映画子ぎつねヘレンのロケ地巡りで主人公たちの行動もチェック!

未分類

 

「子ぎつねヘレン」の画像検索結果

 

子ぎつねヘレンキャストが気になる!

「子ぎつねヘレン」の画像検索結果

 

大沢たかお
松雪泰子
どちらも優しさを感じるキャストです。
気になる内容については後ほどお話します。

 

子ぎつねヘレンロケ地は?

 

「子ぎつねヘレン」の画像検索結果

ロケ地は、網走です。
北海道の街並みが素敵ですね。
他にも、とうきょう農大がロケ地となっています。

 

子ぎつねヘレンあらすじとネタバレ!

 

 

北海道に引っ越しをした太一は、現在小学生です。
母は、カメラマンであり異国の地で撮影をしています。
彼がこの地に引っ越しをしてきたのは、シングルマザーの母の恋人がいたからであって、彼自身ひとりぼっちは変わりませんでした。
転校した日、彼は一匹のキツネと出会います。
思わず彼はキツネにこう言います。
おまえのかあちゃんも自由人か?と。
この親とはぐれたキツネを自身と重ねていたのでした。

彼は、この小さなキツネを置き去りに帰宅することはできませんでした。
小さな交番にキツネを抱いて走り、母親を探して欲しいと頼みます。
困り果てた末、警察官は一つの動物病院を教えます。
しかし、この動物病院は母の恋人が経営しているものであり、男は彼を叱りました。
キツネには寄生虫がいることがあり、危険だと忠告するのです。
飼いたいとつたえますが、男は野生動物を飼うことは禁止されていることと、どうしてもというなら入院費を払えと小学生の彼に言います。
困った彼は、この動物病院で手伝うことを条件にキツネを置いてもらいました。

ところがある日、男が誰かと電話している声が聞こえてきます。
話を聞いていると殺すしかないというのです。
少年は焦りました、キツネを殺されると思い自転車にのりキツネと逃げます。
しかし、小さな彼は警察官により家に戻されるのです。
そして殺すというのはキツネではなく、寄生虫のことでした。
安心したのも束の間、キツネの様子がおかしいことに気がつきます。
何の反応も示さないキツネに男はヘレンケラーのようだと告げます。
少年はキツネにヘレンと名付けました。
しかし、このままでは安楽死するしかないとの決断が下かけ、少年はなんとかヘレンを生かす方法を考えます。
少年は必死にヘレンの世話をし、手術することで治る可能性があることを告げられます。
喜ぶ少年に男は、真っ暗闇の中で生きるというヘレンの状況を教えます。
少年は考えました。
ヘレンにとって何が幸せなのだろうかと。

手術が行われ、少年はヘレンのもとにいきます。
するとヘレンは少年の声を聞いてなくのです。
その声は母親を呼ぶ子供の声でした。
まもなく、母親が帰宅します。
母親はあいかわらず楽天家でした。

 

子ぎつねヘレン結末は?

 

 

ヘレンの体調が徐々に悪化していきます。
必死で励ます少年にヘレンも答えるように彼の涙を舐めます。
ヘレンの存在は少年にとってかけがえの存在へと変わっていたのです。
ヘレンの最後の時が来ました。
泣き続ける息子をみて母ら、きちんとした母になることを決めます。
そして男も父親になることを決めるのです。
ヘレンから学ぶことがたくさんありました。

時はたち、浜辺に親子の姿がありました。
そして、ヘレンの写真をみながら会話する親子の姿がありました。

 

子ぎつねヘレン結末の意味!

 

 

最後は、両親がヘレンをみて親としての感じ方を考えた姿が写っています。
親とは何か、ヘレンから学ぶものが大きかったにちがいありません。

 

子ぎつねヘレン感想は?

 

 

一つの命によって前に進む一つの家族。
少年が見つけたのは、小さなキツネです。
少年は自身と重ね、同情します。
このヘレンと名づけられたキツネは愛情をいっぱい注がれます。
少年もヘレンのように愛情が欲しかったのかもしれません。
そして、母親の恋人もこの少年とヘレンによって人生が変わります。
少年は、愛情を感じることがなかったはずです。
しかし、少年はちがいました。
愛情をたくさん注ぐことができるのです。
彼の心は純粋であり、そして真っ直ぐな気持ちにきっと母親の恋人は心をうたれるのです。
冒頭の男は冷たく、獣医とは思えない冷たい印象を受けるのです。
しかし、最後は優しく気持ちが変わったことがわかります。
そうです、人間は変わることが出来るのです。
愛情を感じ、人との接し方を少年から彼が学ぶのです。
学ぶことはどんな人間でも大人であり、子供でありあります。
些細なことであり、変わることもあるのです。
一人の少年により巡る優しい物語ですが、命あるものやはり最後はくるものです。
相手が動物であれば、最後がくるのは早いのです。
切ないですがしかたがないことであり、彼はヘレンから短い月日の中で様々なことを学びます。
ヘレンの存在は何にも変えることができないものだったのです。
一つの動物により、一つの家族が幸せな家族となるストーリーに目が離せません。
是非みていただきたいのは、家族です。
映画を見ることで優しさを感じることができ、前向きに人生を考えることができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました