パラサイト 半地下の家族の公式上映見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想まとめ

洋画

映画「パラサイト 半地下の家族」を”見逃してしまった!”という人や”カット・CMなし

 

で観たい”という人に無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめてみ

 

ました!

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞!『パラサイト 半地下の家族』予告編

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

まとめて全話観たい

 

CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

 

ドラマ「パラサイト 半地下の家族」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

 

ドラマ『パラサイト 半地下の家族』を無料で視聴する方法は?

ドラマ『パラサイト 半地下の家族』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

 

そこで【U-NEXT】を聞いたことがあるけど、どんなサービスなのかわからない人のため

 

に簡単にまとめてみました。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャ

ンルが揃っている動画配信サービスです。

 

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

 

U-NEXTでは初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

 

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

「パラサイト 半地下の家族」あらすじネタバレあり

ギテクたちは父・母・息子・娘の4人家族だが、全員無職で半地下を住処とし、非常に貧

乏な生活を送っていた。

 

そのため、酒によった通りがかりの人がギテク家の前で排泄したり、業者が消毒剤を撒く際は家の中にまで流れ込んできたり、水圧の関係でトイレが高い場所にあり環境は最悪。

 

そんなある日、大学入試に落ち続けているギウは友人が留学へ出かけている間、代わりに家庭教師の仕事をすることになった。

 

パラサイト 半地下の家族 IT企業の社長で大豪邸パク家

 

面接先は、IT企業の社長で大豪邸に住んでいるパク家。

ギウは、面接へ向かいますが、パク家の母親はろくに面接をすることなく結果さえ出してくれれば良いとあっさりしたもの。

 

こうしてギウはパク家の娘・ダヘの家庭教師となる。

ギウは、こと大学入試に関しては何度も落ちているだけありプロだった。そして、次第にダヘと恋人関係となり、信頼を得る。

 

そしてパク家の母親が今度は「美術の先生を探している」といい、ギウの妹・ギジョンが。

 

ギジョンは美術大学の入試に落ちているが、美術の家庭先生としてパク家で働くことに。

 

更にその流れでギヴの父親・ギテクもパクのドライバーとして、職を得ることに成功する。

 

パラサイト 半地下の家族 ギヴたちが実は家族

 

 

そして最後はギヴの母親が家政婦としてパク家へ。

だがパク家には既に家政婦が居た。

 

しかもギヴたちが実は家族であるとをパク家にバレないよう、立ち回る必要がある。

 

まずは家政婦のムングァンが邪魔であるため、ムングァンが桃アレルギーであること逆手に取りを結核を患っているよう見せかけ、退職へ追い込むが、ムングァンはすぐに戻ってくる。

 

しかし、パク一家が旅行へ出かけ居なくなった間に意気投合、ギテクたちは大豪邸で贅沢三昧な暮らしを満喫する。

 

半地下で暮らし貧困に苦しむキム一家。

それとは真逆に高台の豪邸に住むパク一家。

 

そんな時パク一家が旅行に出かけている間、天候が荒れ大洪水が起きる。

だが、高台にある大豪邸は、洪水による被害の心配がなく、5人は贅沢気ままな生活を送る。

パラサイト 半地下の家族 パク家の家政婦

 

そんな中、今度は以前パク家の家政婦を務めていたという女がパク家を訪ねます。

 

その女は「この家には隠された地下室がある」と言い、一同は彼女とともに地下室へ向かうことに・・・・。

 

すると、地下には4年もの間幽閉されていた男がいた。

 

その男は、これまで何度もモールス信号で救助を求めていたが、誰にも気づいてもらえず、長年閉じ込められたままだった。

 

元家政婦の女と閉じ込められていた男は、そのままパク家に居座ろうとする。

ギテク一家は、このままでは贅沢三昧な生活を奪われてしまうと、2人を追い出そうとする。

 

しかし、逆にギテクたちが家族である証拠写真を武器に脅される。

 

そんな中、パク一家から「予定よりも早く帰る」と知らせが入る。

全ては大雨のせいだった。

 

しかし今のパク家は散らかし放題であったため、一同は大慌てで片付け始めるが、間に合わず豪邸内に隠れ、身を潜めることにする。

 

ギウは、ダヘのベッドの下へと隠れるが、そのままウトウト眠ってしまう。

 

帰宅したダヘが、何気なくベッドの下を覗こうとしますが、飼い犬が今にも吠えそうになったため、なんとか危機を回避。

 

他の家族はそれぞれリビングに隠れるが、パク夫婦はそのままリビングで話し込む。

 

 

パラサイト 半地下の家族 ギテクの匂い

 

 

 

そんな時、パク夫婦はどこからか漂ってきた桃の香りに気づく。

 

それが「ギテクの匂い」ではないかと話すパク夫婦。

 

その何気ない一言で、ギテクは「貧乏人のニオイ」と、侮辱されたような気がし憤る。

 

そしてインディアンパーティーでギテク一家が地下に幽閉されていた男に襲われる。

 

しかし、その男が放つ悪臭に鼻をつまんだパクに対し、ギテクの怒りが爆発。そのままパクを刺殺する。

 

どんなに頑張っても富裕層にはなれず、たとえ裕福になったとしても、貧乏臭さがとれることはないのだと感じるギテク。

 

パク一家に寄生したつもりでいたが、結局のところは対等な人間として見られていなかったことに気付き絶望する。

 

 

その後は、貧乏人同士の殺し合いへと発展するが・・・・。

 

「パラサイト 半地下の家族」人物相関図

 

「パラサイト 半地下の家族」スタッフ&キャスト

 

監督:ポン・ジュノ

 

脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジュノ

 

製作:クァク・シネ、ムン・ヤングォン、ポン・ジュノ、チャン・ヨンファン

 

出演:ソン・ガンホ、イ・ソギュン、チョ・ヨジュン、チェ・ウシク、パク・ソダム

「パラサイト 半地下の家族」世間の感想

 

 

1番印象に残ったのが、豪邸から自分等の住む家へ逃げ帰るとき。豪邸は高いところにあり、自分等の家は長い階段を下りて下りて更に道路より下の半地下の家。貧富の差が良く分かった。
いつ、嘘がバレるかとドキドキしながら観賞。
娘迄にしておけば良かったのに…一家揃ってさぁ。
小さいお坊っちゃまは『鼻が利く』家族の臭い、家の臭いってありますよね。
お父さんは臭いをバカにされちゃったから旦那様を刺してしまったけど、我慢してれば変質者逮捕で済んだかも知れないのに。
総じて、面白かった。

 

 

なんで刺しちゃうの。

 

そのままやり過ごせばうまくいきそうな。ひとりは犠牲だけども。とい

 

うのが強く印象。そのシーンではとても驚いた。半地下の臭いが原因な

のか。パーティーから急に怒りが出ている父親。

 

ここが謎だね。

 

なるほどの題名。パラサイト。

 

ヤングシンプルと形容された奥様に納得。

 

詐欺家族の寄生ぶりがとても面白い展開。ただ騙してるだけではなく、

 

家族それぞれに能力があるのがすごい。

 

地下が現れでからは怒涛の悲劇がラストまで続く長いクライマックス。

 

たしかに見応えがありました。

 

アカデミー作品賞と言われると、テーマが重いとか伝記的作品とか。今作は珍しい作品だなとは思うが、ノーカントリーとかアメリカンビューティーのような作品もあるよね。

 

 

 

全体としては良いです、映像もきれいだし各役者さんの演技も良い。前半から中盤までは申し分なし。
元家政婦の秘密が暴露されてから思った展開にはならなかった。
アダルトな部分は隠れている家族にどう影響するかと思ったら何も起こらず。
元家政婦の夫の殺戮シーンはややグロい。
最終的には主人公家族夫が地下住人への差別に過敏となり金持ち夫を殺害。主人公家族、元家政婦夫婦、金持ち家族とのギャップを出したかったのだろう。
自分としてはもっと金持ち家族へ寄生し、最終的には別の家族にまた寄生されるとかを予想していました。殺害されるシーンは要らなかったかと。

 

前半はコメディ。

 

友人が「偽装してバイトしてくれ」と言い、それに乗ったに過ぎない主

 

人公は、これだけいい給料なら自分だけでなく家族もこの家で仕事につけば良いのでは?と考えたのか。

 

そこから計画を立て始めて次々と家族を金持ち一家の元へ就職させる。

 

その流れや時々飛び出るおかしな英語、主人公のお前それいいのか!?

 

大丈夫か!?みたいな行動も見ていて笑っちゃいました。
元家政婦の旦那が勝手に金持ち一家の地下に住んでいた(元家政婦が住まわせていた)のは縦の構図としてとてもよかったです。

 

金持ち一家(地上)、主人公家族(半地下)、元家政婦の旦那(地下)となっていて、更に洪水が起きたときに金持ち一家は庭で遊ぶ息子をほのぼのと

見ているのに対し、命からがら逃げ出した(これは勝手に寛いでたのが悪いけど)主人公家族の家は浸水(この時点で家族は全員生きていて避難できている)

 

 

しかしその一方、地下では主人公の母親に蹴り落とされ階段の下で静か

に息を引き取る元家政婦と、愛する女性が無力に死ぬ様子を手足を拘束され口を塞がれて何もできずただ眺める旦那。必死にテープをちぎって?解いて?その場を離れ、漸くモールス信号を送れるという状態で、

 

 

金持ち一家の息子に信号を血塗れになりながら送るが…正直、あの信号を子どもが本当にそこに誰かがいて送っているものだと考えているとは思えません。

 

 

 

ただライトの点滅をモールス信号に見立てて遊んでいたのでは…?
だとすると、下の者が必死に命を乞う状態を、遊び半分で面白おかしく見ている上の者といった図にも見え、映画自体、とてもうまく社会の構図を見せてきていると感じました。

 

 

ただ、ここからの話の流れが私個人はあまり好きではなく、とくに元家政婦の旦那が無差別に(と後のニュースで公開されていましたが、実際は妻を殺した奴らに復讐をしていたように見える)人を殺していくシーン。

 

この映画、友人に勧められてあまり怖くないからと言われて観たものでした。

 

 

しかしあの最後の血塗れシーンが本当に怖くて…。
金持ち一家からすれば全く知らない男が突然現れて、周りの人を無差別に刺し出した。

 

しかも彼らが信じていたはずの主人公一家はまさかの全員詐欺。
金持ち一家の視点で見れば、本当に突然起こった恐ろしい事件です。

 

しかし主人公一家の視点で見れば、これはなるべくしてなった事件。

 

計画通りに全てを動かしていたと思い込んでいた主人公と、その計画の駒として動き続けていた家族。そこから計画にはなかった元家政婦の旦那や地下室の存在、豪雨…人生計画通りに行くとは限らない。

 

そして人の心は更に思い通りに動かすことなどできず、元家政婦の旦那は妻を殺された怒りで家族を殺そうとする。

 

 

しかし主人公の母にBBQ串で刺し返され…ちょうどその頃、気絶した息子を自車で病院へ連れて行こうとする金持ち一家の父が、主人公一家の父に車の鍵を渡すよう怒鳴りつけた。

 

 

それまで散々人のことを臭いと言っておいて…その臭さは、半地下で染み付いた貧乏人のもの。それはその更に下である地下室に住む旦那も似たような、または同じ臭いだったのかもしれない。その臭いに思わず顔を顰めた金持ち一家の父を見て、主人公一家の父は我慢の限界を迎え、刺し殺した。

 

勿論、勝手に詐欺をして金持ちの家に入り込んでいたこちらが悪いのですが、主人公一家の父としては侮辱であり、許し難かったのでしょうか。

 

この映画では、人間が必ず誰かを下に見ている様子が描かれているようにも思えました。

 

 

金持ち一家 主人公一家 元家政婦と旦那

実際そういった順で縦になっているのですが、主人公一家の視点では確かに自分たちより下である地下室の元家政婦と旦那がいて、そんな意地汚い奴ら(これは例えですが、細かく言えば働くつもりもない、税を払わないなど)と同じ臭いがすると顔を顰められたのです。

 

 

それも目の前で愛する娘や息子が血塗れになって死にそうになっているのに。
でもこれ、どこかで見ませんでしたか。

 

 

そう、地下室で起こったことと酷似しています。
主人公の母が元家政婦を蹴り落とし、その死ぬ様を何もできず見せつけられた旦那。

 

 

娘が目の前で刺され、息子が遠くで血塗れで運ばれていくのを何もできずどこか遠くの出来事のように見つめる主人公一家の父。
そしてつい顔を顰めてしまった金持ち一家の父は、主人公一家の父に刺され死亡…。

 

 

今までの順が金持ち一家 主人公一家 元家政婦と旦那というものだったのが一変、元家政婦の旦那(の復讐)→主人公一家→金持ち一家と、まるで洪水時に便器の水が逆流するように復讐の連鎖が始まります。

 

 

物語の全てに伏線があり、1度観ただけでもこれだけの情報量。
何度も観ると、きっとまた新しい視点や何か気づくことがあると思います。

 

 

書き足りないくらいですが、これ以上はどうぞご自身で。

観て損はありません、ただ私のように血が苦手な人は要注意。

 

 

 

階段から下りてくる演出や雷がピカピカして暗にモールス信号を表現している様子など芸術をみているかのようだった。殺したお父さんは地下のお父さんの事を想って社長を殺したのだと思う。
鼻をつまむ社長を見たときにカーッと来たのだと思う。
誰も報われない作品ではあるけど僕はハッピーエンドで終える作品よりも評価できると思う。

まとめ

 

映画「パラサイト 半地下の家族」はU-NEXTで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました