半沢直樹 前期公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

テレビドラマ「半沢直樹 前期」を”見逃した!”という人や”カット・CMなしで観た

い!”という人に無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

[新ドラマ]日曜劇場『半沢直樹』7/19(日)スタート!! 最新予告を公開!!!【TBS】

●見逃した作品・過去の作品が観たい

 

●まとめて全話観たい

 

●CMなし、高画質で観たい

 

●特にドラマが観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

ドラマ「半沢直樹 前期」

フル動画はParavi(パラビ)で配信中です!

初回登録は2週間無料体験が付いています!

 

 

 

 

ドラマ「半沢直樹 前期」を無料で視聴する方法は?

ドラマ「半沢直樹 前期」は、動画配信サービス【Paravi】で配信中です!!

そこで【Paravi】は聞いたことがあるけど、どんなサービスなのかわからない人のために簡単にまとめました。

 

 

ドラマ観るならParavi!

【Paravi】は国内ドラマ、国内映画、アニメ、バラエティ、音楽・ステージなどの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1,071円ですが、毎月500円分のチケットがもらえますので、実質571円で楽しめます。

 

チケットは最新映画やレンタル作品に利用することができます。

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【Paravi】では初回登録の場合、《2週間の無料体験》を実施しています。

無料体験中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずにお試し利用ができるのです。

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

 

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

 

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

 

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

 

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

 

⑥PC/スマホ/タブレット/テレビで対応可能!

 

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

 

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!

無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

Paravi

「半沢直樹 前期」あらすじ

1話

東京中央銀行大阪西支店の融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、バブル経済末期に銀行に入行した、いわゆる「バブル入行組」と呼ばれる社員。バブルが崩壊してから20年近くたった現在、銀行の中において業務の中心を担う世代でもあった。そんな半沢に、突然支店長の浅野(石丸幹二)から強引な指示がありました。このことで営業目標を達成した大阪西支店は、名誉ある最優良店舗賞を初受賞すことになる。

 

2話

西大阪スチールへの融資で5億円の不良債権を抱えてしまう東京中央銀行。その責任を、1人でとらされることになった半沢。そんな中、残された資料から同社の倒産が「計画倒産」であった疑いが浮上。融資、倒産、5億円の損失、全てが仕組まれたことであった。

 

3話

5億円回収のために、奔走する半沢だが、東田の別荘を押さえることはできなかった。それについて支店長に叱責されます。そんな半沢を次に待ち受けていたのは、本部からの内部検査。しかしその検査は、融資事故の全責任を半沢に押し付けようとする支店長が意図的に仕組んだものだったのだった。

 

4話

5億円回収のために日々奔走する半沢は、東田と浅野支店長の繋がりを知ることになります。そこで半沢は、支店長が東田から何らかの見返りを得ていないか証拠を探すことに。そんな中、妻の花(上戸彩)がアルバイトをしたいと言い出します。

 

5話

美樹が東田の情報を渡したのは、国税庁の黒崎でした。黒崎は、その情報をもとに突き止めた東田の隠れ場所に強制捜査に入ります。しかしこれもまた、半沢の計画通りであり、見事、美樹と黒崎を利用することによって東田の隠し口座を発見することができたのだった。

 

6話

半沢が東京中央銀行の営業第2部次長として就任してから1年後。ある日、部長の内藤に呼び出された半沢は、突如大きな仕事を回される事態に。老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建、および、金融庁が東京中央銀行に対して行う「金融庁検査」への対応、というものです。金融庁が伊勢島ホテルを実質破綻企業と認定してしまえば、株価の暴落を招き、経営の根幹を揺るがすことになるような事態で、絶対に避けなければならない・・・。

 

7話

金融庁検査のために、東京中央銀行にやってきたのは黒崎でした。黒崎から、「次回の聞き取り調査までに120億円の損失を補填案が示せなければ、伊勢島ホテルは実質破綻先に分類する」と告げられる東京中央銀行。半沢は、融資失敗の手引きをした貝瀬支店長に詰め寄るものの、一体誰の命令だったのか口を割らない。

 

8話

ナルセンが破綻すると同時に、伊勢島ホテルの黒字経営への道は絶たれてしまう、そんな中、大和田常務は本番の金融庁検査の前に模擬検査を行うことを提案します。大和田の息のかかった融資部の福山を半沢の後任候補とし、模擬検査で二人は一騎打ちすることになりました。

 

9話

別の不正事件とは迂回融資事件です。半沢はこの件もまた今までの人脈やタミヤ電機に出向していた近藤を使って調査していました。この、タミヤ電機を隠れ蓑にし、3000万円もの融資を受けていたのは、何と大和田常務の妻・棚橋貴子が経営する会社だったのです。半沢は大和田に突きつける証拠として、田宮社長の証言を取るよう近藤に依頼する。

 

10話 最終回

最後の金融庁検査の時、湯浅社長の決断が間に合い、フォスターもまた半沢の同期が交渉してくれたおかげで、伊勢島ホテルの経営が破綻に分類される心配がなくなりました。そのころ近藤はタミヤ電機の社長、田宮の説得に成功し、大和田常務が3000万の横流し融資に関与していたことを告発する約束を取り付けることができた。しかし、報告書を仕上げた近藤を呼び出して、大和田上務は彼をタミヤ電機から銀行に戻し、さらに好きな部に異動させてやるとちらつかせます。半沢のことを慕い、信念のある近藤ですが、苦労させている家族のことを思うと、大和田常務の甘言に従わざるを得ませんでした。

 

「半沢直樹 前期」人物相関図

「半沢直樹 前期」スタッフ&キャスト

 

原作:池井戸潤

演出:福澤克維、棚澤孝、田中健太

脚本:八津弘幸

出演:堺雅人

上戸彩

及川博光

片岡愛之助

北大路欣也(特別出演)

香川照之

「半沢直樹 前期」世間の感想

続編を見るために一気見。さすがの名作で、あっという間に見終わった。
香川照之と片岡愛之助の歌舞伎コンビ、苦手なはずのこてこての演技がなぜか最初から心地よかったなぁ。
役員会議の場で土下座にこだわる半沢氏には軽くひいたけど…

現実と空想を気持ちよく使い分け、見る人を楽しませるエンターテイメントとしてわくわくしながら見ました。

めちゃくちゃ面白いんだが〜!!!!なんなん〜!!!!!!

半沢直樹が花ちゃんと花って呼ぶの良すぎて無理。ギャップありすぎ結婚したい。
銀行員の妻って大変だなー、転勤嫌だし、出向したら収入終わるし・・・。

ホールディングスとか受けてたら出向のイメージ全然違うくてびっくりするわ。

家族で大盛り上がりで観ました。
日曜の夜から仕事のこと考えたくないはずなのに、毎週楽しみにしてた。
珍しく、みんなが観てるドラマだったよね。

「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗責任は部下のもの」となっているサラリーマンの世界を恐ろしく感じた。相手が上司であろうと強い権力であろうと、不正を正そうとする半沢がとてもかっこよかった。

 

2013年に放送された半沢直樹は、二部構成で放送された大ヒットドラマです。特に最終回の視聴率は、42.2%と言う驚異の数字をたたき出しました。第一部は、上司の独断で無担保で5億を融資したが、融資先の会社が倒産してしまい、その責任を押し付けられてしまいます。ここから半沢の【やられたらやり返す倍返しだ】とキッチリとリベンジを果たします。仕事が出来、取引先や仲間からの信頼も厚いからこそ見ていて、胸がスカッとします。第二部でも今度は120億の損失を出してしまいますが、ここでも【倍返し】をして、和田常務を最後に土下座をさせる事が出来ます。ここが最大の見せ場だと思います。脇を固める俳優も良かったです。特に大和田常務を演じた香川照之さんは、まさにハマり役だったように思います。渡真利役の及川光博さんは、影の功労者として良い演技をしていると感じました。妻役の上戸彩さんも、夫を支え信じて最後まで一緒に戦ってくれる、理想の妻だと思いました。この他にも豪華な俳優陣に支えられて良いドラマに仕上がっていると思います。【倍返し】が流行語大賞に選ばれる程社会現象になったドラマは他にはない素晴らしい作品だと思います入力してください

 

このドラマの面白さは、展開にスピード感、緊張感があり、どんでん返しの連続というところだと思います。池井戸潤さんの原作をうまく構成されてドラマ化されており、原作の良さをまったく損なっていないことも評価したいと思います。またキャストが素晴らしかったと思います。半沢直樹を演じた堺雅人さんの魅力を引き出した作品ではありますが、それ以外にも大和田常務を演じた香川照之さんや黒崎検査官を演じた片岡愛之助さんがとても個性的なキャラクターを作り上げるなど、キャスト選定がとてもうまい作品だったと思います。そのほかにも無名の俳優さんが何人もこのドラマでブレイクされたのも印象的でした。とくに半沢直樹の同期である近藤を演じた滝藤賢一さんは、目や表情で演技ができるとても良い役者さんだと思いました。及川光博さん演じたもうひとりの同期である渡真利との3人の友情も気持ちよく描かれていて良かったです。加えて上戸彩さん演じる半沢直樹の妻花ちゃんも、半沢直樹の癒し系キャラとしてとても存在感があって良かったです。ストーリーとキャストが本当にマッチした良い作品だと思います。

以前からこの発表があったときからとても楽しみにしていました。振り返りなどの放送で思い出せたのがよかったです。キャラクターが存在感があることと、ストーリーのテンポのよさが面白かったです。つい画面に釘付けになってしまっていました。犯人のインスピレーションをかきたてるような展開だったので、よく想像したものです。銀行というものは長いことの歴史や、人間関係がすさまじいものがあり、その中で銀行の内部での役員席への争いがあります。社長と大和田役員の三つ巴の中で粉飾を暴いた半沢部長が鋭かったですが、いろいろな敵がいるのではないかと思います。大和田常務が、裏切るのかと思いきや、新しく人事から債権の審査部という人物がどうなるのかまた気になっていますので、もしかしたら黒幕はその人か、頭取の存在もどうなっていくのか気にしてはいます。頭取のリーダーシップというのがいまいち発揮されていないのではないかというところもあるのですが、裏切り裏切られていく劇場型のエンターテインメントなので、一話ごとに見方が変わります。今後の半沢部長の倍返しが楽しみです。

巨額を扱う案件で大きく二部制になっているストーリーで目まぐるしい展開とスカッとした倍返しが決まった観ていて気持ちのいい作品でした。前半の五億融資事件も後半のホテル建て直しの件もいずれも序盤は主人公を半沢直樹さんが劣勢に立たされた状況から紆余曲折して勝ち抜く姿がスピーディーな流れになっていて楽しめました。前半部分のストーリーで一番印象的なシーンは裁量隣店の次長達の悪事を暴くくだりがとても滑稽で良かったです。しっかりと同期の渡真利忍さんのアシストから始まり息のかかった連中から痛い部分が出てきてズバっと成敗した感が気持ちよく面白かったです。あんなに強気でいた浅野支店長も約束通り土下座させてそれを巧く活用して本社へと出世していく様相はあざといというか計算高いところがあり驚きがありました。後半のストーリーで印象的だったのはやはり最後の大和田常務の気合いの感じられた土下座シーンがインパクトがありました。したくないけど、かんぷなきまでにやられた姿を象徴するかのようで衝撃的でした。前後半とも目の離せない引き込まれる雰囲気のある作品で最高でした。

 

このドラマは銀行員の仕事をテーマにしていますが、決して難しい内容ではなく、むしろ分かり易い内容で、誰もが楽しめるストーリーになっています。このドラマが人気になったポイントは、主人公の半沢の決めゼリフである「倍返し」に示されているように、苦境からの大逆転劇にあります。銀行員だけでなく、サラリーマンであれば誰もが体験するような様々な理不尽な状況に対して、半沢が決して信念を曲げずに毅然たる姿勢で大逆転をする姿がとても気持ちが良いです。ストーリーの前半は大阪の支店でのある取引先との融資に絡む内容で、支店長やクセのある取引先を相手にして、半沢が逆転していく展開が描かれます。そして後半は、半沢の支店での活躍が認められ、東京の本店に舞台を移して、大きな融資案件に絡む闘争劇が描かれています。ここで半沢のライバルである大和田との闘いが繰り広げられますが、大和田役の香川照之さんの演技は素晴らしく、半沢との2人のやりとりはとても迫力があり、見応えがあります。ラストには本当に凄い2人の演技が見れます。見ているだけでストレス解消になる素晴らしいドラマです。

タイトル「半沢直樹1」について記載します。年齢35歳、ペンネームしー、性別女性です。どんな風に銀行内部を表現するのか気になってみ始めたのがきっかけでした。融資課の話なので、審査が厳しいことや、お金持ちではない厳しい状況の人に手を差し伸べない大和田の仕打ちなどを見て心が痛みました。実際の私の業務では融資携わっていませんでしたが、もしこうしたやりとりをしていたら幻滅するなと感じました。榛沢の父も、経営が厳しいながらも技術があり融資してもらえたはずなのに、きちんと確認をしないで結論を出す銀行サイドにすごく腹が立ちました。その仕打ちに対して半沢直樹が大和田に土下座をさせるために倍返ししていく様は見ていてスカッとしました。土下座までの道のりが長く険しいながらも仲間に支えられ妻にもすごく勇気づけられ厳しい状況で頑張る榛沢を応援せずにはいられませんでした。金融庁が来たときのドタバタ具合は、自分も経験しているのでよくわかりました。忠実に再現できていました。監査の黒崎のお姉ぶし炸裂にはびっくりしましたが、面白いキャラでさらに作品を面白く引き立てていました。大和田と半沢の最後のやり取りは、見もので

 

 

 

 

ドラマ「半沢直樹 前期」はParaviで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

 

 

 

 

Paravi

コメント

タイトルとURLをコピーしました