映画キングダム続編どうなる! 制作会社が倒産になった訳は!

未分類

キングダム 作品情報

「キングダム」は2019年4月19日公開のアクション大作映画で、上映時間は134分。累計発行部数6,400万部を越えるベストセラー歴史漫画を山﨑賢人さん主演で映画化しました。監督は過去に「図書館戦争」「アイアムヒーロー」「いぬやしき」などの実写映画をてがけた佐藤信介です。

 

人気漫画の映画化が失敗に終わる例が多い中、今作は興行収入50億円を越える2019年の大ヒット作となりました。完成までに1年以上かけた脚本には原作者も参加し、原作ファンからも高い評価を得ました。

 

撮影は中国ロケも行い、紀元前中国の壮大なスケールを再現しました。アクションシーンにもこだわり、将軍の王騎を演じた大沢たかおさんは、本作のために肉体改造を行ったそうです。

キングダム 作品概要

舞台は紀元前245年の中国。何百年も戦乱が続く春秋戦国時代の秦の国に生まれた戦災孤児、信(山﨑賢人)が物語の主人公です。信は同じ村の奴隷の子供で幼馴染の漂(吉沢亮 )と大将軍になることを夢に見て剣術を磨いてきました。

 

ある時、友の漂が王宮に上がり王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)に仕えることになります。王都では王の弟が兄の王位を狙って反乱を起こしていました。王の身代わりとなって命を落とした漂。死の間際の漂に教えられた場所に行くと、そこにいたのは漂と瓜二つの少年・嬴政(吉沢亮 )でした。彼は若き秦王であり、後の始皇帝となる人物でした。戦乱のさなか、2人は中華統一という途方もない目的のため歩み始めます。

キングダム 登場人物

「キングダム」の画像検索結果

 

山﨑賢人
吉沢亮
長澤まさみ
橋本環奈
本郷奏多
満島真之介
阿部進之介

深水元基
髙嶋政宏
要 潤
橋本じゅん
坂口 拓
宇梶剛士
加藤雅也
石橋蓮司

大沢たかお

 

若手からベテラン俳優まで、大勢の豪華キャストを起用した本作。山の民を統べる王・楊端和を演じた長澤まさみさんはアクションに初挑戦しました。橋本環奈さんはボーイッシュで奇抜な衣装を着た少女・河了貂を演じています。原作と映画を見比べて、実写キャストによる「再現度」に注目してみるのも良いでしょう。

キングダム あらすじ

「キングダム」の画像検索結果

 

 

奴隷の身分でありながら天下の大将軍を夢見る信は、幼馴染の漂と日々剣術の特訓に励んでいました。ある日、2人のもとに現れた王都の大臣・昌文君は漂を王宮に召し抱えると申し出ます。漂は、若き秦王・嬴政(けんせい)と瓜二つの容姿をしていたのです。母親が平民であっため王位を狙われる嬴政は、政治的に微妙な立場にありました。漂は彼の影武者となって仕えますが、王の弟が起こした反乱によって命を落としてしまいます。

 

漂に天下の大将軍になるという夢を託された信は、嬴政の王位奪還のために力を貸すことに。途中で山に住む一族の娘・河了貂と行動を共にします。

 

一方、久しく表舞台から姿を消していた天下の大将軍・王騎は、王位を奪った嬴政の弟・成蟜の陣営にいました。飄々とした態度で現れた王騎は「昌文君の首を持ってきた」と語り、「血沸き肉躍る世界」を欲していると言って不敵に笑います。

 

王騎に討たれたと思われた昌文君は生きていました。王の身代わりとして戦場に出ていた漂の活躍によって、生き延びていたのです。劣勢にある嬴政が考えたのは、山の民を統治する山界の死王と同盟を結び奪われた王都を奪還するという作戦でした。

 

秦国と山の民は、400年前は同盟関係にありましたが、秦の侵攻によって長らく敵対関係にありました。山の民は捕らえた信たちを処刑しようとしますが、嬴政は山界の死王に「王なら民を生かすために剣を取るべきだ」と語ります。嬴政は争いの種となる国境を無くし、中華を統一するつもりだと途方もない目的を口にしました。

 

幼少の頃から世界を広げたいと願っていた山界の死王・楊端和は、同盟を結ぼうという嬴政の提案を聞き入れ、被っていた仮面を外します。仮面の下には、美しい女性の顔がありました。楊端和は女王だったのです。

 

山の民と嬴政の兵を合わせた3030の兵士を率い、信と嬴政は8万の兵が守る王都の奪還に乗り出します。

キングダム 制作会社が倒産した理由は?

大ヒットした「キングダム」ですが、制作を手がけた制作会社、ピクチャーエレメントは約1億円の債務超過を抱え、2019年9月に破産手続きに入りました。

 

報道によると、倒産に至った原因は

 

1.制作を手がけた映画の制作費が予想以上にかさんだこと
2.新規事業への投資に失敗したこと
3.新規受注が中止になったこと

 

にあると言われています。経営難に陥ってから同社は複数の会社に支援を求めましたが、交渉はまとまりませんでした。

 

同社は、「キングダム」の他に「BLEACH」「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」「鋼の錬金術師」など、日本国内の実写映画を数多く制作してきました。倒産によって今後公開が予定されている実写映画作品も少なからず影響を受けると考えられます。

キングダム 続編はどうなる?

キングダムの続編について、いまだ公式の発表はありません。2019年4月に公開された「キングダム」は2カ月で興行収入50億円を超える大ヒットとなり、続編を望むファンの声がありました。

 

映画公開直後から続編の制作開始が一部メディアで報じられており、最大4作目までの制作が企画されているとも言われていました。原作漫画の「キングダム」は現在57巻までストーリーが進んでいます。映画版は漫画のほんの序章部分を実写化したものですので、「キングダム」のメインキャラクターの多くは公開された一作目では未登場。残りのストーリーを映画化する余地は十分あると考えられます。

 

2019年9月に製作会社であるピクチャーエレメントが倒産した後の続報はありません。倒産の影響で続編制作がストップした、という発表は今のところありませんが、続編公開の決定はいまだ不透明です。仮に続編が制作されたとしても、公開延期の事態は覚悟しておいた方がよいでしょう。

キングダム まとめ

公開前は作品の質を心配されながらも異例の大ヒットとなった「キングダム」。続編を望む声は多数ありますが、公式による発表はいまだありません。去年明らかになった制作会社の倒産から、ファンの間では続編制作が危ぶまれていますが、正確な情報は明らかにならないまま。

 

果たして続編は無事公開されるのか、ファンは公式による正式な発表を気長に待つしかなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました