ジョジョラビット ー母親の処刑された理由が悲しすぎる!

ドキュメンタリー映画
『ジョジョ・ラビット』予告編

 

 

ジョジョ・ラビット

ナチス支配下にあるドイツをテーマに描かれた映画「ジョジョ・ラビット」。

今回は、そんな映画「ジョジョ・ラビット」の「あらすじ・最後のシーン・最後の意味」をまとめました。

今でははるか昔のことのように思えるユダヤ人の迫害の事実。

しかし、実はそれほど昔の事ではないんですよね。

ユダヤ人はなぜそんなにも迫害されなくてはならなかったのでしょうか?

そんな背景も含め、「ジョジョ・ラビット」という映画をご紹介します。

 

 

ジョジョ・ラビット:登場人物・あらすじ

 

<登場人物>
ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス):ヒトラーユーゲントで訓練を受ける愛国心の強い少年
ロージー(スカーレット・ヨハンソン):ジョジョの母親
エルザ(トーマシン・マッケンジー):ジョジョの家の隠し扉から出てきた少女
アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ):ジョジョの脳内に住む「空想上の友達」
クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル):ヒトラーユーゲントで少年らを指導している

 

 

<あらすじ>

 

第二次世界大戦下にあるドイツ。

10歳の少年ジョジョは、青少年集団「ヒトラーユーゲント」の合宿に参加します。

クレンツェンドルフ大尉たちの指導によるハードな戦闘訓練という内容の合宿。

そんな中、「ウサギを殺せ」とのミッションが下ります。

ジョジョは殺そうとはしましたが、結果、できませんでした。

そのため、教官らから笑われ「ジョジョ・ラビット」と不名誉なあだ名をつけられます。
(※ラビットには「下手な人」という意味がある)

その後、耐えきれずその場から逃げ出したジョジョでしたが、脳内にいる友達アドルフにより励まされ、現場に戻ります。

元気を取り戻したジョジョは訓練を続けますが、そこである失敗をしてしまい大怪我を負うことに。

それを知ったジョジョの母親ロージーにより、ジョジョは自宅に連れ戻されました。

帰宅したジョジョは、自宅の片隅に隠し扉があることを発見します。

恐る恐る扉を開き、中を確認すると…。

 

 

ジョジョ・ラビット:最後のシーン

 

隠し扉の中にいたのは、ユダヤ人少女「エルザ」でした。

エルザに話によると、エルザは「ロージーに招かれ」ここに来たのだそう。

そして、「通報すれば私はあなたを協力者だと言うわ。そうすれば死刑よ。」と、驚き騒ぎ立てようとするジョジョを脅してきたのです。

ジョジョはどうすればエルザを排除できるか考えますが、後にこのことを書籍化しようと閃き、エルザに「ユダヤ人の秘密を全部話すことを条件」とし、住むことを許可します。

始めはエルザのことを忌み嫌っていたジョジョではありましたが、インタビューをするうちに、彼女に惹かれていくジョジョ。

しばらくして、エルザに婚約者「ネイサン」がいることを知りますが、ネイサンのふりをして手紙を書くなどし、ジョジョはエルザを励ますようになりました。

ヒトラーユーゲントでは「ユダヤ人は下等な悪魔」と教わったジョジョではありましたが、それもいつしか事実とは異なると気づき始め…。

そんな中、ゲシュタポ(秘密警察)が突然ジョジョの家を訪問。

家宅捜索が入りました。

緊迫した家の中…、そこにあろうことかエルザが堂々と現れ「ジョジョの亡くなった姉のふり」をします。

なんとかやり過ごしたジョジョとエルザ。

その後、ジョジョが広場近くを歩いているとそこに絞首刑にされていた人たちが…。

その死体の中には、母ロージーの姿もありました。

一方、国の情勢は悪化を辿っていました。

市内ではアメリカ軍が迫ってきていることが告知され、ヒトラーが自殺、ドイツ劣勢という状況になり「ユダヤ人ではなくナチスが悪」という風潮に変わってきています。

逃げ惑うジョジョの目に入ったには、捕虜として捕まっているクレンツェンドルフ大尉。

ジョジョが近くに寄っていくと、大尉は「おまえはユダヤ人だ!」とわざと罵り突き放します。

突き放されたジョジョの背後で鳴り響く銃声…、それは、クレンツェンドルフ大尉が銃殺された音でした。

クレンツェンドルフ大尉は、わざとジョジョを突き放し守ってくれたのです。

それからしばらくしてドイツ軍は負け、戦勝は終了…。

エルザと離れたくないジョジョは、ドイツ軍が勝利したと嘘をつきます。

そして、再びジョジョが偽のネイサンの手紙を読み上げ…。

しかし、そのときエルザから「ネイサンはすでに亡くなっている」ことを告げられます。

ジョジョの気遣いに感謝するエルザ。

そんなエルザに愛を告白するジョジョ。

しかし、エルザはジョジョに「弟として愛している」と返答します。

そして、ジョジョはエルザと共に外に出て踊り…映画は幕を閉じます。

 

ジョジョ・ラビット:最後の意味

 

ナチスやユダヤをテーマに作られた映画はたくさんありますが、どれもシリアスにまとめられたものが多く、最終的には後味が悪い印象を受けます。

ただ、この「ジョジョ・ラビット」では、テーマが「ナチス・ユダヤ」と一緒でも、笑えるシーンもあるというのがポイント。

特に前半はコメディタッチな要素がふんだんに盛り込まれているので、ナチス系に抵抗を感じる方であっても比較的とっつきやすい映画となっているのではないでしょうか。

ジョジョの脳内友達「アドルフ・ヒトラー」との掛け合いも、シリアスなものではなく、可愛く面白いので見どころの一つとなっています。

さて、最後のシーンで「外に出て踊った2人」ではありますが、そこにどのような意味が込められていたのでしょうか。

ジョジョはともかく、「ユダヤ人であるエルザが外に出る」というのは、ナチスの支配下であったドイツではありえないことでした。

バレればすぐに捕まり、収容所送りとなってしまいますからね。

でも、戦争が終わった今、「ようやく外に出れる」。

つまり、ユダヤ人を始め、全ての人々が本当の意味で自由に瞬間だったのではないでしょうか。

外で踊るというのは「自由」を表現しているのかもしれません。

ちなみに、ユダヤ人がこんなにも忌み嫌われていたのには、このような理由があります。

イエス・キリストを崇拝するキリスト教。
そんなキリスト教をユダヤ人は崇拝しなかったといいます。
その後、キリスト教が勢力を増し「ユダヤはキリスト教を崇拝しない→冒涜している」となっていき、忌み嫌われるようになっていったのだそうです。
そして、ヒトラーの出現により、ユダヤ教(ユダヤ人)の排除が始まったといいます。

 

 

ジョジョ・ラビット まとめ

 

今回は、映画「ジョジョ・ラビット」の「あらすじ・最後のシーン・最後の意味」をご紹介しました。

舞台は、ナチス支配下にあったドイツ。

あらすじは、そんな歴史的背景の元にドイツ人少年とユダヤ人少女の心の交流を描いたものでした。

最後のシーンでは「2人が踊り出す」という場面が描かれていたため、最後の意味として「踊る→自由」と解釈しまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました