ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】のあらすじ・感想・タイトルの意味は!

ヒューマンドラマ映画

まるでミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】のあらすじ・感想・タイトルの意味は?

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】の作品情報・キャスト

「映画アイル・ビ...」の画像検索結果

シャルロット・チャーチ(オリビア・エドモンズ=カー)
クレイグ・ファーガソン(ポール・カー)
ジェマ・レッドグレーヴ(レベッカ・エドモンズ)

今回は2003年に放映された、映画初主演そして歌手として初めての活動をするシャルロットが主演です。
彼女の溢れ出す歌唱力は隠れる事がありません。
映画一つでまるでミュージカル映画を見ているかのような感覚になります。
注目していただきたいのは、歌唱力のみならずその演技力です。
彼女がキャストとして主演を手にした意味がわかります。
そんな彼女の主演映画のあらすじとネタバレをしていきますね。

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】あらすじとネタバレ

 

オリビア・エドモンズは、年頃の16歳です。
母親と二人暮らしのレベッカには、父親がおらず祖父が父親がわりとなっています。
そんな70歳を超えてる祖父ですが、今でも音楽感動を楽しんでます。
母親は、そんな祖父の姿を良い印象はありません。

一方でオリビアも音楽が大好きです。
しかし、母親には秘密にしていました。
ある日の事です、実の父親の正体が分かります。
実の父親は、有名ロック歌手であるポールだったのです。
母親と出会った時は、ポールは無名の歌手でした。
黙り続けているつもりでいた母親ですが、自殺未遂をしたポールが入院したことを知ったからです。
実際には自殺未遂という報道はデマで、酔ったことで自殺しようとしているように見え、怪我をしただけでした。
怪我もたいしたことはなく、大事をとっての入院でした。
意を決して父親に会いにいくことを決めます。
ポールは、レベッカの事を覚えていました。
レベッカはポールに娘の存在を伝えます。
妊娠すら知らなかったポールはびっくりしますが、ポールは微笑みます。

ポールは、レベッカやオリビアのために正しく生活をしようと考えます。
そしてオリビアを訪ね、家に向かいました。
オリビアはいますが、レベッカは仕事でいません。
勝手に娘とすごしていることを知ったレベッカは苛立ちが隠せません。
何故なら妊娠している事を告げようと手紙を書いても、まともな返事を返ってくることはなく、プロマイド写真ばかりだったからです。
しかし、ポールは身に覚えがないと伝えます。
実は事務所が勝手にファンレターと勘違いし、中身を確認せずにプロマイド写真を送っていたのです。

そんな中、ポールが作った楽曲を見つけ歌うオリビア、そんな様子をポールはみてCDに彼女の歌声を録音していきます。
オリビアの才能にほれたポール、彼女は音楽の道に進むべきと伝えるのです。
しかし、レベッカを説得しなければオリビアは、音楽の道に進むことはできません。
そこで祖父に頼み説得してもらうことにします。

ある日、ポールのマネージャーが彼を訪ねた時にオリビアのCDを持って帰ってしまいます。
ポールは、オリビアのために音楽の道に進ませてほしいとレベッカを説得しますがうまくいきません。
勝手にレベッカのCDを持ち帰ったマネージャーからオリビアに電話がかかります。
そして、帰宅したレベッカがみたのはオリビアの書き置きしたメモでした。
ポールのもとにいったのではないか?と考えたレベッカでしたが、ポールのもとにもオリビアはいません。

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】の結末

 

彼女は、音楽の勉強がしたいと試験会場にいたのです。
彼女が歌い出すと、皆が彼女の歌に聞き惚れます。
沢山の拍手が送られます。
歌い終わり、オリビアはレベッカに歌声について感想を聞きます。
最高に素晴らしかった
母は、オリビアをみて微笑みます。
誤解がとけた、父と母は幸せな日々をおくります。
皆が幸せとなり、映画は終わります。

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】の感想

 

まるで主演シャルロットのライブを聴いている感覚におちいるこちらの作品ですが、なんといっても聞き惚れる歌声には注目をしてしまいます。
映画初出演とは思えない堂々とした歌声に圧倒されてしまいます。
今回の映画のメインは、やはり音楽です。
沢山のジャンルが飛び交う音楽は、みている側を楽しませてくれます。
彼女のファンなら絶対に見てほしい映画です。

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】のタイトルの意味は?

 

 

実はこのタイトルで売り出している曲名は多いのをご存知でしょうか?
あのマライヤキャリーや、日本の嵐もミュージカルという曲を出しています。
今回は映画のタイトルに起用された【アイル・ビー・ゼア】ですが、どのような意味なのかご存知でしょうか?
ここ、存在すると言った意味があるようでこの場合は、そこに行くよといった直訳になりそうです。
オリビアがゴールに向かうという意味合いからつけられたのかもしれません。
英語の意味を調べると映画の内容にも見方が変わってきますね。

 

ミュージカル映画【アイル・ビー・ゼア】(まとめ)

 

音楽が大好きな方にはぜひ見てほしい内容となっています。
沢山の音楽を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました