沢尻エリカの問題作!【クローズドノート】雫井脩介原作・行定勲監督指導の最高傑作なのに!

未分類
クローズド・ノート(プレビュー)

 

 

【クローズド・ノート】あらすじとネタバレ、主役は沢尻エリカ

 

【クローズド・ノート】沢尻エリカ問題発言

 

Sawajiri Erika

 

【クローズド・ノート】の作品情報・キャスト

「クローズド・ノ...」の画像検索結果

 

沢尻エリカ(堀井香恵)
伊勢谷友介(石飛リュウ)
竹内結子(真野伊吹)
永作博美(可奈子)
板谷由夏(山崎星美)
田中哲司(鹿島)
サエコ(池内ハナ)
中村嘉葎雄(喜一郎)
黄川田将也(夏目涼)
篠井英介(瀬川)
粟田麗(君代の母)
山口愛(水原君代)
石橋蓮司(中沢王道)

2007年9月29日に放映された映画です。
豪華キャストがおくる今回の映画ですが、やはり以前の映画とのこともあり、キャストの中には不祥事をおこした人もいます。
そう、沢尻エリカさんです。
数々の映画に出演されていた彼女がもたらした被害はとてつもない高額だったと言います。
今だから見れる映画を楽しんでください。

 

 

【クローズド・ノート】のあらすじとネタバレ

 

「クローズド・ノ...」の画像検索結果

主人公は女子大生の堀井香恵です。
夢は小学校の先生になること。
彼女は新生活の為引っ越しをしてきました。
その部屋に前の住人の私物と思われるノートを見つけます。
ノートを開くと、真野伊吹という小学校の教師のものということが分かります。
ノートは日記であり、日々の子供との触れ合いについて書いてありました。

香恵のアルバイトをして生活をしています。
万年筆専門店で働いているのですが、店にきた男性に目が止まります。
何故なら彼は、自身が引っ越しをしてきた部屋を見ていたからです。
ある日、彼がイラストレーターであることを知るのです。

日記には、好きな人がいることが書かれており、大学の友人である隆のことでした。
窓の外をみるとリュウの姿がそこにはあり、部屋を見せてほしいと頼まれます。
部屋でマンドリンを弾く彼女をスケッチしはじめるのです。
そんなリュウに惹かれていくばかり。
日記の内容と自分が今置かれている状況が同じように感じ、気持ちを伝えようと決心します。
しかし、日記の中の人物はリュウであることに驚きを隠せず、部屋を訪れたのは伊吹にまだ気持ちがあるからということを知るのです。

彼女は、日記を返そうと職場に向かうのですが、交通事故で亡くなったことを知らされます。
そして彼女が飛ばした紙飛行機を渡される。
それは、あの日記の一枚でした。
リュウに言われたとおり個展にいくのですが、紙飛行機にかいてあった内容を告げ、日記を手渡し帰るのです。

 

 

【クローズド・ノート】の結末

 

 

小学校にまた足を運び紙飛行機を飛ばす生徒たち。
リュウも現れます。
彼は絵を描き続けるといい、香恵も教師になると互いに約束するのでした。

 

 

【クローズド・ノート】の感想

 

 

一人の教師が教師の卵にまるでバトンタッチしたかのようなストーリーです。
一人の女性が日記の人物が思う相手と同じ相手を選ぶなんて運命という以外に何があるのでしょうか。
恋心を抱いた相手には決して忘れることのできない相手がいたというのはいたしかたないのかもしれません。
大好きな相手とはいえ、やはり気持ちが自分にないとわかると辛いものがあります。
また、この世にない人だからこそ思いは増すばかりということも考えられます。
彼が今後亡くなった彼女のことを忘れることはないかもしれませんが、彼がイラストレーターとして活躍し、彼女が教師として進むならそれだけでよいのかもしれません。
未来わや考える終わり方に今後はどうなるのか?と思う映画でした。

 

 

【クローズド・ノート】の原作者は?

 

 

原作者は、雫井脩介さんです。
様々な小説をかいている方ですが、ジャンルは推理小説が多いようです。
映画化はクローズド・ノート以外に犯人に告ぐもあります。
ドラマ化も小説からなっているものが多く、推理小説が好きな方には絶大な支持をうけています。
ミステリー小説の上位には常に彼の作品があり、今後クローズド・ノートや犯人に告ぐ以外にも映画化となりそうです。
現在51歳の彼ですが、彼の作品は年々人気が増すばかり。
次の映画化はまだかまだかと待っているファンは多いようです。

 

 

クローズド・ノートのキャストが豪華

 

キャスト紹介欄をみていただくと分かるように、人気のキャストがずらりとのっています。
ドラマとは違い、映画ならではのスケールの大きさだからこそ起用できるのかもしれません。
映画の主役は沢尻エリカさんですがお相手役が伊勢谷友介さんということで年齢差が10以上違う年の差です。
実は伊勢谷さん、英語がペラペラということです。
それだけで素敵と感じてしまいます。
年の差ですが、それだけの年齢をうめるのはやはり演技力なのかもしれません。
思い続けている相手が竹内結子さんですから、大人の恋愛模様がわかりますね。
出演しているものの、竹内結子さんの出演は少しだけとなんとも豪華な使い方です。
映画ならではのキャストにご注目ください。

 

 

(まとめ)

 

 

映画ならではの作品展開と原作が小説ゆえの結末にも注目してご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました