嫌な女小説に感動からの黒木瞳初監督の映画結末や内容は!

未分類

 

 

嫌な女キャストが気になる!

「嫌な女」の画像検索結果

 

黒木瞳
木村佳乃

綺麗なお二人がキャストです。
嫌な女を演じる2人に注目です。

 

嫌な女ロケ地は?

 

 

ロケ地は、千葉県や茨城となっています。
様々な場所でロケをしています。
もしかしたら自身の地元がロケに使用されているかもしれませんね!

嫌な女あらすじとネタバレ!

 

 

主人公の石田徹子は誰からみても何不自由ない女性でした。
完璧になにごともこなす彼女に周りは羨ましく思いましたが、当の本人は何の幸せも感じていません。
心に穴があいているようにかんじているのです。
そこに、従姉妹があらわれます。
徹子とは中身が正反対であり、徹子は夏子を嫌な女と感じていました。
同じく、夏子もそう思っていました。

そんな夏子が徹子のもとにきたのには理由がありました。
何故なら夏子は結婚詐欺をしたために相手に慰謝料を請求され、困り果てこの事務所にきたのでした。
この事件が解決したら二度と会うことはないと徹子は思うのでした。
しかし、そんな徹子も人間ですから、自身では気づいていない欠点が存在するのです。
彼女は人の気持ちがわからないのです。
弁護士でありながら、淡々という彼女の言葉にはやはり人から優しさを感じることはなく、冷たい人間に感じてしまいます。
一緒に過ごしてきた夫にまでもに愛想を尽かされ離婚となります。

ある日また、あうはずがない夏子が徹子のもとを訪れるのです。
今回は初めて徹子が同情する内容でした。
夏子は、ある男性に恋ごころを抱き貢いでいましたが、相手は夏子には興味がなく言葉たくみに彼女をだましていただけでした。
かわいそうと感情がはたらく徹子の心、徐々に徹子の心は変わっていったのです。
徹子は夏子のためにあることをするように促します。
それは相手の結婚式を壊すことでした。
作戦は成功し、結婚は破談となります。

 

 

嫌な女結末の意味は?

夏子は清々しい表情です。
徹子にも笑顔がありました。
徹子の笑顔を初めてみた夏子は、これが本来の徹子なのだと安心し、二人は笑顔でその場を去りました。

 

二度と会いたくないと思うほど、人としてあうことがなかった2人が前向きに進み、気づけば心許せている存在になったことがわかります。

 

 

嫌な女感想は?

 

 

この作品をみて思ったのは、やはり人は見かけで判断してはいけないということです。
生い立ちや、様々な環境があって当たり前のものなのです。
体験したことはありませんか?
あまり仲が良くなかった相手が急に仲良くなり、気づけば親友になってたことなど。
どうしても人間ですから見た目から入ってしまいがちなのです。
しかし、話してみると実はすごくいい人!
と感動すら覚えます。
この作品では親戚でありながら仲が良くない2人が主人公です。
人というのは完璧という人間はいません。
この作品の女性は、完璧と人から言われる人生を追っています。
しかし、彼女には心と言うものが欠如していました。
それに気付かないのは彼女1人です。
周りの様子を見ることで普通ならわかるのですが、彼女にはそれがわかりません。
自身で気づくのには、時間が必要なようです。
自分でも何かがかけていることに気づきはじめますが、実際にそれを解決するために必要な事は人からの刺激です。
自身とは違うタイプの人と関わりを持つことで考え方が変わるのです。
この映画の場合、真面目な主人公からすれば信じられないぐらいの相手であったいとこがこのパターンです。
人の良い所、そして悪い所を知ることができるのです。
そう考えると普段の私生活と比べてしまいます。
もうすぐ新学期となり、クラス替えや新しい新生活が待っていることが多いのです。
そんな時にあわないなぁと思っていた人でももしかしたら良く話をしてみると自分にとって合う人かもしれませんし、話をしてみないことにはわからないことも多く存在します。
話すきっかけは様々ですので会話をしてどんな人かな?と考えてみてはいかがでしょうか?
相手が人間であれば、合う合わないはあって当たり前なのです。
きっと、誤解を招くことだってあります。
第1印象で人を判断することはよくありません。
どうしても見た目で判断してしまうことは多く存在しますが、それはよくないことなのです。
なんだか、不思議な感覚に陥りますが実際にはどうなのだろうと不安に感じることさえあるわけです。
不思議ですね。
この映画を見ると女性同士ということでなにかと見た目で考えてしまう事が伝わります。
自身は見た目やよく話をしてない状況で人を判断してしまうことはありませんか?
もしかしたらと思う点があれば、一度話をしてみてそれだけでは苦手や嫌いと判断せず前向きに考えてみてはいかがでしょうか?
そうすることで友達の幅や、職場の輪が広がり素敵に思えるのかもしれません。
この映画は、そんなことを伝えてくれる映画の一つだったと思います。
是非映画で楽しくみてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました