コロナ後生き残る会社の対策は? 新しいビジネスチャンスに切り替わる!

トレンドニュース

新型コロナウィルス禍が襲ってから早くも半年近く経ちました。

一時は収まる気配を見せたものの、現状は第2波に見舞われている状況にあります。

今回はコロナ後生き残る会社の対策は? 新しいビジネスチャンスに切り替わる!等の情報をお届けしていきます。

コロナが社会に与えた影響とは?

 

新型コロナウィルス禍となり、早くも半年経過しましたが、現在は第2波が来ています。

第1波の際に、「緊急事態宣言」が出され、ようやく収束に向かっていたところでした。

 

第2波は、第1波を大きく超える感染者が出てきていますが、政府は一切何もしない状況が続いています。

企業には「持続給付金」が出ているものの、そのスピードは遅く、ハードルも高くなっています。

個人経営やフリーランスなどは軒並み廃業するしかない状況になっているのです。

 

中小企業にしても給付金が焼石に水と言った金額で、とても維持していけないと言う企業が多くなっており、倒産も増えてきている状況です。

この不況はリーマンショックを大きく上回っていると言われており、日経平均株価も1年ぶりに2万円割れしています。

 

旅行業界、飲食店、サービス業、イベント業などにも大きな影響をもたらしています。

政府が第2波の流行に関して、全く無策で各自治体へ丸投げしてしまっているので、この状況が簡単に収まることはまずあり得ないでしょう。

 

しかし、そんなコロナ不況の中でも強い商売があり、倒産どころかビジネスチャンスにしているところもあります。

新型コロナウィルスの中でも強い商売とは?

フードデリバリー

 

自粛の中にあっても食事はしなければなりません。

しかし、外食も危険、買い物も危険となれば、自然とフードデリバリーに手が伸びるのは当然のことです。

 

最近では店舗で配達要員を調達しなくても、UberEatsなど配達だけを下請けする会社が出てきました。

 

こうした傾向は店舗の配達エリアを拡大し、店側も配達下請け側もこの不況にあって業績が伸びています。

今後の新型コロナウィルス禍も鑑みてフードデリバリー加盟する飲食店も増えており、またフードデリバリー業界に参入しようと言う配送会社なども増加しているようです。

 

新型コロナウィルスだけではなく、今冬はインフルエンザの流行も考えられており、フードデリバリーの需要は決して減らないと言えます。

新型コロナでゲーム業界

 

今や、大人も子供もゲームをする時代です。

しかも、最近では「オンラインゲーム」が主流となってきており、「密」にならずともコミュニケーションが図れます。

 

特に自粛や休みなどになっても、外で遊んだり、友達と遊ぶことが出来ない子供たちにとってゲームは救世主のような存在でしょう。

自粛し、家に居ながらにして友達とも結ばれる、非常に便利なツールと言えます。

 

この波に乗ってゲーム業界は赤字知らずの状況です。

また、今後多くの「オンラインゲーム」を発信していくようですので、今後新型コロナウィルス禍にあっても安泰な業界の1つといえるでしょう。

新型コロナでパソコン業界とアプリ業界

 

現在、新型コロナウィルス禍で、テレワークと言うスタイルで仕事をする人が増えてきています。

企業側もそれを推奨しているため、自宅にその環境を作らなければなりません。

 

そのためには通信環境と通信に充分なパソコン、そして最近流行りの会議システムアプリが必要になってきます。

こうした状況になってからは、パソコンやその周辺機器の売れ行きが好調です。

 

また、新型コロナウィルス禍によってテレワークが始まると、ビデオ会議システムである「Zoom」アプリのダウンロード数が異常に伸びており、株価も急上昇しているようです。

 

更に、日本のシステム会社も参入してきており、今後益々増えてくると見られます。

 

PC業界も安くハイスペックなパソコンが次々打ち出されてくることが予想出来ます。

新型コロナで医薬品関連

 

当然と言えば、当然ですが薬品関連の事業はこの新型コロナウィルス禍にあって最も成長している産業と言って良いでしょう。

大型薬局だけではなく、個人商店や訪問販売まで広く儲けています。

 

製薬会社などは、今後新型コロナウィルス関連の特効薬やワクチンを開発すれば世界的規模で発展することが出来ます。

それ以外にも、マスクやうがい薬などがあっという間に売れてしまったように、今後同様に少しでも効果があると噂になれば、既存のものでもどんどん売れていくでしょう。

 

この流れで、大型ドラッグストアが次々とオープンしているのが良い証拠ですね。

新型コロナまとめ

今回はコロナ後生き残る会社の対策は? 新しいビジネスチャンスに切り替わる!等の情報をお届けしていきます。

新型コロナウィルス禍で、個人経営、フリーランス、中小企業が煽りをくらい、倒産に追い込まれていますが、一方でこの機会がビジネスチャンスになっている企業や職種があります。

今後も新型コロナウィルス禍は収まる気配を見せていませんので、こうした産業に参入してくる企業が増加してくると考えられそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました