宮部みゆき著の映画パーフェクトブルー!キャスト・あらすじほかの作品も紹介

未分類

 

「映画パーフェク...」の画像検索結果

 

 

宮部みゆき著の映画パーフェクトブルー!キャスト・あらすじほかの作品も紹介

 

映画【パーフェクトブルー】の作品情報・キャスト

 

加藤ローサ(蓮見加代子)
中村蒼(諸岡進也)
津田寛治(結城雅之)
小市慢太郎(木原和夫)
甲本雅裕(宮本刑事)
藤田朋子(諸岡久子)
升毅(上村大樹)
大杉漣(幸田俊朗)
宅麻伸(蓮見浩一郎)
石黒賢(諸岡三郎)

1998年2月28日に公開された映画です。
映画にとってキャストはもちろん重要です。
今回の映画のキャストは、有名な方ばかりといったキャストではありません。
しかし、みていただきたいのはやはりその演技力!
さすが、プロと思える演技をお楽しみ下さい。
映画の内容についてもお伝えします。

 

映画【パーフェクトブルー】のあらすじとネタバレ

 

未麻は、アイドル活動をしていました。
しかし、人気とは程遠い売れないアイドルです。
3人組のチャムというグループですが、彼女は抜けることにします。
ドラマの出演依頼がきたため、これをきっかけに女優に転身する為でした。
しかし、ドラマでの役柄はいわゆる脇役であり、台詞も少ないのです。
マネージャーは不安を見せますが、彼女にはその不安がありません。

未麻に手紙が届くのですが、開けようとすると爆破するのでした。
不幸中の幸であり、けが人はいません。
ある撮影の日、レイプシーンを撮ると言われ彼女は裸になります。
見ていたマネージャーのルミは、涙を流していましたが、彼女には気付いていません。
帰宅すると彼女が可愛がっていた熱帯魚が亡くなっていることにきづきます。
涙が止まらず、彼女はものに当たります。

彼女のまわりの異変は続くのです。
ドラマの脚本家が殺害されたのです。
未麻は屈することなく、仕事に集中しますがフルヌードの撮影に関わった写真家までもが殺されるのです。
彼女は、チャム時代から熱心な未麻のファンによ。襲われます。
男の手にはナイフがあり、危険を感じた彼女は男より先に襲いかかるのです。
その後ルミに助けられ、自宅に帰宅するのですが死んでいるはずの熱帯魚が生きていました。
ここは自分の家ではないことがわかったものの、気づいた時には遅く、本物の未麻は私と、ルミはいうのです。

 

映画【パーフェクトブルー】の結末

 

 

彼女はストーカー男を雇っていた。
お互いにやりあい、外に逃げ出すと助けを求めるのです。
ルミは精神病でした。
ルミに支えられてきた彼女は、今度は支える番だとルミを支える事を決めるのでした。
精神病になった原因は、自身にあると感じていたのです。
献身的に支える姿で映画は幕を閉じます。

 

映画【パーフェクトブルー】の感想

「映画パーフェク...」の画像検索結果

応援していたマネージャーのルミは、彼女を支えいつか大きな女優になると信じていました。
だからこそ、彼女が売れるためにしてきた仕事内容に納得がいかなかったのかもしれません。
仕事というものは、様々ありますがルミにとってはさせたくない仕事だったのでしょう。
ルミはいつのまにか未麻に対し、仕事だけの感覚ではなくなっていたことがわかります。
最後に精神病になってしまうルミですが、未麻であると言い出すあたりに恐怖を感じてしまいました。
もちろんルミと未麻は全く違う人間ですし、ルミは憧れから理想の未麻と変わってくるとおもいがいっぱいになったのかもしれません。

 

映画【パーフェクトブルー】以外の宮部みゆき著の作品は?

 

実は知らないだけで沢山の映画の原作が宮部みゆきさんがかかれています。
沢山ある中でオススメの作品をご紹介したいと思います。
【ソロモンの偽証】
簡単にあらすじをご紹介すると、サスペンスの作品であり殺人事件がおき、この事件の裁判を学校内でするというものです。
裁判をするのは大人ではなく学生というストーリーです。
他には【模倣犯】
こちらは、中居正広さん主演の作品となっており、連続殺人犯を友のために追うストーリーです。
少しイメージが違うものとして【妖怪大戦争】も楽しめる作品です。
CGで作り上げた妖怪達を是非みていただきたいです。
ご紹介したい作品が沢山あるのですが、この映画も?この映画も?といった意外な作品にも彼女が原作であることが知られています。

数々の映画の原作をされている宮部みゆきさんは、どんな方なのか?ということですが、実は小説家になる前は一般の企業に勤めていたそうで、その後法律事務所の勤務に変わったようです。
小説家を目指していたわけではないということですから、この才能が発揮できるのはすごいですね。
彼女がすごいと言われている理由は、数々の賞を受賞していることです。
これだけでも才能があることがわかりますね!
数々の賞を受賞している彼女の作品、どれもこれも読んでみたいと思ってしまいます。
是非書籍でもお楽しみください。
もしかしたら読んだ作品が映画になるかもしれません。
映画になる前に小説を楽しむのも良いかもしれません。

(まとめ)

どんな作品でも楽しめる宮部みゆきさんの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました