新聞記者映画ラストシーンの一言で松坂桃李が伝えたい事は!

ラブストーリー映画

 

 

映画『新聞記者』は東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にした、若手女性新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤を描いたドラマ。主演は韓国演技派女優シム・ウンギョンと人気俳優松坂桃李。監督は藤井道人。第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞の3冠に輝いた評価の高いこちらの映画。あらすじや印象的なラストシーンの一言、この映画を通じて伝えたかった事はどんな事だったのか、その魅力をご紹介します。

新聞記者あらすじ

 

 

東都新聞社会部に匿名でFAXが届きました。表紙には羊の絵が書かれたその文書は医療系大学新設計画に関する極秘情報を暴露するものでした。

東都新聞社会部記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、上司の陣野(北村有起哉)にFAXの調査を命じられます。

文書によると、本来、文部科学省が管轄の大学の新設を、内閣府が主導権を握っており、経営を民間に委託するのだというものでした。

日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている吉岡は、真相を突き止めるべく調査に乗り出しました。

一方、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原(松阪桃李)は、現政権に不都合な人物に対し、マイナスなニュースをコントロールし世間に広めるという任務を日々こなしていました。上司の多田(田中哲司)からの指示は意に反するものも…杉原は自分たちのしている仕事に疑問を感じるようになります。

そんなある日、杉原はかつて外務省にいた頃の尊敬する上司・神崎(宮野陽名)から久々に連絡が入り再会します。神崎は無実の不正の責任を一人で背負わされた過去がありました。「国民のために尽くす」という信念と家族のためを思い負ったものでした。

後日、杉原は偶然会ったかつての同僚・都築(高橋努)から、自分の部署である内閣情報調査室が神崎を追い詰めていたことを聞きます。

不安にかられた杉原は神崎に電話をかけますが、何度かけても繋がりません。神崎から折り返しの電話があった時には彼はビルの屋上にいました。神崎は飛び降り自殺をしてしまいます。

杉原は多田に神崎の自殺のことを詰め寄りますが、「子どもが生まれるそうだな」とかわされます。

神崎の通夜の日、杉原は神崎の妻と娘をマスコミから守ろうと寄り添っているところ、吉岡がマスコミを止めに入ります。ここで2人は初めて会話を交わします。

そんな時、杉原の妻・杉原奈津美(本田翼)が破水し緊急帝王切開をすることになり病院に…。

ある日、吉岡は取材中に杉原を見かけ声をかけFAXを見せます。この時には反応を見せない杉原でしたが、その後、周囲の目を警戒しながら杉原は吉岡に話します。神崎の自殺を止めたかったと。吉岡も自分の父のこと、神崎が家族を残してまで自殺をした真実を知りたいのだと話します。

吉岡は神崎の自宅に行きました。取材を断る神崎の妻にFAXの羊の絵を見せ説得をします。取材を受けることを承諾してもらい、神崎の妻から神崎の書斎デスクの引き出しの鍵を預かります。デスクの引き出しを開けるとそこには、FAXの原本と内閣府が計画している新設大学の真相が書かれた1冊の本が…。吉岡は杉原を呼び出し、真実を暴くために協力して欲しいと頼みます。

真実に迫ろうともがく吉岡。政府の組織の一員でありながらもその闇に気づきその狭間でもがき苦しむ杉原。そしてラストは…。

 

新聞記者見どころ

映画『新聞記者』は、現実に報道されている事件を連想される事件を描いていて、政権の闇、不正に迫り、権力に立ち向かった姿勢は挑戦的であり革新的で、私たちの心を強く揺さぶります。

権力に逆らうことを恐れずこの映画『新聞記者』を製作した人たちの勇気には感服します。

この忖度だらけの社会に一石を投じる非常に価値のある映画となっています。

ストーリーには無駄がなく、目が離せなくなる展開にどんどん引き込まれていきます。

内閣情報調査室のシーンは青みがかったフィルターがかかって薄暗くなっていて、内閣情報調査室の存在をより薄気味悪く感じるものになっていました。

この内閣情報調査室で登場する杉原の上司・多田を演じる田中哲司さんの冷淡さ、恐ろしさがより際立ってみえる演出がなされていたように感じました。

そして多田以外の登場人物の背景や心情もとてもわかりやすく描かれています。

シム・ウンギョンさん演じる吉岡エリカや松阪桃李さんが演じる杉原拓海のおかれた立場や心境はもちろん、彼女達の周りにいる同僚や上司や妻の心情も丁寧に表現されています。

演じている役者さん達の演技力の高さに魅せられました。

吉岡エリカを演じたシム・ウンギョンさんは日本語に若干訛りがあるものの日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ちという設定もあり違和感もありません。とてもお上手です。そして何よりその表情の豊かさに非常に引き込まれます。

そして、中でも、杉原を演じていた松阪桃李さんの演技は目が離せなくなる凄みがありました。

真実に迫っていく中で、どんどん変わっていく表現力は際立っていました。自分の正義、信念、守るべき家族の存在、自分のおかれた立場に苦悩する姿には鬼気迫るものがありながら繊細でリアリティーのある演技だったように思います。

特にラストシーンの彼の表情は印象的です。

私たちに訴えかける彼の姿に誰もがハッとさせられるのではないでしょうか。

映画の後半30分の緊迫感があり、心臓のドキドキが止まらず、そしてラストシーンの松阪桃李の一言。観終えた後もしばらく余韻に浸り何もできない感覚を覚えます。

新聞記者まとめ

映画『新聞記者』は、無駄のないストーリー展開とキャスト陣の演技力、特に松阪桃李の演技力の高さも相まって、骨太で重みのある映画になっています。

ラストシーンの松阪桃李の一言は、「真実とは何か…?」「正義とは何は…?」「今の日本とは…?」ということを考えさせられます。

私たちのするべきことは何なのだろうかと改めて問いかける映画『新聞記者』はリアリティーと重みのあるメッセージ性の高い作品です

コメント

タイトルとURLをコピーしました