コロナ後どんな仕事が必要で働き方はどう変わるのかまとめ!

トレンドニュース

コロナ後どんな仕事が必要になる?働き方はどう変わる?生き残るにはどうする?

 

新型コロナウィルス感染拡大の影響によって、個々の働き方が問われる現在。

 

今、様々な業種が岐路に立たされています。

 

そこで、今回は新型コロナ後の世の中に目を向け、「その時に必要となる仕事や変化」を調査。

 

今後、私たちはどう働き、どう変わっていけばいいのでしょうか。

 

個人個人が今後選ぶべき「仕事」について迫ります。

 

 

 

コロナウィルス職種の選択から働き方の選択へ

 

 

新型コロナウィルス感染拡大によって私たちを取り巻く環境が様変わりする中、自分の生き残りに不安を感じている方も多いでしょう。

 

新しい生活様式の定着が求められる中、個人としてどのように生き残っていけばいいのでしょうか。

 

View this post on Instagram

アフターコロナ時代に生き残るには、ファイナンシャルIQよりデジタルIQを成長させましょう!今更遅いかもしれないけど、@wonderkebab もデジタル世界に足を踏み入れます。10年後なりたい自分のためにうまくなくても挑戦と成長そして勉強を続けていきたいと思います。 #スマホ副業 #新しい働き方 #働き方改革 #アフェリエイト #グーグル #グーグルビジネス #ビジネス #ネットビジネス #お仕事 #sns #youtube #youtober #本 #本オススメ #本読む女 #本好きな人と繋がりたい #本好き #コロナ以降 #アフターコロナ #楽しく生きる #楽しい時間 #starbucks #スターバックス #渋谷

A post shared by ワットアイワント (@whatiwant.jp) on

 

新型コロナウィルスの影響により新たな働き方として「テレワーク」が誕生しました。

 

定着化が望まれるテレワークではありますが、そう簡単にテレワーク化できない現場があるというのも現状。

 

このような状況は、企業側にとっては非常に頭の痛いところではあるでしょう。

 

ただ、個人という観点からすれば、やはりテレワークはとても魅力的な働き方のよう。

 

それもそのはず、テレワークには、

 

・通勤にかかる時間の省略

・人の目を気にせずいられる

・煩わしい人間関係から逃れられる

 

など、ストレスフリーな環境が揃っているのですから、魅力的に感じるのも当たり前なのかもしれませんね。

 

ただ、このストレスフリーな環境下での自己管理が難しいと感じる人もいるといいます。

 

さて、その場合はこの問題点をどう解決すればいいのでしょうか。

 

 

コロナウィルステレワーク下での自己管理

 

 

せっかく、テレワークに移行しても自己管理がうまくできないことには、仕事の効率化につなげることができません。

 

では、どのようにすればいいのでしょうか。

 

 

ちょっとした自己管理のコツをご紹介します。

 

<自己管理のコツ>

 

コツ1、メリハリ

生活にメリハリをつけましょう。

通勤する必要がないとはいっても、仕事は仕事。

起床時間から仕事開始→仕事終了までの時間を予め決めておくことをおススメします。

そして、大事なのは着替え。

一日中パジャマのままでは気持ちも上がりません。

スーツを着る必要はありませんが、それなりに着替えておくと生活にメリハリが生まれます。

 

コツ2、ツールの活用

カレンダーツールなど、使えるツールを積極的に使うと自己管理がしやすくなります。

頭の中だけではうまく処理できない案件も、ツールの活用で、うまく進められることもありますよ。

 

コツ3、目標と具体的な指標

OKRという言葉をご存知でしょうか。

OKRとは、「Objective and Key Results(目標と目標達成のための具体的な指標)のこと。

一見、壮大すぎて手の届かないような計画も、その目標達成ために具体的な指標を立てることで、その実現化に近づくのだそうです。

目標もなくただダラダラと仕事を続けているだけでは、何も生まれません。

まずは、「何を成し遂げたいのか」大まかでもいいので目標を。

そこから始めることで結果に繋げられることもあります。

 

コツ4、オンライン上でのコミュニケーション

煩わしい人間関係も、全くないとなれば、これまたモチベーションの低下につながります。

オンラインミーティングでの仕事の話も重要ですが、雑談等も仕事効率化の重要な要素の一つ。

上記、ツールの活用で時間等をうまく使い、オンライン飲み会や朝食会などを取り入れていってみてはいかがでしょうか。

 

 

コロナウィルス変わりゆく世の中での仕事事情

 

この先、どのような仕事が必要となってくるのでしょうか。

 

 

上記、テレワークの話題となりましたが、接客式(対面式)でなければ成り立たない仕事があるのも事実。

 

世界中の全人口がテレワークに従事するなんて非現実ですよね。

 

全てがオンライン化となり「人間は家の中」「外にはロボットのみ」などといった生活は、なかなか難しいのではないかと。

 

現在、新事業として「テレワークをする人への部屋貸し事業」「自宅での時間を楽しくするためのグッズ販売」などが登場してきました。

 

マンションなどの間取りにも変化があるようで、今までのような間取り+その中に「テレワーク用の部屋」が用意されているものもあるといいます。

 

また、様々なアパレルメーカーの売れ行きが下がっている中、部屋着の売れ行きは好調だそうで、とある部屋着ブランドでは価格帯が高めながらも売れ行きが上がっているといいます。

 

部屋着の売れ行きが上がった理由には、「おウチ時間」が関係しているとのこと。

 

テレワークのみならず、自粛生活で自宅にいる時間が長いことから、外用の服ではなく家用の服で楽しもうという流れのようから需要が高まったようです。

 

飲食業界では、テイクアウトのニーズが高まり、デリバリーの需要も高まっています。

 

おそらく、この先も新型コロナウィルスがゼロとなるとは考えにくく…。

 

そう考えると、このまま今後も人々の居場所は「基本、家の中」なのではないでしょうか。

 

そこをうまく利用して「柔軟な考え方ができる人」こそ、これからの時代を生き残れるのかもしれません。

 

良くも悪くも日本人は「古き習慣」を大切にし、サラリーマンであれば「満員電車で出社」「残業するのは当たり前」などといったものを当たり前としてきました。

 

でも、これからはそのような考え方では生き残りにくい時代。

 

コロナ後という日がいつくるかはわかりませんが、今のこの経験を軸にして柔軟な考えで乗り炒りましょう。

 

 

コロナウィルスまとめ

 

 

コロナ後に「必要となる仕事」「働き方の変化」「生き残るための術」についてご紹介しました。

 

必要となる仕事については、明確にはせず「テレワークをする人への部屋貸し事業」「自宅での時間を楽しくするためのグッズ販売」などといった現状をご紹介しました。

 

「働き方の変化」についてはテレワークを中心に。

 

そして、「生き残るための術」としては、「今という経験を糧に柔軟な考え方を…」として

コメント

タイトルとURLをコピーしました