サイダーのように言葉が湧き上がる映画の声優が下手とは誰の事?

未分類
映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告映像

「サイダーのように言葉が湧き上がる」は長編アニメーション映画です。

監督は「四月は君の嘘」で有名なイシグロキョウヘイ監督がメガホンをとりました。

今回はサイダーのように言葉が湧き上がる映画の声優が下手とは誰の事?などの情報を見ていきます。

サイダーのように言葉が湧き上がる【キャスト&スタッフ】

製作年:2020年 日本
監督:イシグロキョウエイ
脚本:イシグロキョウヘイ、佐藤大
原作:フライングドッグ
キャラクターデザイン:愛敬由紀子
総作画監督:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
出演:市川染五郎、杉咲花、潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎、
中島愛、諸星すみれ、神谷浩史、坂本真綾、山寺宏一

サイダーのように言葉が湧き上がる【あらすじ ※ネタばれあり】

ある地方都市、そして17回目の夏を迎えた少年・チェリーはコミュニケーションが苦手。

いわゆるコミュ障のチェリーは、人から話しかけられないように、いつもヘッドホンを着用していました。

そんなチェリーは口に出せない気持ちを趣味の俳句にぶつけていました。

一方、強制中の大きな前歯を隠すために、常にマスクを外せない少女・スマイル。

スマイルはいわゆる動画配信者で人気をそれなり獲得、常に「カワイイモノ」をコンセプトにそれを見つけては動画を配信していました。

俳句以外では思っていることを簡単には言い出せないチェリーと、外見の大きなコンプレックスに押しつぶされそうなスマイルが、ある時、ショッピングモールで出会います。

やがて、SNSなどを通じて少しずつ言葉を交わし、気持ちを寄せ合う2人。

そんなある日、チェリーとスマイルは、バイト先で出会った老人・フジヤマが無くしてしまった思い出のレコードを探し求める理由を話します。

フジヤマがレコードを探している理由を知った2人はレコード探しを手伝うことになります。

一緒にレコードを探す内に急速に距離を縮めていくチェリーとスマイル。

ですが、ある出来事がキッカケで2人の想いはすれ違っていってしまいます。

2人の関係はこの先どうなってしまうのでしょうか・・・・。

サイダーのように言葉が湧き上がる【映画の声優が下手とは誰の事?】

Twitterでもある通り、5月15日(金)に公開予定だった「サイダーのように言葉が湧き上がる」ですが、新型コロナウィルスでの緊急事態宣言を受け、公開は延期になってしまいました。

このまま新型コロナウィルスが終息しない限りもっと上映が先送りになってしまう可能性もあります。

さて、そんな「サイダーのように言葉が湧き上がる」ですが、予告編やトレーラーで観る限りですが、下手だと言われている声優がいます。

本編はまだ誰も観ていないので、全編とおして観た場合には印象も変わるでしょうが、現状では市川染五郎さんが下手だと言われている声優です。

声優が本職ではない市川染五郎さん。

ドラマの経験も時代劇1本しかなく、いわゆる現代劇に触れたことが無い状態です。

そんなレベルの人を起用するのも問題ですが、引き受ける方も引き受ける方だと言う声も聞こえてきます。

最近の日本アニメーションは映画に限って言えば声優経験のない俳優や女優を話題性だけで起用することが少なくありません。

人気の高いジブリ映画も、主役級に関してはほぼ俳優、女優が起用されています。

ほとんどがファンタジーのジブリ作品ならともかく、ガッツリ現代劇の本作のような映画には全くマッチしないと言えます。

ネットでもこうした不満が、それこそ湧き上がっているようです。

・芸能人を声優に起用して話題作り!って結局コケるから意味ないよ

・市川染五郎棒過ぎる。流石に今まで頑張って来たアニメーターさんや他のスタッフが可哀想だよ

・テレビでやってる15秒のCMで最後主人公が叫んでるの下手すぎて酷すぎる

・CMでみただけだが、棒読みすぎる

こうした声が非常に多いようです。

一方で女優なのに上手いと言われているのが杉咲花さんです。

映画22本、ドラマ34本と言う出演数を誇っているだけあって声優もバッチリこなしています。

杉咲花さんの場合は、劇場アニメに本作を入れて3本の経験値があるので、その差が余計に市川染五郎さんの下手さを際立たせてしまっている可能性は充分ありますね。

サイダーのように言葉が湧き上がる【まとめ】

今回はサイダーのように言葉が湧き上がる映画の声優が下手とは誰の事?などの情報を見てきました。

新型コロナウィルスの流行によって、上映延期になってしまった本作ですが、楽しみが先になったと言うだけですから、公開日までワクワクして待っていましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました