NiziUの落選メンバーはなぜダメだったのか。合否の理由は!

トレンドニュース

NiziUプロジェクトの最終合格者

[NIZI Project Part 2] Baby I'm a star (SHORT Ver.) – OT12 [虹プロ スッキリ] NiziU

 

 

 

 

 

 

韓国人実業家でシンガーソングライターのJYパーク

そして日本のソニーミュージックが合同で開催したオーデション

Niziプロジェクト

 

その最終選考が終了して、合格が決定した9名が

NiziUというグループ名にて

2020年6月30日に、プレデビューしました。

 

デビュー曲は「Make you happy」

爽やかでアップテンポ

颯爽と登場した彼女たちにピッタリの曲調です。

 

同時にオフィシャルサイトが立ち上がったり

メンバーそれぞれのカラーが発表されたり

NiziUを取り巻く環境は大きく動き出しています。

 

SNSなどでは、公式ファンクラブ設立などを望む声も上がるなど

デビュー直後にもかかわらず

異例の盛り上がりです。

 

このNiziUは、そのデビュー前から注目を集めていました。

その理由は、彼女たちがデビューするまでを追う

オーデション番組が影響しています。

 

番組では、オーデションにより

普通の女の子だった彼女たちが、

JYパークのテストで、その内なる可能性を見出されます。

 

様々なトレーニングや審査を経て

彼女たちの内なる可能性は、更に磨かれていき

アイドルとしての資質を養っていきます。

 

しかも、同じように合格した少女たちもいるという環境のなか、

互いに切磋琢磨しあう少女たちは

時に衝突し合いながらも、友情を育みます。

 

最終的にいくつの座席が用意されているのか不明確

そんな中でも、彼女たちは憧れのデビューを目指し

ひたむきに日々、努力を重ね続けました。

 

この少女たちの努力の過程は、

Niziプロジェクトの一環として、

特設チャンネルや番組で放映されたのです。

 

半年近くにわたる努力を重ね、ついに彼女たちが

2020年6月26日、最終選考を受け、

9名の合格者が決まることとなりました。

 

加えて合格者はNiziUとして、

2020年秋に本格デビュー

6月30日先行プレデビューが決まったのです。

 

落選メンバーはこの3人

 

NiziUとしてのデビューが決まったのは、

マコ、リク、リマ、リオ、マヤ、

ミイヒ、マユカ、アヤカ、ニナの9名

 

そして惜しくも落選してしまったのは、

アカリ、リリア、ユナ

の3名と、最終脱落者のモモカです。

 

モモカは、最終選考前に脱落となってしまいました。

彼女は、最終選考前に行われたテストの際に

最下位となり、それが原因で脱落者となってしまったのです。

 

さらに2020年6月26日

韓国で行われた最終選考

ここで、JYパークの評価によって3名が落選となります。

 

ステージの上で、合格者が一人ずつ呼ばれ

合格者である9名が次々と呼ばれ、

そのステージを降りて、JYパークの元へ。

 

同じようにトレーニングしてきたものの、

最終的にアカリ、リリア、ユナは残酷なことにその名を呼ばれず、

落選が決まりました。

 

なぜダメだったのか!合否の理由

3人の落胆ぶりは

番組を見続けていたファンにも

ショックを与えました。

 

それほど彼女たちは皆、努力を続けていたのです。

 

しかし同じように努力を続けていた彼女たち

にもかかわらず落選となった3名

そして、デビューを決めた9名

 

この違いは一体何だったのでしょう。

合格者を決定したJYパーク

彼は、その理由をこのように明かしています。

 

上手にできることも重要

しかし、しくじってはならない。プロは。

 

一定のパフォーマンスを披露できること

そしてどんな舞台でもしくじらないこと

 

重要なことは、プロとして活躍するために

パフォーマンスに起伏があってはならないということ

 

このように語ったJYパーク、合否の原因について彼の説明を紐解くと、

しくじらないことを「披露できる」ということと、

「活躍する」ことがポイントとなったようです。

 

プロの演者として、しくじらないことは当たり前の上で

人様に見せられるもの、つまり披露できるものを

作り上げられるクオリティになっているか

 

そして、ただ披露するというだけでなく

そのクオリティをもって、多くの人の声援を受けられるほどの

活躍をできるか

 

JYパークは、6月26日時点で

自身が望む仕上がりまで到達した少女を選び

デビューを決めたということでしょう。

 

そして惜しくも落選した3名は

JYパークが望むクオリティまでは

今だ到達していなかった、というところではないでしょうか。

 

今後の3人はどうなる

JYパークによって選ばれず

落選したメンバーたち

しかし、番組を見た方もご存じのはず

 

アカリも、リリアも、ユナも

そしてモモカもそうですが

皆、デビューのために必死に努力を続けていました。

 

その努力は、合格した9名にも

決して引けをとるものではありません。

 

アカリは、予選合格直後に難病が見つかり

入院、手術を経るなどの苦労を重ねました。

 

リリアは、トレーニングに熱心で

ストレスから体重変動が大きくなってしまうほど

 

ユナは、JYパークの練習生という身で

同期が次々とデビューするなど、

切羽詰まった中でのトレーニングでした。

 

落選した3人も

それぞれ強い思いをもって

このオーディションに挑んでいたのです。

 

しかし悔しいことに落選してしまった3人

この後、それぞれはどうなるのでしょう。

 

ユナは、JYパークの練習生という身です。

今後もトレーニングを重ねることから、

いつか別グループでのデビューの可能性もあるでしょう。

 

またリリアは、オーディション以前から

いくつかの芸能活動を経験しています。

今後も、別のタイミングから表舞台に登場するかもしれません。

 

アカリは、特定の事務所に所属している

といった情報はありません。

しかしこれまでの努力を見ている業界人からの声がかかる可能性必至です。

 

まとめ

NiziUは、プレデビューの後
日本国内の音楽配信ランキングで
好調な成績を獲得しています。

 

落選してしまったアカリ、リリア、ユナ

今はショックが大きく

NiziUの活躍も、直視できない心持ちかもしれません。

 

しかし、かつてオーディションで

落選した少女たちがグループを結成し、

合格組をしのぐ人気を集めたこともあります。

 

今は悔しさの中にいる落選組の彼女たち

しかし、その悔しさを乗り越え

新たな夢に向かって努力してもらいたいものです。

 

なにより彼女たちは最終選考では落選したものの

予選やその後のテストでは

JYパークを驚かせるほどの成長も見せたのです。

 

自身の中にある可能性は確かにあるはず

あとは、アプローチ次第

番組を見た多くの人は、そう感じているに違いありません。

 

もしかすると

JYパークが、落選組を中心に新たなプロジェクトを計画しているかも

 

そうなると、NiziUはもちろん、

今後も、Niziプロジェクトからは

目が離せないということになるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました