smap再結成の可能性が浮上か!キムタクは参加するのか!

トレンドニュース

smapは時代の流れを受け飛躍した

smapといえば、平成を代表するといっても過言ではないトップアイドル

中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾

この5人に加え、結成当初は森且行の6人で活動していました。

 

smapは、ジャニーズJrから選抜された6人で1988年にデビューしています。

しかし、デビュー当時は鳴かず飛ばずの存在でした。

爆発的な人気とまではいかなかったのです。

 

彼らが、その後大きな飛躍をするに至るのには

時代の流れの変化

これが大きな影響を与えています。

 

おりしも彼らがデビューした1990年前後というのは

テレビ業界が大きく変化した時代

登場するタレント達も、その波に乗らざるを得ない状況下にあったのです。

 

それまで人気を博したアイドルというのはいわば「作られたアイドル」

所属事務所が、路線を決定し、決められた形を守る

たとえ、それが自分らしさとは違っても、路線を優先するというものでした。

 

しかしテレビ業界が変化し、作られたものからの離脱が余儀なくされます。

世の中がリアルを求め、作られたアイドルより、

天然素材の、素の良さを求め始めたのです。

 

それまでのジャニーズ事務所所属アイドルも

いわば「演出されたアイドル達」でした。

smapも彼らと同様に演出されたアイドルとしてデビューしています。

 

しかし多くの先輩アイドルはデビュー曲でオリコン1位を獲れるのに

smapは獲れず。

加えて、その後発売する曲もどんどん順位が下降していきます。

 

そんな状況下を打開すべく、当時、人気急上昇中だったお笑い芸人をヒントに、

笑いもとれるアイドル路線「バラエティーアイドル」

を目指すべく、smapは路線変更します。

 

番組で身体を張り、お笑い芸人さながらに喜劇を演じ、

型にはめられた従来のスターを超えた新たな形のアイドル

そして、このチャレンジが功を奏します。

 

加えて当時、若者世代を中心に注目され始めた「渋谷系」を取り入れ

バラエティーだけでなく、発表曲でも注目されるようになりました。

こうしてsmapは、時代の流れにのって一気に飛躍したのです。

smap解散はデビュー時の路線変更が影響?

こうして注目され、その後国民的アイドルに成長したsmap

省みると、デビュー後の路線変更が大きなターニングポイントでした。

そもそもジャニーズ事務所としては路線変更は考えていなかったようです。

 

それを進言したのが、当時事務所に所属していた女性社員

この女性が後に敏腕マネージャーとなり、

smap解散のきっかけとなった人とも言われています。

 

彼女は、時代の流れを感じ、従来のアイドルでは

時代から取り残されることを進言

当時、難色を示していた社長も、彼女の熱意に動かされsmapの路線変更を許したとか

 

smapのデビュー後の路線変更がなければ、その他大勢のアイドル同様

彼らも、その後名もなきタレントの1人となっていたかもしれない

それを考えると、その女性には強い恩義を感じているでしょう。

 

2016年、smapが解散することとなります。

この直前、件の女性はジャニーズ事務所を退所しています。

独立して事務所を構えるのです。

 

これがsmap解散の直接的原因になったと言われています。

smap再結成の噂が浮上

smapは2016年に解散しています。

しかもセレモニーもなし、記念CDもなし、解散コンサートもなし

国民的トップアイドルにもかかわらず、異例ずくめの解散でした。

 

様々な憶測が飛び交いました。

とくにグループ内での不仲説、ジャニーズ事務所との確執

そんな事情が影響してか、smapの解散発表は自分たちの番組でのみとなったのです。

 

解散後、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は独立。

件の女性が設立した個人事務所に所属し、タレントとして再出発

新しい地図という名のユニットを組んで、曲も発表しました。

 

メンバーがバラバラになってしまったsmap

ジャニーズ事務所との確執は決定的で

もう再結成などあり得ないかのよう

 

そんなsmapに、なんと再結成の可能性が浮上しました。

理由は、今年になって発表された

中居正広の独立です。

 

2020年4月、ジャニーズ事務所を退所し

「のんびりなかい」を設立することを発表しました。

 

加えて同年、ジャニーズ事務所のタレントへの干渉に関して

公正取引委員会が異議を唱えたことも影響しています。

 

解散後、独立した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の仕事に

ジャニーズ事務所側が、何らかの干渉をしていた

ということのようです。

ジャニーズ事務所に残ったキムタクはどうなる

ジャニーズ事務所では、これまで所属していたタレントが

次々と独立を発表するなど

ここのところ、穏やかではいられない状況下にあります。

 

そもそも、ジャニーズ事務所を設立した喜多川氏

彼は大変な人格者でした。

その彼の人望もあって、タレントはジャニーズ事務所に所属していたと言います。

 

喜多川が逝去され、求心力を失った首脳陣

そのピンチを救うべく、若手に人気がある滝沢秀明を副社長に就任させたものの

事務所から離脱を望む声を減らすことができないようです。

 

今、smapのメンバーで、

そのジャニーズ事務所に残っているのは

木村拓哉ただ一人です。

 

木村拓哉は、大変義理堅い性格で、

自身が現在の状況にあるのは、事務所のおかげと考えています。

そのため、喜多川が亡くなった後も、とどまり続けているのだとか。

 

解散後、独立した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾

彼らのタレントへの活動に干渉をしていたジャニーズ事務所

つまり、彼らの活動を遮りたい思惑が感じられます。

 

木村拓哉が、そんなジャニーズ事務所にいる限り

smapの結成は難しい

そんな風にも見えてきます。

 

このまま木村拓哉がジャニーズ事務所に留まる限り

smapの再結成の可能性は無い

実は、そうでもないのです。

smap再結成は今が絶好の機会

かつてのメンバーのタレント活動に干渉していたジャニーズ事務所

そうみると、今後のsmapの再結成は難しそう

そんな風に見えてくるでしょう。

 

しかし実は、smapの再結成は

今が絶好の機会

そう捕えている目もあるのです。

 

ジャニーズ事務所では、退所の意向を示すタレントが増えています。

加えて公正取引委員会からの異議

世間からは、ジャニーズ事務所を非難する声も上がっています。

 

そのためジャニーズ事務所側としても、

事務所にクリーンなイメージを定着させるために

今後の取り組み方を検討しなければならない状況にあるのです。

 

今までと違う、新しい取り組み

それも、注目を集めるような事柄

 

独立したタレントと、今一度、手を組み

smapの再結成をさせる

これは、ジャニーズ事務所としても、今が絶好の機会なのです。

まとめ

smapの再結成は、現在が絶好の機会

にもかかわらず、関連するニュースはない

そう不安視する方も多いでしょう。

 

実は、2020年開催予定であった東京オリンピック、パラリンピック

こちらで、再結成されるという噂がありました。

 

しかしコロナウイルス感染症影響でオリンピックは

2021年へ延期されたため、再結成も延期

になっているようです。

 

ただし、延期なのですから、

2021年には、その可能性が高まるかもしれません。

 

無事オリンピック、パラリンピックが開催された暁には

smap5人がそろった姿を見ることが出来るかもしれない

ファンじゃなくても、楽しみにして待ちたいところです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました