レジ袋有料化,大手百貨店の値段や問題点などまとめ!

トレンドニュース

どうしてレジ袋は有料化になったのか

2020年7月1日、画期的な取組みが始まりました。

それは、レジ袋有料化

それまで、無料で提供されてきたレジ袋が有料となったのです。

 

これまで私たちはとても便利な環境で生活していました。

コンビニ、ドラッグストア、スーパー

買い物した商品を積めるレジ袋を無料で提供されてきました

 

しかしこうした無料のレジ袋

無料であるからこその問題点が生じ、

それがレジ袋有料化につながる背景に影響を及ぼしました。

 

無料だから、価値がない

レジ袋を使用した人が無造作に捨てるようになったのです。

もちろんすべての人ではありません。

 

しかし捨てられたレジ袋は膨大な数となりました。

これは日本だけの問題ではありません。

海外でも、レジ袋と同様の素材のペットボトルなどを投棄する問題が発生

 

しかもこうした無造作に捨てられたプラスチックごみは

雨などで、河川から海に流れ込みました。

海洋生物も海鳥も、プラスチックごみの危険性を知りません。

 

彼らがこのゴミを飲み込んだり

ゴミが絡まった漂流物に巻き込まれ

被害を受けることが増えるようになったのです。

 

地球は人間だけのものではありません。

しかし、意図せず投棄されたこれらのゴミが

地球に及ぼす影響が大きくなっています。

 

こうした背景を受け、

またレジ袋を作ったり処分する機能の問題などから

国が動き、レジ袋有料化が実施されることとなりました。

 

レジ袋だけでなく紙袋も百貨店では有料化

レジ袋の有料化は、コンビニ、スーパーマーケットだけでなく

大手百貨店でも実施されました。

 

百貨店と言えば、レジ袋だけでなく

その企業のロゴが入った紙袋が印象的です。

この紙袋も有料化としています。

 

紙袋は、レジ袋と違って紙製なのに

どうして有料化なの?

疑問に思う方もおられたでしょう。

 

大手百貨店を含む、国内の百貨店は

日本百貨店協会に加盟しています。

この協会が、今回、紙製も有料化を決めました。

 

というのも、国がレジ袋を有料化としたのには

ご紹介したような地球環境問題を含め

ゴミになりやすいものが増え過ぎている現状への警鐘でもあるのです。

 

無料であると、私たちは価値を感じません。

大切にするという意識が芽生えづらい

そのため、何気なく投棄してしまう

 

路上へのポイ捨てだけでなく

国内全体のゴミの増加率にも影響する話です。

 

日本百貨店協会では、包装材をなるべく減らす

スマートラッピングキャンペーン

を打ち出し、ごみの排出量を減らす試みをしているのです。

 

大手百貨店なども、協会に賛同し

そのため、従来無料で提供していた紙袋を

有料化とすることとしたのです。

 

大手百貨店での有料袋はいくら?

大手百貨店の有料袋は、どのくらいの価格なのか

ざっと百貨店別に調べてみました。

 

まず西部やそごうデパートでは、

レジ袋有料化と同日の7月1日より

全売り場で紙袋を1枚10円としています。

 

またお酒用の袋は50円

さらに特選紙袋に関しては100円

こちらはいずれも税別です。

 

さらに東武百貨店ですが、

こちらは重量用の手提げ袋を3月7日より有料化としていましたが、

それ以外の紙製袋は1枚5円、特選袋は10円としています。

 

三越グループや伊勢丹グループでは

食品用レジ袋やプラスチック袋を廃止して

食品用の紙袋を販売しています。

 

食品フロアで使えるこれらの紙袋

大を50円、小を30円で税別

7月1日から発売しています。

 

ちなみに三越、伊勢丹では

食品フロア以外の売り場での紙袋に関しては

無料での提供を続けています。

 

東急百貨店も7月から

食品フロアにおいて提供する

紙製手提げ袋を有料化しており、価格は1枚10円

 

 

大丸、松坂屋もこれまで無料提供していた

プラスチック製レジ袋と紙袋を有料化とし、

Mサイズを15円、Lサイズは20円で販売しています。

 

レジ袋有料化に伴って生じる問題点とは

レジ袋有料化は、地球環境には良い取り組みです。

しかし、日々買い物する主婦には

なかなか大変なことも多いよう

 

2020年7月1日から始まった

レジ袋有料化によって

これまでに、いくつかの問題点が生じている様子なのです。

 

例えば、有料化によって

持ち歩くようになったエコバック

大きな買い物をしてしまうと容量が足りなくなる問題

 

エコバッグの持参を忘れた買い物客が

生産前の商品を持ったまま

店舗を出てしまったという問題

 

また食品を購入した際、

食品からの液だれによって

エコバッグが汚れてしまう問題

 

こうした問題によって

いくつかのトラブルも起きているとのことで、

まだまだ課題の多い取り組みとなっているようです。

 

エコバックだけじゃない!風呂敷も見直して

レジ袋有料化に伴い、エコバックへの注目が集まっていますが、

日本百貨店協会では、エコバックだけでなく

日本古来の包装具である風呂敷への注目を促しています。

 

エコバックは持ち手がついていて、

一見、便利そうですが。

 

袋状になっていて洗濯しづらい、

バッグの中でかさばる

などの問題点があります。

 

一方、風呂敷ですが布製で簡単なつくりであるため、

洗濯がしやすく、

たたんで収納すればコンパクトであるという利点があるのです。

 

加えて風呂敷は、包み方如何で様々なものを包装することが可能なうえ

オシャレな包み方もできるなど

無限の可能性をもっているのです。

 

日本百貨店協会でも、スマートラッピングキャンペーンでは

風呂敷の活用を提案するなど

日本古来の包装具の魅力を紹介しています。

 

まとめ

レジ袋有料化によって、

液だれしやすい食品の持ち運びに

苦慮している人も増えたことでしょう。

 

実際、エコバック内で液だれすることに関して

これまでも様々、

問題が生じています。

 

問題を解決するには

やはり耐水性というのが

大きなポイントとなるのでしょう

 

日本百貨店協会などが進める風呂敷ですが

ビニール製のものなど、

耐水性に優れた風呂敷も多く出ているところ

 

こうしたものを活用することで

液だれ問題の解消にも

繋げることはできましょう。

 

何事も不自由なことが生じれば

それを解決するために知恵が必要です。

 

有料化したレジ袋はいざというときに

そうでないときは、

なるべくお手持ちのものを使うように心がけましょう。

 

地球環境を守るだけでなく、

日々の効率化を守るためにも、

古来の文化を取り入れつつ、知恵を使ってみるのが良いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました