レジ袋有料化ドラッグストアの値段やサイズまとめ!

トレンドニュース

レジ袋有料化は地球のため

 

地球環境のためとして、レジ袋が2020年7月1日から有料化になりました。

とくにプラスチック製のレジ袋が対象です。

これまで無料だったプラスチック製レジ袋は、使用後は無造作に捨ててしまうことも

 

そうして捨てられたレジ袋は、街中や道路上に無造作に放置され、雨風によって河川に流れ込みます。

川は海へとつながり、捨てられたレジ袋は、こうして海に流れ込んでいました。

 

しかも、世界全域の海を調べると、毎年800万トン以上のプラスチックごみが溜まり続けていたのです。

 

ウミガメや海鳥の体内を調べると、プラスチックごみの欠片がみつかるなど、海洋動物にも大きな影響を与えるほどに

 

国内でも、例えば大阪湾に沈んでいるレジ袋を計算してみると、約300万枚以上もあると言われているのです。

 

またこうした不法投棄による環境汚染だけではありません。

プラスチック製品は、その製造や廃棄には二酸化炭素を排出します。

二酸化炭素が増えると、地球温暖化が進行する。

 

日本人は、効率的なことを好む傾向があります。

使い捨て製品は日本人のこうした気質に適していました。

ですから使い捨て製品として用いられたプラスチック製品は、他の主要国に比べて、日本は世界で2番目に算出、排出量共に多いのです。

 

加えてこれまでプラスチックごみの処分を行っていたのは中国でした。

しかし、その中国が2017年にプラスチックごみの輸入を禁止

これを受けて、日本で排出されたプラスチックごみは輸出して処分することができなくなってしまったのです。

 

プラスチック製品は、作るのにも処分するにも地球環境に負担を与えます。

しかも、私たちは当たり前のように無料のレジ袋を投棄し続けてしまいました。

このままでは、地球環境を害するだけになってしまいます。

 

そこで、プラスチックごみを減らすだけでなく、

プラスチックそのものを増やさない

 

そのためには一番利用率が高い家庭から、そして頻度の高いレジ袋から減らしていこうということになり、レジ袋の有料化が決まったのです。

 

レジ袋どうして値段の違いが生まれるの

 

プラスチック製品のレジ袋は、こうして原則有料化となりました。

ただし、プラスチック製品ではないレジ袋は対象外です。

 

例えば、プラスチックのフィルムが50マイクロメートル以上

海洋性分解プラスチックの配合率が100パーセントである

バイオマス素材の配合率が25パーセント以上

 

この製品の場合は、袋にそれを明示していれば、無料で提供できるとされています。

有料化に先駆けて、大手飲食店はバイオマス素材のレジ袋に切り替えています。

ただし、大手飲食店は自力があるからこそ、こうしたサービスへの投資が可能

 

多くの販売店では、こうしたサービスは難しいところ

そのため従来のレジ袋のみとなることから、政令で定められたとおりに、有料化とせざるを得ないのです。

 

ところでこのレジ袋、お店によってもその価格が違います。

例えばコンビニなら、セブンイレブン、ローソンやファミリーマートは3円ですが、ニューデイズは2円、西友は食料品用なら5円、スーパー玉出は3円です。

 

また、レジ袋の大きさの違いによって、価格の差が生じる場合もあるようです。

例えばイトーヨーカドーでは、小さいものは3円、大は5円

100円ショップでは、小さいものは2円、特大サイズになると7円程度となっています。

 

 

レジ袋大手ドラッグストアの金額の違い

 

ではドラッグストアはどうでしょう。

とくにドラッグストアの場合には、化粧品や歯ブラシなど、細々とした製品も多く、購入時に袋がかかせないものです。

 

食料品購入時にはレジ袋を持参するのに、ドラッグストアの場合はうっかり忘れてしまうなんてこともあります。

事前に大手ドラッグストアのレジ袋価格は把握しておくべきでしょう。

 

ディスカウントドラッグコスモスでは、レジ袋の大きさにかかわらず、一律3円としていますが、そのサイズは店舗によって違いが生じるのだとか。

ツルハドラッグでは、小さいものは2円、中サイズで4円、特大のXLサイズでは9円としています。

スギドラッグでは、SSサイズで2円、Sサイズで3円、Lサイズは5円です。

 

ウエルシアホールディングスは中サイズ2円、特大サイズを5円とし、ココカラファインでは

中サイズ3円、大サイズを5円、特大サイズを10円で販売しているなど、店舗によって金額は違うようです。

 

レジ袋サイズは地域によって違う

 

有料化となったレジ袋ですが、小、中、大、特大と、サイズの違いでその価格にも違いが生じるため、注意が必要です。

さらに、もう一つ大切なことが

レジ袋のサイズは、関東と関西で違いがあるのです。

 

かつて関東地方では、クラフト紙で作った角袋が主流でした。

それが伸び縮みしやすく、持ち手もあるポリエチレン製袋に変わったのですが、その際に袋の規格はクラフト紙のサイズが反映されたのです。

 

関西では、クラフト紙製角袋は存在せず、ポリエチレン製袋が導入

そのため最初からポリエチレン製袋の規格が用いられました。

 

具体的には、小サイズとも言われるSサイズについて、関東では12号といわれますが、関西では30号と称されるのです。

さらにSSサイズとなると、関東では8号ですが、関西では25号

Mサイズは関東で20号、関西は35号、

Lサイズの袋は関東では30号ですが、関西では40号

ただしLLサイズは、関東も関西もなぜか45号と同一です。

そして一番大きな規格3Lサイズの場合、関東では60号、関西では50号となります。

 

ただ、ここで上げたのは、類似するサイズというものです。

正確に測ると関東の12号と関西の30号では、若干大きさに違いが生じる場合があります。

 

またレジ袋のメーカーの違いによっても少々の誤差が生じるようです。

 

レジ袋まとめ

 

レジ袋有料化により、多くの店舗ではエコバッグの持参を推奨しています。

もちろんコストの面での理由もあります。

しかし、それだけではありません。

 

そもそもレジ袋が有料化になった理由、

それは、地球環境の保全のためです。

とくにプラスチック製品の製造と廃棄量が世界と比較しても多い日本

これからの環境保全を考えれば、大切なこと

 

なにより1枚の値段は3円から5円と安く見えるレジ袋

ですが、塵も積もれば山となる

年間で考えればかなりの金額になってしまいます。

 

私たちも自分たちの子孫のためにも、地球環境に配慮して

レジ袋は、忘れてしまったときやどうしても必要な時に限定し、

なるべくエコバッグを持参するよう心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました