銀魂2映画の感想 評価からロケ地・撮影秘話まで!

邦画

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+作品情報

 

 

『銀魂』は、空知英秋による漫画作品です。
主人公の坂田銀時を中心にそれを取り巻く人たちのドタバタSF時代劇コメディーです。
時代は江戸時代末期、舞台は江戸のかぶき町。
「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受け、地球人と天人との間の十数年にも及ぶ攘夷戦争ののち、開国、幕府は天人による傀儡政権となってしまった。。。というのが物語の始まりです。
ギャグ満載で下ネタ、マニアックパロディ、自虐ネタ、社会風刺ネタが散りばめられています。一方で、心温まる人情話や政治的な動乱やバトルが描かれたシリアスなストーリーも多く、作品のクオリティーも評価されています。
その人気の高さから2017年実写映画「銀魂」が公開され、2018年「銀魂2掟は破るためにこそある」が公開されました。

銀魂2 掟は破るためにこそある+作品概要

 

 

 

 

映画『銀魂2掟は破るためにこそある』は2017年の邦画実写映画で大ヒットを記録した『銀魂』の続編です。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーとなっています。
『銀魂』から引き続き、監督は福田雄一、主演は小栗旬、その他にも菅田将暉や橋本環奈など豪華キャストが続投しました。
仕事もなく金欠で家賃も払えない万寺屋の坂田銀時、志村新八、神楽の3人は、ついにアルバイトをすることを決意するが、アルバイトに行く先々でハプニングにみまわれます。同じ頃、真選組はかつてない危機的な状況に陥ります。そしてそれは真選組だけでなく将軍をも巻き込み、江戸中が大騒動となる陰謀へとつながり、銀時達の戦いは始まっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+登場人物(キャスト)

 

 

 

 

 

 

坂田銀時(小栗旬)
志村新八(菅田将暉)
神楽(橋本環奈)
土方十四郎(柳楽優弥)
伊東鴨太郎(三浦春馬)
沖田総悟(吉沢亮)
河上万斉(窪田正孝)
徳川茂茂(勝地涼)
松平片栗虎(堤真一)
近藤勲(中村勘九郎)
志村妙(長澤まさみ)
桂小太郎(岡田将生)
平賀源外(ムロツヨシ)
高杉晋助(堂本剛)
お登勢(キムラ緑子)
猿飛あやめ(夏菜)
佐藤二朗

 

 

 

 

 

 

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+あらすじ(ネタバレなし)

 

 

 

 

 

時代は江戸末期。天人(あまんと)が支配するようになり天人と地球人が共に暮らしている江戸の町かぶき町。
仕事がなく金欠の万事屋のメンバー坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)の3人は、アルバイトは始めます。
まず始めに行ったのはキャバクラ。風邪をひいて休んでしまっているキャバ嬢達の穴を埋める形で、銀次と新八は女装をし、神楽はバッチリメイクでキャバ嬢として働くことになります。さらに銀時のストーカーの猿飛あやめ(夏菜)、桂小太郎(岡田将生)もキャバ嬢として加わります。
そこへやってきた客との間で銀時達はドタバタ騒動を巻き起こします。
一方、真選組の土方十四郎(柳楽優弥)は攘夷浪士に襲われます。鬼の副長と呼ばれ恐れられている土方は返り討ちにしようとするが、この時は何故か体が勝手に動き土下座を謝ってしまい、気持ちとは裏腹に戦えなくなってしまいました。このピンチの土方を助けに入ったのは伊藤鴨太郎(三浦春馬)でした。真選組に入ってまだ1年なのに、その強さと頭の良さから近藤勲(中村勘太郎)から先生と呼ばれて一目置かれている男で、土方とは犬猿の仲の男です。土方はこの時、何者かに首に何かを埋め込まれヘタレオタクになってしまっていたのでした。
日は変わって万事屋の3人は、床屋のアルバイトをします。もちろん免許を持っていない3人ですが、客など来ないから留守番をしておいてくれと言われ引き受けたアルバイトでしたが、そこへ客がやってきます。その客とまたしても大騒動を起こします。
そして沖田総悟(吉沢亮)に陥れられ、真選組の会議に遅刻した土方は、近藤に攻められ、真選組をクビになってしまいました。さらに真選組に命を狙われることになり、銀時達をも巻き込み戦いは始まっていきます。
近藤の真の思惑…そしてさらなる敵の登場…土方や真選組、銀時達はどうなってしまうのか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+感想・評価・ロケ地・撮影秘話

 

 

 

 

 

 

『銀魂2掟は破るためにこそある』は前作同様、ギャグ満載でとにかく笑えます。ギリギリのパロディーや下ネタもあり、キャストの皆さんの貴重なコスプレも楽しめます。
万事屋3人のアルバイトのシーンは、とにかくギャグのオンパレードでキャストの皆さんの振り切ったボケツッコミには大声出して笑ってしまいます。
江戸の町の風景にも面白い細工が施されていてぜひ注目してもらいたいです。
後半は、シリアスなシーンやバトルシーンで魅せてくれます。銀時が土方に言うセリフ、そこからの展開はアツイものがあり胸に沁みます。迫力のある殺陣のシーンには圧倒されますし、クライマックスにかけてのアクションシーンはリズミカルで演出が凝っていて目が離せなくなりました。かっこいいです。

『銀魂2掟は破るためにこそある』の撮影がされたロケ地巡りをして楽しまれている方も多くいらっしゃるようで少し調べてみました。
江戸の町は、前作に引き続き京都の東映太秦映画村で行われたようです。
真選組の会議は、栃木の足利学校で撮影され、ここは「日本最古の学校」で歴史は室町時代からだそうです。
キャバクラのシーンは、大阪の味園ユニバースというと老舗キャバレーで行われました。
兵庫の赤穂城も銀魂2のロケ地で使われたそうです。
エンドロールは豊洲のIHIステージアラウンド東京の前で、ここでは小栗旬さんが笑いを誘う見所のひとつでした。
また、福田雄一監督のTwitterでご自身が日光、静岡でもロケを行なっているようです。静岡では新キャラの例のシーンを撮影するとツイートしています。詳細は書かれていませんが映画を観ながらどのシーンなのかを探ってみるのも楽しいですね。

『銀魂2掟は破るためにこそある』の撮影では、あるシーンでの小栗旬さんの顔が面白すぎて、Tシャツを作ってキャストの皆さんが着ていたという撮影秘話が。どのシーンかぜひ映画を観て見つけていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+公開前に観て置きたい映画

 

 

 

 

 

 

『銀魂2掟は破るためにこそある』の前作の『銀魂』はもちろん観ていただきたいです。より今作が楽しめるはずです。
また、福田雄一監督の映画作品は『銀魂』シリーズ同様、笑いあり涙ありの作品が多数あり、中でも、人気コミックを実写化した『斉木楠雄のΨ難』や『HK変態仮面』やハリウッド映画のリメイク作品の『50回目のファーストキス』などオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

銀魂2 掟は破るためにこそある+まとめ

 

 

 

 

 

『銀魂2掟は破るためにこそある』は、ギャグ満載でコメディー色の強い作品ですが、それだけではなく人情あふれるストーリー性もあり、迫力あるアクションもカッコいいエンターテイメント映画でたくさんのファンを魅了しています。
日本の人気俳優が揃って出演していて、その振り切った演技も見どころ。
ロケ地は、京都の東映太秦映画村、栃木の足利学校、大阪の味園ユニバース、兵庫の赤穂城、豊洲のIHIステージアラウンド東京前など。観た後、または観る前でも、聖地巡礼をするのも良いですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました