亜人映画のロケ地巡りで主人公たちになりきり行動もチェック!

ヒューマンドラマ映画

 

2017年公開、死なない新生物「亜人」を描いた佐藤健さん主演映画「亜人」。

今回は、そんな映画「亜人」で使われたロケ地をチェック!

映画「亜人」の中に出てきた、ありとあらゆる場所を巡っていきます。

亜人のアジトはどこ?
政府の危機管理センターは?

あなたもきっと気になる場所があったはず!

まだ観ていない方にも、あらすじ・みどころを共にご紹介しますので、主人公たちになりきったつもりで共に行動してみましょう!

 

亜人:あらすじ

 

まずは、ざっとあらすじからご紹介しましょう。

すでに映画「亜人」をご覧になっている方も、もう一度確認しなおしてみてくださいね。

<あらすじ>

※亜人:死ぬことのない新生物のこと。
死なないということ以外は人間と同じ。

ある日、主人公・研修医の永井圭(佐藤健)は交通事故により死亡…しかし、すぐに生き返ったことから、亜人であることが判明します。

その後、政府により永井は保護されますが…。

保護とは名ばかりで、実際は非人道的な人体実験用のモルモットとして亜人は扱われました。

殺されても死なない…地獄の毎日を送る永井の前に、突如として現れたのはテロリスト・佐藤(綾野剛)。

佐藤自身も亜人であるといいます。

佐藤は永井に「政府に復讐しよう」と誘うのですが、佐藤の思想や計画に賛同できない永井は、佐藤を銃で撃ち逃げました。

しかし、これにより、永井は佐藤からも政府からも逃げることになり…。

逃げる永井に、佐藤は入院中の永井の妹(浜辺美波)の誘拐を企てます。

 

亜人:みどころ

映画「亜人」は、大人気漫画「亜人」の実写化作品になっています。

ただ、設定自体は原作と少々異なりまして…。

主人公・永井が研修医(原作では高校生)であったり、原作では人気のある何人かのキャラクター(海斗・中野攻など)も映画版には出てきません。

ただ、だからといって映画版が見応えないと思ったら大間違い!

特にバトルシーンは、映画とは思えないほどの出来栄えですので、見どころの一つといえるでしょう。

IBMの召喚シーンも圧巻ですので、ぜひご注目ください。
※IBM(インビジブル・ブラック・マター):戦闘能力が非常に高い幽霊のような存在で、亜人はそれを召喚することができる。

原作と若干設定に違いがあっても、映画「亜人」も、原作に劣らずまさに「亜人」です!

見どころとしてもう1つ!

それは、原作から飛び出てきたのではないかと思うようなキャストの面々です。

特に、佐藤を演じる綾野剛さん、戸崎を演じる玉山鉄二さんには注目を。

佐藤:いつもポーカーフェイスで何を考えているかわからない、そして、笑えば不気味…。
そんな雰囲気(表情)を綾野剛さんがうまく表現してくれています。

戸崎:戸崎は政府機関の人間で、亜人捕獲のために動きます。
目的のためには手段を選ばないという冷徹さが玉山鉄二さんによくハマっています。

もちろん、主人公・永井を演じる佐藤健さんもハマり役。

超合理的でありながら、どこか情緒的な面を持つ…というのは、佐藤健さんならでは出せる持ち味と思われます。

ビジュアルにしても、原作からそれほど離脱せず…といったところ。

原作のイメージを壊さず映像化されていますので、原作ファンの方でも十分に楽しめるのではないでしょうか。

原作を読んでから映画を観ても、映画を観てから原作を読んでも、どちらでも「亜人」を楽しむことができると思いますよ。

映画ならではの「亜人」の世界観に、あなたも浸ってみてくださいね。

 

亜人:ロケ地

 

それでは最後になりましたが、映画「亜人」で使われたロケ地の紹介です。

実際に巡って、あなたも亜人の世界観を味わってみませんか?

ロケ地:兵庫県立淡路島夢舞台国際会議場
「亜人研究所」のロケ地です。
しばらくの間は技術道具など実際に使われた物が展示されていたそうです。
海に囲まれた自然豊かな淡路島という地。
まさに人知れず亜人を捕えておく場所としては最適…なのかもしれません。

ロケ地:さきしまコスモスタワー(大阪府咲洲庁舎)
毒ガス製造の「フォージ重工業株式会社」はこちらがロケ地。
フォージ重工業株式会社の社長室は51階にあるそうですよ(劇中設定では49階)。
ここ、さきしまコスモスタワーは、大阪ベイエリア・咲洲中心にそびえ立っています。
タワーの天望台から見る眺めは格別ですよ。

ロケ地:神戸市・危機管理センター、落合クリーンセンター
神戸市危機管理センターは、映画では「政府の危機管理センター」として。
落合いクリーンセンターは、「亜人のアジト」として使われました。

ロケ地:江東区「木場公園」
木場公園は、東京メトロ木場駅から徒歩5分とアクセスしやすい立地にある公園です。
この場所では、永井兄妹(永井圭(佐藤健)と妹・彗理子(浜辺美波)が、人込みに紛れながら行動するシーンで使われました。

映画「亜人」のロケ地には、自然豊かな地が多く使われたようです。

どこものんびりできそうで、素敵な場所ですよね。

迫力満点なバトルシーンなど、映画のワンシーンに思いを馳せながらロケ地を巡るというのも楽しいかもしれません。

映画「亜人」は、DVDほか、Hulu・U-NEXTなどでも配信されています。

ロケ地を巡る前に観るのもよし!
巡ってから観るもよし!

ロケ地巡りをしなくても楽めますので、とりあえずは、お部屋でまったり鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、映画「亜人」で使われたロケ地をご紹介しました。

ロケ地として以下の場所をご紹介しました。

「亜人研究所」兵庫県立淡路島夢舞台国際会議場
「フォージ重工業株式会社」さきしまコスモスタワー(大阪府咲洲庁舎)
「政府の危機管理センター」神戸市・危機管理センター、落合クリーンセンター

また、永井兄妹が人込みに紛れながら行動するシーンとして、江東区「木場公園」をご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました