レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)の力でレジスタンス軍は復活を果たしました。

ですが、生存者は十数名、このままでは戦いもままなりません。

レジスタンス軍はまず同志や宇宙船を集めることが先決でした。

一方、カイロ・レンはファースト・オーダーの最高指導者になっていました。

それだけでは飽き足らず、銀河中に勢力を拡大し、ファースト・オーダーの起源に関する秘密、すのーくの暗黒パワーを手に入れようとしていました。

そして、野望を叶えるためにレンは惑星ムスタファに向かいます。

惑星ムスタファは尊敬する祖父ダース・ベイダーの拠点があるからです。

それだけではなく、そこにはシスの遺品もあるはずなのです。

一方で、レジスタンスの復活に貢献したポー・ダメロン(オスカー・アイザック)はフィン(ジョン・ボエイガ)、チューバッカ、R2-D2、トロダトームのクロードと共にシンタ・グレイジャー・コロニーに向かいます。

そのコロニーには、レジスタンスの支持者であるブーリオがいます。

彼はファースト・オーダーの重要なデータもくれる強い味方です。

レイ(デイジー・リドリー)はミレニアム・ファルコンで星々を巡っていきます。

レイは第2デス・スターの残骸へ一人向かい、そこでパルパティーンの居場所を示すコンパスを手に入れますが、そこへレンが現れ、コンパスは壊されてしまいます。

2人はライトセーバーで戦い、力は拮抗していましたがレイがピンチになった時、遠くかなたに母レイア将軍の声を聞き、レンの一瞬の隙をつきレイはレンを倒しました。

しかし、レンの中にレイは善の心を見出し、フォースの力でレンを蘇らせます。

レイはコンパスを手に出来ずに失意の中、宇宙船でその場を去りました。

1人残されたレンの前に父親であるハン・ソロのヴィジョンが登場します。

親子の会話をしたレンはダーク・サイドから脱却します。

レイは戦闘機でパルパティーンのいる惑星エクセゴルへ向かいます。

レジスタンス軍もこれを察知して全軍で戦いの場へと向かいました。

パルパティーンと戦うレイでしたが、その強大な力の前に戦えなくなります。

このピンチにライト・サイドに目覚めたレンでしたがあっけなく奈落の底へ突き落されます。

それを見たレイは怒りを力に変えてパルパティーンを倒しました。

しかし、レイもまた深手を負って命を落とします。

まだ戦いは終わっておらず、レジスタンス軍は苦戦を強いられています。

そこへ奈落へ落とされたレンが這い上がってきて、フォースの力でレイを蘇らせます。

レイに命を吹き込むことで、今度はレンが命を落とすのでした。

レイだけではなく、強力な援軍を得たレジスタンス軍は勝利を収めました。

その後、レイはルーク(マーク・ハミル)の故郷であるタトゥイーンで、ハン・ソロとレイアからもらったライトセーバーを砂の中に埋めるのでした・・・・。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜【見る順番ランキング!】

 

そんなスター・ウォーズですが、これほど物議を醸している作品はありません。

と言うのも、スター・ウォーズサーガは元々ジョージ・ルーカスの頭になく(本人は否定していますが)、現在呼ばれているep4、ep5、ep6で完結の話だったのです。

コアなファンにとっても、この3部作が正規のシリーズで後は蛇足としてしか見られていません。

特に、ダース・ベイダーの生い立ちと、いかにダーク・サイドへと落ちたのかを説明しているep1、ep2、ep3は前日譚だったとしてもいらないと言われています。

それと比べれば、ep7、ep8、ep9はまだマシと言う程度のようです。

普通に時系列で考えればep1スター・ウォーズ/ファントス・メナスから観るのが普通なのでしょうが、この映画に限っては発表された順番で観るのが妥当です。

そもそも旧3部作を作った際に新3部作の構想すらなかったのですから、作った順番に見ないと訳が判らなくなります。

ルーカスはこの9部作で完結と言いながら、ウォルト・ディズニー・スタジオは新作3本を2022年から2年おきに公開するとはっぴょうしています。

結局のところは、ヒットコンテンツですから継ぎはぎだらけでもルーカスや配給会社は構わないとの考えのようですね。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜【まとめ】

今回はスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの次は!見る順番ランキング!などの情報をお届けしました。

2022年からも新しいシリーズが発表されるようで、益々コアなファンを怒らせそうですが、ノーマルなファンにとっては楽しみなことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました