あと1センチの恋映画の感想 評価からロケ地・撮影秘話まで!

ラブストーリー映画

あと1センチの恋 作品情報

2014年に公開された、イギリス・ドイツ合作の恋愛映画で、上映時間は104分。監督は「ワタシが私を見つけるまで」(2016)を手掛けたクリスチャン・ディッター、原作はアイルランド出身のベストセラー女性作家セシリア・ アハーン作の「愛は虹の向こうに」です。幼馴染で親友の男女の「友達以上恋人未満」の愛情とすれ違いをテーマにしています。主演は映画「白雪姫と鏡の女王」で白雪姫を演じたリリー・コリンズです。

あと1センチの恋 作品概要

通常のラブストーリーは見知らぬ男女が惹かれあい結ばれて終わりますが、今作では親友同士の男女が、紆余曲折を経て男女の愛情を得るまでの過程を丁寧に描いています。二人のそれぞれ結婚相手グレッグとサリーとの関係も幼馴染二人の愛を一筋縄ではいかないものにしています。

あと1センチの恋 登場人物

リリー・コリンズ

サム・クラフリン

クリスチャン・クック

ジェイミー・ウィンストン

スキ・ウォーターハウス

タムシン・エガートン

ジェイミー・ビーミッシュ

あと1センチの恋 あらすじ

6歳の頃から親友同士だったロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)。高校生になった二人は、男女として意識しあいながらも、それぞれ他のクラスメートからアプローチを受けます。なんでも包み隠さず話すアレックスは、ロージーに自分が童貞であることまで相談します。

 

その後、嬉々として美人のベサニーを相手に童貞を卒業したと報告するアレックスにロージーは怒り、彼を男性として意識していたと思い知ります。高校の卒業パーティーの夜、イケメンで人気者のグレッグとベッドインしたロージーですが、グレッグは実は童貞で避妊に失敗。産婦人科でコンドームの除去処置を受けるという恥ずかしい結果に終わります。その後妊娠が発覚しましたがグレッグは怖気づいて逃げてしまいました。

 

アレックスはハーバードの医学部に、ロージーはボストン大学に合格しますが、生まれてきた娘ケイティとの生活を選んだロージーは地元での育児に専念することに。お互いの愛情を伝えないまま、ロージーとアレックスは別々の人生を歩み始めます。経営を学び、自分のホテルを持つという夢を諦め、ロージーはホテルの清掃員として働き始めます。

あと1センチの恋 感想・評価

ストレートな恋愛映画とは異なり、「男女の間の友情とすれ違いの愛」をテーマにしているのが本作の特徴。「男女の本当に友情は成立するのか」「恋愛関係になって友情が終わってしまうのが怖い」と誰もが一度は経験したことのあるような葛藤が描かれているのも、人気作となった理由の一つと言えそうです。

 

ロージー視点で映画を見ていると、平気でほかの女の子との恋愛模様を相談してくるアレックスにイラっとする部分も。「大好きだから恋人になれない」「大好きだから悲しくても相手の結婚を祝福してしまう」という繰り返し描かれるジレンマには胸が詰まります。

 

ロージーがアレックスと結ばれ、自分の夢をかなえるまでに最終的に12年の月日を必要とします。しかしラストを見れば「娘を生んで必死に生きた年月は全く無駄ではなかった」と思うはず。ロージーの恋を応援してくれる女友達ルビーをはじめ、わき役のキャストたちの好演も見どころの一つです。

あと1センチの恋 ロケ地は?

物語の舞台は主にイギリスの片田舎の町とアメリカのボストンですが、主要な撮影はカナダとアイルランドの首都ダブリンで行われました。映画に出てきた主要なスポットを紹介します。

 

・ダブリンのラスマインズ(アイルランド)

 

オレンジのレンガが特徴的なロージーの自宅の撮影が行われた場所です。設定上はイギリスですがロケ地はアイルランドのダブリンにある街、ラスマインズです。

 

・ダブリンのシェルボーン・ホテル(アイルランド)

 

ロージーとアレックスたちが繰り出す卒業パーティーのシーンと、ロージーの父の勤務先の撮影に使用されたホテルです。お城のようなゴージャスな外観が特徴です。所在地はダブリン。1824年に開業した由緒正しいホテルで、アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスも作品の中でシェルボーン・ホテルについて触れています。

 

・ダブリン空港(アイルランド)

 

アイルランド最大の空港で、年間3100万人以上の利用客がいます。ボストンの大学へ旅立つアレックスをロージーが見送るシーンの撮影で使われました。「友達だから」と想いを伝えることができなかった空港のシーンは本作において特に重要な場面です。

 

・カナダのトロント大学(カナダ)

 

ボストンで結婚し、産婦人科医として順風満帆な人生を送るアレックスに誘われ、ロージーが休暇を楽しむシーンで使われました。二人が芝生に寝そべって語り合う場所は、トロント大学のセント・ジョージ・キャンパス。「クイーンズパーク」という公園を囲むように建てられた緑豊かなキャンパスで、観光地としても有名です。

 

・タラホール・ハウト(アイルランド)

 

ダブリンの海沿いにあるホテルです。大自然を観望出来る立地と貴族の別荘のような豪華な内装が気になった人も多いと思います。映画では、ロージーが売り地を改装してオープンさせるホテルとして登場します。

あと1センチの恋 撮影秘話

高校時代から、ティーンの娘を持つ母親となるまでロージーの12年間を演じた主演のリリー・コリンズ。インタビューでは映画序盤のシーンの撮影が大変だったと語っています。

 

特に苦労したのが、初体験に失敗したロージーがトイレで脚の間を鏡で見るシーンだったと言います。若気の至りをコミカルに描いたシーンですが、「男性スタッフに囲まれての撮影だったから恥ずかしかった」とのこと。

 

編集段階でカットされそうになったそうですが「せっかく撮ったんだから!」とコリンズが主張して映画本編でもシーンの使用が決定したと言います。

あと1センチの恋 まとめ

「あと1センチの恋」はありそうでなかった男女の友情から始まる愛をテーマにした作品です。子育て、恋愛、夢の全てを諦めたくない女性の、挫折を経たサクセスストーリーでもあります。育児や仕事、恋に頑張る女性、あるいはアレックスのような奥手の男性にとっても共感できる現代的なラブストーリーと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました