cocoaコロナウィルス感染防ぐアプリの簡単な使い方!

トレンドニュース

新型コロナウィルス禍はようやく沈静化に向かってはいるものの、今後第二波、第三波の流行が懸念されています。

未だワクチンも特効薬も出来ていない状態で、再度流行した場合、再び経済の停滞や個人の生活を脅かすことになるでしょう。

今回はcocoaコロナウィルス感染防ぐアプリの簡単な使い方!などの情報をお届けしていきます。

新型コロナウィルスを追跡するアプリ

 

安倍晋三首相が5月25日に全国の緊急事態宣言を解除しました。

それに伴って新型コロナウィルスの流行第2波が起こらぬようにと、新型コロナウィルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせる”接触確認アプリ”cocoa”を6月19日により運用を開始しました。

 

 

同アプリは利用者同士の半径1メートル以内、15分以上の接触が匿名でそれぞれのスマートフォンに記録されます。

利用者がアプリで濃厚接触の可能性を確認すると、登録された陽性者との接触の有無が通知され、保険所による健康観察に繋げる仕組みになっています。

 

もちろん、プライバシーに配慮し、名前や住所、位置特定などの個人情報は所得出来ない設計になっています。

ちなみに、大勢の人がこのアプリをインストールして利用しないことにはほとんど意味を成しません。

cocoa動作環境

 

厚生労働省が19日にリリースした接触確認アプリcocoaですが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を目的にPCR検査陽性者と接触した場合に通知される仕組みになっています。

 

では、このcocoaの動作環境はどうなっているのでしょうか。

同アプリの動作環境はiPhone端末ではiOS13.5以上、Android端末ではAndroid6.0以上の端末に対応しています。

各国の動き

 

それでは、こうした追跡アプリを巡って各国はどんな動きを見せているでしょうか。

韓国、シンガポール、オーストラリアなどは日本に先駆けて既に追跡アプリを使用しています。

 

シンガポールでは3月にはアプリ「トレース・トゥギャザー」を導入。

しかし、アプリ稼働スタート1ヶ月でダウンロードは2割と言う少なさで当初考えられた効果を上げていません。

 

オーストラリアの追跡アプリは公衆衛生当局の保健省は4月26日、独自の接触追跡「COVIDSafe」を公開しました。

こちらはシンガポールとは違い、半日で100万ダウンロードを記録し、欧州各国でも採用の動きが加速しています。

 

同ソフトは機能的にはcocoaと同じく、新型コロナウィルスの検査で陽性だったユーザーと15分以上濃厚接触していた場合、通知が送られてくるシステムになっています。

 

中国などでは追跡アプリではなく、健康コードを発行しています。

同アプリをダウンロード、個人情報や移動状況、咳や体温など健康状態を登録することで、自分が新型コロナに感染している可能性を判定します。

 

ユーザーが記入した個人データをもとにQRコードが生成され、グリーンの場合、自由に移動が可能ですが、イエローの場合は1週間、レッドの場合は2週間の自宅待機が求められると言うもの。

 

中国ですので、個人情報の扱いはかなり緩いと言わざるを得ませんね。

cocoaの使い方

 

まずは何はともあれ、アプリをダウンロード、インストールしなければいけません。

 

今なら「おすすめアプリ」となっている可能性があるので、探すのに苦労することはありません。

 

ダウンロード、インストールでアプリが使えるようになります。

アプリを開くと次の様な画面が出てきます。

 

 

この画面では説明を読み、次へ押しましょう。

 

 

プライバシーと利用規約になりますので、シッカリ目を通しておきましょう。

 

 

これはどちらも「有効にする」を押します。

 

 

こちらはまず「有効にする」を選択します。

すると「接触確認アプリは通知を送信します。よろしいですか?」と確認画面が出てきますので「許可」を選択します。

ここまでインストール及び設定に関しては終わりです。

これで、cocoaが使えるようになります。

 

使用方法に関しては、それほど難しいものではありません。

ですが、先述したように多くの人がこのアプリをダウンロード、インストールしていなければ無用の長物と言えます。

 

政府内では人口6割で機能すると言う話もある中で、やはり10割近くいかなければ意味がないと見る向きもあるようです。

 

ただ動作環境なども汎用性が高い訳ではなく、案外敷居が高い印象を受けます。

また、年齢層によってはアプリを探すことさえ出来ない人もいることでしょう。

まとめ

今回はcocoaコロナウィルス感染防ぐアプリの簡単な使い方!などの情報をお届けしました。

日本では何とか収束しそうな気配がある新型コロナウィルス禍ですが、世界規模で見ると減るどころか日々増加の一途を辿っています。

日本でもいつ第二波、第三波が襲ってきても不思議ではありません。

そんな中、新型コロナウィルス感染拡大を防げるアプリcocoaが19日より稼働しました。

世界での新型コロナウィルスの動向も探りつつ、自国の感染防止に目を向けるのは良いことです。

しかし、アプリの稼働率によっては無駄に終わる可能性もないとは言えません。

どの程度の抑止力になるのか期待して注目していきたいところです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました