アバウト・タイム映画のみどころは素晴らしい名言やラストシーン!

ラブストーリー映画

 

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」は、タイムトラベルの能力を持った青年ティムの恋と彼の家族の絆をめぐるSF恋愛映画です。

主人公ティムをドーナル・グリーソン、恋人メアリーをレイチェル・マクアダムスが演じています。
監督・脚本は大ヒット恋愛映画「ラブ・アクチュアリー」を手掛けたリチャード・カーティスです。

イングランド南西部の海岸沿いの家に住むティムは父と母、妹のキットカット、叔父デズモンドの5人家族。
21歳になった新年早々、父から一族の男にはタイムトラベルの能力があると打ち明けられます。

困惑するティムに父は「理想の人生を送るためにパワーを使え」と忠告します。

 

アバウト・タイムあらすじ(愛する人のためタイムトラベルを繰り返す)

「アバウト・タイ...」の画像検索結果

映画の特徴は「タイムトラベルを駆使したコメディタッチの恋愛模様」です。

ロンドンで新米弁護士として働き始めたティムは、パーティで出会った女性メアリーに恋をします。

メアリーと電話番号を交換したその夜、父の友人の脚本家で下宿先の主人でもあるハリーの初演舞台が大失敗したと聞かされます。

落ち込むハリーを見兼ねたティムは舞台の失敗を食い止めようと決意。
その夜の時間をさかのぼり、なんとか舞台を成功に導きます。
しかし、タイムトラベルの影響でメアリーとの出会いはなかったことになり、交換したはずの電話番号は消えていました。

そうしてメアリーと結ばれるため、ティムは何度も彼女との「運命の出会い」を繰り返すことになります。

恋人同士となり婚約した二人は、故郷の海に近い教会で結婚式を挙げます。
可愛い一人娘にも恵まれ幸福な家庭を築くティムでしたが、思わぬ運命が彼を待ち受けていました。

アバウト・タイム結末(感動のラストシーン)

物語のラストで、ティムはタイムトラベルの能力を封印することを決めます。

決心にいたる最初のきっかけは、妹のキットカットが起こした飲酒運転事故でした。
妹は一命をとりとめますが、恋愛に失敗した彼女は生きる希望を失っていました。

ティムは妹の運命を変えるため彼女を連れて過去へ向かいます。
現在に戻ってきたティムは愕然とします。
家にいたのは愛する娘ではなく、見知らぬ息子の姿でした。

再び能力を使い、娘が生まれた直後に戻ったティム。
困惑するティムに、父は「あるタイミングで精子が作られるから、少しでもズレると別の子になってしまう」と告げます。

些細なことであっても、過去が変われば同じ子は生まれない。
だから父もティムや妹が生まれる前にはタイムトラベルできないのだと言います。
愛する娘を失いたくなければ普通の人と同じように、人生を受け入れるしかないと父はティムを諭します。

妹の事故直後へと戻ったティムは、過去を変えることなく妹に寄り添い、彼女を立ち直らせることに成功します。

メアリーが男の子を出産し、4人家族となったティムのもとに今度は父が余命わずかという知らせが届きます。
原因は喫煙が原因の末期がんでした。
煙草を吸い始めたのはティムが生まれる前だから、病気になる運命は変えられないと父は語ります。

葬儀の後も寂しくなれば父に会いに過去に戻っていたティムは、ある日「もう一人子供が欲しい」とメアリーに相談されます。

メアリーが臨月を迎えた夜、ティムは最後のタイムトラベルを実行します。
3人目の子が生まれたら、もう過去には戻れない。
父は涙を流すティムを抱きしめ、親子二人だけの散歩を楽しむのでした。

3人の子とメアリーと暮らすティムは、自分にはもうタイムトラベルの能力は必要ないと悟りました。

「この日を楽しむために未来から来た」と思えば、悔いなく毎日を送れると気付いたからです。

愛する家族と過ごすティムの前には、平凡でありながら美しい、一度きりの日常の風景が広がっていました。

アバウト・タイム名言(まとめ)

映画には人生を祝福するセリフが数多く登場します。
その中から心に染みる4つの名言を紹介します。

1.「完璧だよ、最高の前髪だ」(ティム)

出会った日の夜、あまり自分に自信がなく「流行おくれの服よ」「前髪パッツン」と話すメアリーにティムがかける言葉です。
メアリーの全てが愛おしく思う気持ちがストレートに伝わってきます。

2.「私が愛した男は3人しかいない。薄情な父は論外、まずはデズモンド、 B.B.キングは絶対だ、それに息子」(父)

結婚式の日に父がしたスピーチの言葉です。
B.B.キングは1950年代から活躍し始めたギタリストで、アメリカ・ブルース界の巨人と言われる人物。

デズモンドは父にとっては義理の弟でティムは息子ですから、偉大なギタリストと並び立つくらい父にとって息子は誇らしく大事な存在なのです。

3.「一つ目は、他の人と同じような一日を毎日を送ること。二つ目は、タイムトラベルの力を使い、何気なく過ごした一日をもう一度最初から繰り返すこと。
そうすることで緊張や不安で気づけなかった普通の人生の素晴らしさに、2回目は気づくそうだ」(ティム)

ガンで余命わずかだとわかった父が、「人生を楽しむ二つの秘訣」としてティムに授けた言葉です。

二つの秘訣を実践したティムは、同僚との友情や、仕事の喜び、売店の店員の笑顔など、いつもは気づけなかった日常の美しさを知ります。

4.「僕たちは一緒に人生をタイムトラベルして生きている。今を精一杯生きて、素晴らしい日々をかみしめよう」(ティム)

タイムトラベルはもう必要ないと悟ったティムの言葉。
一度きりの時間を家族と生きる。
それが最上の生活だと知った彼は、そんな日常を「一緒に人生をタイムトラベルして生きている」と表現しているのでしょう。

まとめ

「アバウト・タイム」では主人公がタイムトラベルを使って恋を成功させようとしますが、ラストでは一度きりの人生こそが大切だと気付きます。

タイムトラベルがなんでも可能な万能な力ではないのも、本作の見どころの一つ。

登場人物のセリフは、今を精一杯生きることの素晴らしさを教えてくれる名言ぞろいです。
映画を見た後は、当たり前の日常を大切にしたくなる温かい気持ちで一杯になります。
恋人や家族との絆をより強く感じることができるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました