ザ・ファブル映画の撮影場所からの聖地巡礼地が人気な訳は!

アクション映画

ザ・ファブル 作品情報

2019年公開のアクション・コメディ映画で監督は江口カン、上映時間は123分です。原作は週刊ヤングマガジンで2019年まで連載していた、南勝久作の大ヒット漫画。今作のアクションのために監督は有名アクション映画を手掛けたフランス人振付師を起用しましたと言います。岡田准一さん演じる殺し屋ファブルが、たった一人で敵に立ち向かうシーンをはじめ、目を疑うような超絶アクションシーンが満載です。

ザ・ファブル 作品概要

主人公は「6秒以内に必ず敵を殺すことができる」と噂される伝説の殺し屋・ファブル。ボスの命令で殺し屋を一年休業し「普通の人」として大阪で暮らすことになります。ある女性と知り合ったことで、ファブルはヤクザの抗争に巻き込まれることに。

ザ・ファブル 登場人物

「ザ・ファブル」の画像検索結果

 

 

岡田准一
木村文乃
山本美月
柳楽優弥
向井理
木村了
福士蒼汰
安田顕
井之脇海
好井まさお
加藤虎ノ介
粟島瑞丸
六角精児
モロ師岡
藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
宮川大輔
佐藤二朗
光石研

 

主演のV6岡田准一さんはアクションシーンをほぼスタントなしで演じています。人気若手俳優・福士蒼汰さんの体当たり演技にも注目。

ザ・ファブル あらすじ

「ザ・ファブル」の画像検索結果

 

 

「伝説の殺し屋」として裏社会で噂になっているファブル(岡田准一)はいつものように手際よくターゲットを殺し、仕事を成功させます。サポート役は大酒飲みの美女ヨウコ(木村文乃)。2人はファブルの育ての親でもあるボス(佐藤浩市)の命令で、一年間殺し屋を休業し、誰も殺さず普通の人としての生活を送ることになります。

 

ボスは、「育てるってことは普通に生きることだ」と言い、ファブルに一羽のインコを渡します。「佐藤アキラ」「佐藤ヨウコ」という偽名で大阪に潜伏することになった2人。ボスは、友好関係にあるヤクザの組長に2人の世話を頼みます。

 

2人はヤクザの若頭、海老原(安田顕)に案内され、大阪にある一軒家で暮らし始めます。海老原には8年間服役中の部下・小島(柳楽優弥)がいました。小島は凶暴な男で、海老原の不安の種でした。一方、海老原をよく思わないヤクザの幹部の砂川(向井理)は小島を利用して海老原を失脚させる計画を立てていました。

 

そんなファブルを追うのが、今どきの若者の風貌をした殺し屋フード(福士蒼汰)とコード(木村了)です。ファブルを「レアキャラ」と呼ぶフードとコードはどうにかしてファブルを倒したいと願い、偶然にも大阪へやってきます。

 

不穏な空気が立ち込める大阪の街で、「普通の人」としての生活を続けるファブル。殺し屋とバレないようにチンピラに絡まれても手を出さず、「普通の人」として完璧にふるまっていました。そんな彼を介抱したのが、親の借金のためにバイトを掛け持ちするミサキ(山本美月)でした。

 

職探しの最中にミサキと再会したファブルは、彼女の紹介でデザイン会社のバイトとして採用され、「普通の人」として順調にステップアップしていきます。平凡な暮らしを楽しむファブルですが、ミサキが出所した小島に脅迫されたことをきっかけに、ヤクザの抗争に巻き込まれていきます。殺しをせず「普通の人」として一年を過ごす彼のミッションは、無事達成できるのでしょうか?

ザ・ファブル  ロケ地はどこ?

「ザ・ファブル」では、大阪を舞台に派手なアクションシーンが繰り広げられました。実際の撮影が行われたロケ地を調べてみました。

 

・KITSUNE(東京都渋谷区)

海の中にいるような青い照明が印象的なバーは渋谷区にある「KITSUNE」というお店です。オリエンタルラジオの藤森慎吾さん演じるチャラ男・河合ユウキが、山本美月さん演じるヨウコにテキーラを飲まされていたシーンで使用されました。映画を見ておしゃれな内装が気になった人も多いのではないのでしょうか。

 

・鉄板坂坊ふわり(東京都品川区大井町)

「鉄板坂坊ふわり」は関西風鉄板料理のお店です。安田顕さん演じる海老原とステーキを食べるシーンにカウンター席が使用されました。映画の中では大阪のお店と言う設定でしたが、実際には東京都品川区にあります。お店のホームページを見ると、映画で登場したようなステーキ料理も扱っているようです。友人や家族と気軽に訪れることができる雰囲気のお店です。

 

・居酒屋あじと麻布十番 本店(東京都港区麻布十番)

「居酒屋あじと麻布十番 本店」はお刺身、焼き魚などの魚料理や鍋が楽しめる大衆居酒屋です。山本美月さん演じるミサキがファブルを飲みに誘った居酒屋のシーンの撮影に使用されています。こちらも映画の中では大阪のお店という設定ですが、実際の所在地は東京都内です。

 

・さしま環境センター(茨木県栄町)

「さしま環境センター」は茨木健栄町にある元ごみ処理場で、現在は利用されていません。焼却施設や、長い鉄の階段があります。ほぼ廃墟となっていますが、アクション映画やドラマ、アーティストのミュージックビデオのロケ地としてよく利用されています。普段は立ち入り禁止なので、撮影以外で一般人が中に入ることは難しそうです。

 

映画では、柳楽優弥さん演じる小島と山本美月さん演じるミサキがさらわれた場所の撮影に使用されました。ファブルがたった一人で人質を救出する超絶アクションシーンの撮影場所もこちらです。

 

・霞クリーンセンター( 茨城県稲敷郡阿見町)

「霞クリーンセンター」も茨木県内にあるごみ処理場です。ごみの焼却や選別を行う中間施設で、通常一般人は入ることはできません。こちらも、ラストの人質救出のシーンとヤクザとの戦闘シーンの撮影に使用されているようです。

 

・生涯学習センター周辺交差点(栃木県足利市)
栃木県足利市の「生涯学習センター周辺交差点」もロケ地の一つだと判明しています。足利市はドラマのロケ地利用を推進しており、「ザ・ファブル」以外にも複数の映画やドラマの撮影に利用されています。

ザ・ファブル 聖地巡礼がオススメな理由

映画の舞台は大阪ですが、撮影に使われたロケ地は東京、茨木県、栃木県などの関東地方の施設が中心です。ロケ地になった店舗や自治体がツイッターやインスタグラムでもアピールしています。週末を利用すれば聖地巡礼としてすべてのロケ地を回ることも難しくないでしょう。

 

撮影に使用されたバーや居酒屋はほとんど東京都内にあります。ツイッターでも実際にロケに使われたお店を訪れ、写真をシェアするファンが多数いました。都内の人は食事がてらに、ほかの県にお住いの人は、東京に来たついでに気軽に訪れることもできそうです。

ザ・ファブル まとめ

大阪が舞台の「ザ・ファブル」は実際の撮影では関東地方を中心にロケが行われました。ロケ地に使われたお店は気軽に訪れることができる店舗ばかりなので、作品の聖地巡礼にもおススメできます。

 

アクションシーンのロケ地は立ち入り禁止の場所もあるので事前にチェックをしておきましょう。ロケ地を訪れて、映画の感動やワクワクをもう一度思い出してみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました