大阪市コロナ給付金電話が繋がらないの対応方法は!

トレンドニュース

大阪市コロナ給付金電話つながらず

コロナ給付金、全国で給付が始まっています。

しかし、問題も多々出始めています。

 

特に大阪市では、そもそも

コロナ給付金の申請電話

これ自体がつながらないという問題が

 

申請すらできなければ

給付金を受けることもできません

大きな問題です。

 

しかし、なぜこうした問題が生じているのか

その対応策はないのか

こちらについて調べてみました。

コロナ給付金、電話繋がらない人は多いのか

実は、大阪市内では

コロナ給付金の申請ダイヤルに電話をしてもつながらない

こうした悲鳴を上げている方が6月からいました。

 

6月10日からは申請の進捗状況がわかる

そんな話もありましたが

個別の進捗状況は分からず仕舞い

 

電話で申請を希望した方の

半数以上が、そもそも申請ダイヤルがつながらない

といった悲鳴を上げていました。

 

例えば2020年6月初旬

SNSなどでは、大阪市内の申請ダイヤルがつながらないことでの

不満に関するコメントが多数

 

さらには他の連絡先を調べるコメント

など、給付金に関する情報が

錯綜する状態が続いたのです。

 

コロナ給付金を求めて

申請ダイヤルに連絡したという方で

窓口に連絡が付いたという人の方が少ない程

コロナ給付金どうしてつながらない?行政の手際は

あまりにも繋がらない上に

行政の窓口に直接出向いても

約2時間以上待たされる

 

そんな長蛇の列状態で

更なる感染に不安視した

高齢者も多かったようです。

 

コロナ給付金を受けるために

コロナに感染しては意味がない

諦めたという声も多かったのです。

 

行政対応は問題なかったのでしょうか。

そんな声もあがっています。

 

窓口増設を何故検討しないのか

そんな声もありました。

 

実は、行政では窓口以外の業務も多岐に渡り

増設するための人員も確保できない状況にありました。

 

国は、コロナ感染者や

PCR検査場の確立を各都道府県に指示していました。

都道府県は、各自治体にこれを指示します。

 

指示する上級官公庁と違い

行政では決まった人員で

この全てを行わざるをえません。

 

つまり、既存の人員で

さらに仕事量が増える

という事態が起きていました。

 

国は国民に安心感を与えるために

コロナ給付金の申請を発表しました。

しかし、その実務員である行政の対応力は考えていません。

 

行政の職員たちは、コロナ感染者の数の把握

またPCR検査に関連する情報収集

などでてんてこ舞いでした

 

そこに更なるコロナ給付金の申請

これもを行政の窓口に新設しました。

限りある人数の環境下に

 

コロナ給付金の申請を求めに

行政窓口に訪れた方は

役所内でパソコンとにらめっこする職員を多く見たことでしょう。

 

彼らは決してコロナ給付金の申請

これをないがしろにしていたわけではありません。

 

それよりも、優先することを

強要されている業務があったのです。

 

生活に困った多くの市民が願い出るコロナ給付金の申請

それよりも重要で優先されること

それは国への報告だったのです。

 

コロナ給付金繋がらない時の対応方法

行政の対応力がともかく

コロナ給付金の申請

これがまかり通らない

 

そんな悲鳴は連日聞こえます。

SNSなどでも、申請ダイヤルがいまだ繋がらない

そんな愚痴も多く挙げられています。

 

ではコロナ給付金の申請

この対応ダイヤルがつながらない

そんな時には、待つしかないのでしょうか。

 

コロナ給付金の申請

これは、申請ダイヤルだけでなく

オンラインでも受け付けています。

 

こちらでの申請では

大阪市内でも給付を受けたという方も

増えてきているのが現状です。

 

インターネットが使える環境にいる

そんな方は、申請ダイヤルではなく

オンライン申請を使用する方が良いようです。

 

コロナ給付金オンラインでの申請方法

オンラインといってもパソコンを持っていない

そういった方も安心です

申請はスマートフォンでも申請可能です。

 

オンライン申請の詳細は

総務省の特別定額給付金

こちらのページがオススメです。

 

オンライン申請に必要なものは

世帯主のマイナンバーカード

そして給付を受ける銀行口座です。

 

お住いの市区町村の行政に関する

オンライン申請の対応状況も

総務省のホームページで紹介されています。

 

申請手続きも、比較的

オンラインに不慣れな方でも

行いやすいようシンプルです

 

申請ダイヤルがつながりづらい

そんなストレスを感じている方は

オンライン申請を検討してみると良いでしょう。

コロナ給付金申請後どの位で給付を受けられるのか

では、無事申請ダイヤルがつながった

またはオンライン申請を行った

そんな方の次なる疑問

 

申請した後は、一体どの位待てば

給付金は振り込まれるのか

 

コロナウイルス感染症の影響で

失業したという方

また休業を余儀なくされている方には大きな問題でしょう。

 

実は、この給付までの期間

市区町村によって、大きく異なるようです。

 

東北地方や北海道などでは

6月中に申請、給付が進んだ地域が多くあったのですが

都内や関西地方では、申請すら遅れているのです。

 

とくに大阪市では、

申請までの手続きにロスタイムが多く

給付までは1か月以上かかるという例も

 

6月7月に申請した方が

ようやく8月に給付されたという例もあります。

 

現在、コロナウイルス感染症の

第2波が訪れている大阪市

給付の申請ダイヤルも混雑しているとのこと

 

このままでいくと

8月の申請も10月の給付の恐れも

 

ただし、オンライン申請の場合には

同月に支給されたという例もあります。

 

こうしたことを見ても

お急ぎの方は、オンライン申請が良いでしょう。

コロナ給付金まとめ

コロナウイルス感染症

特効薬が見つかっていない現状ですが

更なる感染者が増加している中にあります。

 

世界を見ても、日本国内以上に

感染者が増加し、

世界規模で問題は解決していません。

 

日本政府が打ち出したコロナ給付金

しかし、手続きの甘さから

今なお受け取っていない国民も多くいます。

 

窓口の増員など行政の手際に目が行きがちですが

行政も初めてのこと

手間取ることは致し方ない状況でもあります。

 

ここは冷静に対応することをオススメします。

不都合が生じやすい窓口よりも

スムーズなオンライン申請を選びましょう

 

オンライン申請に不慣れな方も

コロナウイルス感染症から生じた

新スタイルだと、着眼点を変えてみてはいかがでしょう。

 

なにより、ウイルスとの闘いで

日々ストレスが溜まっているところでしょうから

申請だけでもストレスのない環境を選ぶのがオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました