映画【なくもんか 】主題歌や子役・あらすじや感想も紹介!

未分類

 

 

 

「映画【なくもん...」の画像検索結果

 

強い意志を感じる作品!【なくもんか】どんな話?あらすじとキャストに注目!

映画なくもんか キャストや子役が気になる!

「映画【なくもん...」の画像検索結果
阿部サダヲ
瑛太
アベサダオさんというだけでなんだが、楽しい作品になりそうですが、今回はきっちりとした役柄のようです。

劇団ひまわり所属の

山口愛(やまぐちめぐみ)さんです。

主題歌はいきものがかりの【なくもんか】です!

映画なくもんか あらすじとネタバレ!

主人公の祐太は父親に捨てられてました。
悲しい過去をもつ彼ですが、親代わりの店の店主の経営を継ぐことになりました。
彼は、経営をうまく営み彼の人柄が人気の秘密です。
そして彼には弟がいました。
お笑い芸人として活躍しています。
しかし、彼はそれを知りませんでした。
知るきっかけとなったのは、育ての親の一人娘でした。
シングルマザーとなっていた彼女でしたが、2人は結ばれます。
その際の戸籍謄本をとる際に弟がいることが知るのです。
会いにいきますが、弟は存在に動揺するばかりでうまくいきません。
何故ならお笑い芸人金城ブラザーズは、実の兄弟という設定だったのです。
その為、実の兄の存在を受け入れられずにいました。
そんな中、2人の父親が現れるのです。
どうしようもない父親は時がたってもダメ男であり、金城ブラザーズのことを週刊誌に売られたのです。

映画なくもんか 結末は?

「映画【なくもん...」の画像検索結果
人気だったコンビに亀裂がはいり、久々のステージに相方がきません。
兄か機転をきかせ、着ぐるみをきてステージにたちます。
大成功をはたしたのです。
最後は血の繋がった兄弟のために、はじめてステージにあがる兄の姿が挙げられています。
兄弟愛がしめされ、映画はおわります。

映画なくもんか 感想は?

「映画【なくもん...」の画像検索結果
こちらの作品をみて思ったのは兄弟愛はもちろんなのですが、納得いかないのは父親の態度です。
自分のことしか考える事しかできない父親に怒りすらおぼえました。
自分が楽するためだけに自身の息子を売ったわけです。
考えるだけであり得ません。
売られた子供はどう思うでしょうか?
元々良い父親ではなく、そのまま過ごしてきたわけですからそう考えればあの父親ならやりかねないと思うこともあるかもしれません。
しかし、心のどこかでもしかしたら父親は守ってくれると思う希望があるのです。
親というのは、子供のことを1番に考えるものというのが、個人的な意見です。
子供だからこそ、親を尊敬し親の背中をみて成長する。
それが理想系ではありますが、実際はむずかしいのかもしれません。
何故なら彼は父親としての役目を果たしていないからです。
嘘をついて兄弟としてやってきたコンビにも傷はついてしまって当たり前です。
そして、兄弟がいることを伝えられていなかった彼もまた動揺したに決まっています。
どうしても彼が会いたいと思った弟。
正直現実と理想は違うものがありましたがそれでも、兄は弟との仲をとりもとうと必死です。
知らなかったとはいえ、きっと兄も弟も一人で過ごしてきたのでしょう。
我慢することで耐えたことだとおもいます。
どうすることもできないこの気持ちを隠すことはできず、決して前をむくことができない弟。
子供の頃にあうのであれば、まだ傷は浅いかもしれませんが大人になってからの2人ではまともに傷を癒すことすらできません。
やはり、月日というものが関係したのでしょう。
結果として2人は、ステージという場所で兄弟の絆を確かめます。
兄は弟に好かれたくて必死な姿も愛おしく感じてしまうシーンです。
だからこそ、その後が気になるのですが残念ながらその後については記載がありません。
多分ハッピーエンドなのだと勝手に完結してしまっている自分がいます。
どうせみるなら楽しいハッピーエンドであってほしいと思うのは私だけでしょうか?
悲劇や喜劇様々なジャンルの映画が存在しますが皆さんは何がお好きですか?
個人的には先ほどお伝えしたように、最後はハッピーエンドで終わるストーリーが好きです。
また、このような映画があればお伝えできたらとおもいます。
この映画ですが、兄弟でみていただけたらとおもいます。
大人になってからだと照れ臭いかもしれませんが、やはり再度兄弟の絆を確かめるには良いオススメの映画であることは間違いありません。
ぜひ手に取って映画をお楽しみください。
アベサダオさんは、様々な映画に出演されていますが、彼の個性豊かな表現力は、温かみがあり人気です。
私生活ではお父さんですから、こんなお父さんなのであれば子供たちは幸せであるに決まっています。
映画からもにじみでてくる人柄の良さにも注目していただき、映画を楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました