弥生、三月‐君を愛した30年-の公式上映見逃しを動画配信で無料フル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

映画「弥生、三月‐君を愛した30年‐」を”見逃してしまった!”という人や”カ

 

ット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感

 

想をまとめてみました!

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』予告【3月20日(金・祝)公開】

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

まとめて全話観たい

 

CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

 

ドラマ「弥生、三月‐君を愛した30年‐」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

 

ドラマ『弥生、三月‐君を愛した30年‐』を無料で視聴する方法は?

ドラマ『弥生、三月‐君を愛した30年‐』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

 

 

そこで【U-NEXT】を聞いたことがあるけど、どんなサービスなのかわからない人のために簡単にまとめてみました。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

 

U-NEXTでは初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています。

 

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

「弥生、三月‐君を愛した30年‐」あらすじ

1986年3月、走り出すバスを追いかけ何とか追いついてバスに乗り込んだ女子高生の弥生。

 

弥生をあきれ顔で迎えるのは親友のサクラ。

そのサクラは薬害HIV患者のため、学校でいじめにあっていた。

サクラをいじめる生徒たちの前で、HIV感染についての正しい知識を語る弥生。

その後、周りに見せつけるようにサクラに口づけをする。

そんな弥生の正義感を見た山田太郎は、サクラと弥生に好意を持ち親しくなっていきます。

 

弥生、三月‐君を愛した30年  サクラが入院

 

 

1987年3月。病院にサクラが入院している。

弥生はサクラに太郎への好意を伝えるように言うが、今の三人の関係を幸せと思い、その関係を壊したくないサクラ。

桜は最後までその思いを打ち明けずに短い生涯を終えた。

 

数年後、Jリーグにいた太郎は「できちゃった婚」で結婚してしまう。

しかし、太郎は父親になる覚悟はできていなかった。

そんな中、やがて太郎は、戦力外通告を受ける。

そのことで落ち込んでいる時に、一人息子のあゆむが事故に遭いかける。

あゆむを助けようと太郎は、自分がトラックにはねられた。

それ以来、太郎は引きこもり同然の生活に陥ってしまう。

 

弥生、三月‐君を愛した30年  弥生結婚、父親が倒れてしまう

 

 

弥生は地元を離れ、苦労しながら教員試験に受かる。

夢だった教師となり、歯科医の白井と知り合い結婚。

そんな弥生のもとに、仲違いしていた父親が倒れたという連絡が入る。

父親には介護が必要だと言われた弥生は施設を探そうとします。

 

しかし、心優しい白井は弥生の父親の介護のために東北に引っ越そうと言いだす。

その申し出を受け、地元に帰ってきた弥生。

そして、引きこもり生活を送っていた太郎を訪ねる弥生。

その足で離れて暮らしている太郎の息子あゆむのもとへ引っ張っていく。

ぎこちなくも父子の交流を持てた太郎の表情は少しだけ軽やかなものとなった。

 

その帰り際、思わず弥生を抱きしめる太郎。

昔からこうしたかったという太郎の思いに弥生は拒めず、強く抱きしめ返す。

お互いの立場もすべて忘れ、激しく求め合う二人。

太郎の部屋で一夜を明かした弥生は、太郎にもう二度と会うことはないと告げる。

弥生は引き留める太郎を振り切って部屋を出ていく。

弥生、三月‐君を愛した30年 結婚式場から逃げ出す弥生なぜ!

 

弥生は罪悪感を隠して白井に電話をし、嘘の事情を話してそのまま出勤する。

そして2011年3月11日14時46分。東日本大震災が起こり、大きな揺れと津波が街や人を飲み込む。

弥生を探す太郎の頭に浮かんだのは、結婚式場から逃げ出す弥生の姿だった。

ある年、弥生の実家は、事業の失敗から多額の借金を抱えることになり、弥生の父は借金の肩代わりに、弥生を知り合いの銀行の幹部の家に嫁がせようとした。

「これが大人の判断」と自分に言い聞かせ、ウェディングドレスに身を包む弥生のとこへ太郎がきて、「事情を知って、そんな判断をするなら子供のままでいい」と言う太郎の言葉に触発された弥生。

そのまま結婚式場から飛び出し、銀行幹部職員との結婚はなくなった。

2011年3月震災から数日後、弥生は白井の亡骸のそばで打ちひしがれていた。

白井の親族からの厳しい言葉も冷たい視線も甘んじて受け続ける弥生は太郎に向かって「罰が当たった、教師を辞める」と言いだす。

「自分を責めるな」という太郎の言葉も弥生には届かなかった。

その数年後、太郎はジュニアサッカークラブのコーチとして社会復帰し、今の夢は子供たちをワールドカップに送り込むことで、一生懸命に子供たちにサッカーを教えていた。

その一方で弥生は、自分を責め続け、自分の殻に閉じこもる生活を送っていた。

 

弥生、三月‐君を愛した30年 サクラが残したメッセージ

 

そんなある日、太郎のもとにサクラの父親がやって来て、いつか弥生と太郎が結婚した時のために、サクラが残したメッセージ「弥生と太郎のおかげで病に落ち込むこともなく素晴らしい人生を送れた」というテープを持ってきた。

2020年3月、弥生の姿を見て教員になったあゆむは、クラスのいじめ問題の対応で窮地に立たされます。

太郎は、あゆむの学校に向かうためにバスに乗ろうとするとそのバスを追いかける声が聞こえます。

バスに飛び込んできたのは太郎から託されたサクラのメッセージを聞いた弥生だった。

そのまま二人はあゆむの学校でもあるかつての母校へ行くと魔女裁判ともいえるような糾弾を受けているあゆむ。

その様子を見ていた弥生はかつてのまっすぐで正義感に溢れていた頃を思い出す・・・・。

「弥生、三月‐君を愛した30年‐」スタッフ&キャスト

 

 

監督:遊川和彦

 

脚本:遊川和彦

 

製作:福山亮一、臼井央、岸田一晃、三木和史

 

出演:波瑠、成田凌、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、岡本玲、夙川アトム、矢島健一、

 

奥貫薫、橋爪淳、黒木瞳

「弥生、三月‐君を愛した30年‐」世間の感想

 

 

「見上げてごらん夜の星を」の歌の力でさくらの思いや運命性を匂わせ2

 

人の恋愛の重要な局面でさくらの存在を常に感じる事が出来るシステムは上手だった。

 

しかし、「糸」と同様に東日本大震災の扱われ方が2人の恋愛を大衆倫理

 

的にクリアにする為に用いられたりする様(弥生の旦那が瓦礫の下敷き

 

になって死んだ事で社会的に山田と向き合っても許される事柄を作るな

 

ど)はなんだか気分の良い脚本ではないし、その為に扱う題材にしては

 

いけない気もした。

 

 

 

物語自体は「逆タッチ」みたいな人物配置で丁寧に描くことも出来たは

 

ずだが、30年間を描かなければいけないとなったときに、情報量の多さ

 

やそれに付随する登場人物の増加により、あまり親和性が高いとは思え

 

なかった。

 

 

 

 

お金をかけて作る大作映画故に大衆倫理を大切にする気持ちはわかる

 

が、そうでもしないと満足しない観客の方に問題があるのではないかと

 

思う。

 

 

 

30年、展開が早い弥生と太郎、子供の頃からお互いに惹かれ合いながらもスレ違い、人生とは時に残酷で、タイミングが全て。
タイミングがズレて想いが重なり合うと間違った関係性に。
ストレートにもっと早く好きと言えていたなら・・。
二人を繋いでいた親友さくらの存在は大きく、親友だからこそのテープのメッセージは切ない。

 

ボールを取られた子供が可哀想すぎた笑

 

3月の31日間を30年分で作ってる感じが斬新で良かった

 

けど年数が多すぎるからまとめるのが難しかったんだろうな。

 

情報が多すぎてうーんって感じ。

 

いい映画ではあるけどレシートとか日付の教え方や、場面の変わり方な

 

どの工夫が凝ってた。

 

 

昔のカセットテープのウォークマンってやっぱり味があっていいな。

エンドロールも変わってた。

 

いい意味で変わった映画かな。

 

不器用すぎる2人、脱線ばかりのようだけどきっとみんなそうで折り合いを付けながら色々更新していくものだと思う。その折り合いがつかないほどの絆や想いが運命的で感動しました。倫理的に納得できない人もいると思うけどそこが絶対じゃないし、どうしても人を傷つけてしまうのも人間だと思っています。後悔して後悔してそれでも一歩前に行く強さは大切です

サッカー部の主人公は同じ高校のヒロインと出会う。主人公は真っ直ぐ

 

なヒロインにほのかな恋心を抱く。ヒロインの方も主人公を憎からず思

 

っていた。一方薬害AIDを患うヒロインの親友は主人公に好意を抱いて

 

いたが気持ちを伝えられないまま卒業を待たずに死去する。高校卒業

 

後、主人公とヒロインは別々の相手と結婚するが、高校時代に夢描いて

 

いたようには人生はうまく順調には行かず、節目節目で二人の歩む道は

 

交差して…という話。

 

 

 

主人公たちが出会ってからの約30年間の中で三月の日を1日ずつ切り取

 

って31日ぶん繋げて物語を綴るという実験的な手法の作品。高校卒業後

 

にいきなり26歳の日に飛んだり、30代を超えてからヒロインの過去話に

 

時系列が遡るなど工夫もみられる。

 

 

かなりベタな話がなのだが、相思相愛なのに結ばれず苦難の連続となる

 

主人公とヒロインの人生を切なく描いていてしんみりさせられた。

 

この形式なのでどうしてもダイジェストっぽくなってしまうし、エンデ

 

ィングの演出などはかなりダサいと思ってしまったが、高校編で登場人

 

物の個性を明確に提示したことでその後のストーリーに観客が没入でき

 

るよう誘導してるところは上手いと思った。特に波瑠演じるヒロインの

 

魅力的なキャラクター付けは強烈だったし、杉咲花が演じた若くして死

 

ぬ親友の設定は終盤壮年になった主人公たちに大きく影響を及ぼしてい

 

て絶妙だった。ただ、僕はこの斬新な手法だからこそ描ける何かに期待

 

していたのだが、その点ではイマイチだった。

 

 

 

でも、ハッピーエンドだし、未婚のアラフォーアラフィフには突き刺さ

 

る話かなあと。

 

この映画くらいから新コロナの影響で映画館行けなくなったんだよなあ。

 

まとめ

 

映画「弥生、三月‐君を愛した30年‐」はU-NEXTで配信中です!

 

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

U-NEXTで今すぐ視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました