モンテッソーリ教育を自宅で受ける方法は!藤井翔太やアマゾン創業者も受けた!

トレンドニュース

モンテッソーリ教育を自宅で受ける方法は!藤井翔太やアマゾン創業者も受けた!

 

藤井翔太二冠やアマゾン創業者・ジェフ・ベゾスも受けたと話題のモンテッソーリ教育。

 

今回は、そんなモンテッソーリ教育を自宅で受ける方法をご紹介します。

 

子どもの才能を伸ばすとして多くの関心が寄せられているモンテッソーリ教育。

 

しかし、受けるのであれば特別な教育機関でなければいけないのでしょうか。

 

実は家でも実践できた?

 

我が子の才能を伸ばすため、自宅でモンテッソーリ教育を実践してみましょう。

 

 

モンテッソーリ教育家庭で実践する前に覚えおくべきこと

 

 

 

モンテッソーリ教育とは、一言でいえば「子どもの自立を大人がだまって見守る」そんなところでしょうか。

 

大人は何かと子どもの手助けをしたいものです。

 

「子どもがやるよりも大人がやった方が早い」

「子どもにはまだまだ判断はできないだろうから大人が判断する」

「子どもの間違いを大人が指摘する」

 

こういうことってよくありますよね?

 

でも、実はそれら大人の行動は子どもの成長の邪魔になっているんだそうです。

 

子どもを見守る。

 

これさえできれば、モンテッソーリ教育専門機関に通わなくても、自宅でモンテッソーリ教育を実践することが可能となります。

 

では、実際にどのようにすればいいのかを見ていきましょう。

 

 

 

自宅でできるモンテッソーリ教育:基礎編

 

 

 

まずは、モンテッソーリ教育のそもそもの考え方からご説明しましょう。

 

モンテッソーリ教育では、「子供の観察」「敏感期の周知」が基本。

 

どういうことかといいますと、

 

<子どもの観察>

子どもとは、大人にとってみれば「よく分からない行動」をしがちです。

でも、それら1つひとつの行動に意味があり、子供の成長に関する大きなヒントが隠されていることが。

そのため、子供をよく観察し「今何を気に入っているのか」「この子のこだわりとは何なのか」そのような部分を観察しておきましょう。

 

<敏感期の周知>

敏感期とは、「ある一定の時期に見せる子供の強いこだわり」のことをいいます。

 

強いこだわりが成長に必要な1つの要素…と考え、この敏感期を見逃さず大切に見守ろうというもの。

 

例えば、「おもちゃをお友達に貸せない」という子の場合。

 

一見、わがままに見えるこの「貸せない」という行動ですが、これも「強いこだわり」の1つで、「所有という概念を育てるために」必要なこだわりとモンテッソーリ教育では考えます。

 

このように「貸せない=独り占め」という過程を経て、初めて「共有」という概念が芽生えるようになるため、ここで親(大人)が「この子はワガママだ」などと思ってはいけません。

 

他にも、敏感期のこだわりにはこのようなものがあります。

 

・1つのことに対し、段取りを変えることを嫌がる

・毎日の習慣を変えることを嫌がる  など

 

ちなみに、今を時めく藤井蒼汰二冠は、モンテッソーリ園にて「同じ工作を繰り返し作っていた」といいます。

 

何を作っていたのか気になりますね。

 

藤井蒼汰二冠のあの驚異的な集中力は、このような経験が根底にあるのかもしれません。

自宅でできるモンテッソーリ教育:実践編

 

 

 

 

 

 

モンテッソーリ教育で大切なのは、「環境」です。

 

子どもに好きなことをとことんできる…そんな環境が必要になってきます。

 

そのための重要ポイントは、「親(大人)の子どもへの関わり方」。

 

実際には、子どもに対しこのように関わっていきましょう。

 

<子どもへの具体的な関わり方>

 

・大人が先回りして教えない

何事も大人が「答え」教えるのではなく、子ども自身で答えを導き出せるよう見守りましょう。

子どもに「試行錯誤する」というチャンスを与えることが大切で、これを大人が奪ってしまうと「やる気・自身の欠如」に繋がってしまうことになります。

答えを求められたときのみ教えるとして、あとはじっと見守ってあげてください。

 

・大人の正解を押し付けない

例え、試行錯誤の末に「子どもが導き出した答え」が間違っていたとしても、「大人の正解」を押し付けてはいけません。

なぜなら、それが「子供のやる気を損なう」ことになってしまうからです。

 

・選択するチャンスを与える

何事も大人が選び子供に与えてしまいがち。

子どもが小さいのであれば尚更その傾向にあると思うのですが、それでは子どもから「選ぶチャンス」を奪ってしまうことになりかねません。

 

まずは2択から始め、成長と共に選択肢を増やしていってあげましょう。

自分で決断できる力は大人になってからも役立ちます。

そのための練習を幼少期から体験させてあげてください。

 

・説明するときはゆっくりと

子どもにとって、大人が説明するときのスピードは非常に速いといいます。

大人が分かりやすく説明しているつもりでも、子どもはそのスピードに着いていくことができません。

 

また、子どもは「目から得る情報」と「耳から得る情報」を同時に処理することが難しいため、大人が分かりやすいだろうと「口と身振り手振りを交えた説明」をしても、理解するのが難しいといいます。

 

このような状況を作りださないためにも、大人が子どもに何らかの説明をするときは、動作をスローモーションで。

また、

・口頭での説明のときは口頭のみ。

・身振り手振りを加えるときはそれのみ(口頭での説明はしない)。

ということも忘れずに実行してください。

 

親(大人)としてできることは、子どもの成長を見守ること。

 

子どもは、自分で「自分が伸ばしたいと思う能力」を知っているので、それをそっと見守ってあげましょう。

 

決して、その能力をつぶさないように…。

モンテッソーリ教育まとめ

 

 

 

今回は、藤井翔太二冠やアマゾン創業者・ジェフ・ベゾスも受けたという「モンテッソーリ教育を自宅で受ける方法」についてご紹介しました。

 

モンテッソーリ教育で大事なのは「大人の子どもに対する接し方」。

 

子どもをしっかり観察し、敏感期を見定める。

 

「子どもの成長する芽をつぶさないよう、大人が環境を整えてあげる」…それこそがモンテッソーリ教育というものでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました