マチネの終わりに あらすじ・ 福山雅治(役:聡史)石田ゆり子(役:洋子)の結末は!

未分類
映画『マチネの終わりに』予告【11月1日(金)公開】

 

映画【マチネの終わりに】の曲は全てクラシック?ロケ地はどこ?あらすじや感想も、主役は福山

福山雅治(蒔野聡史)
石田ゆり子(小峰洋子)
伊勢谷友介(リチャード新藤)
桜井ユキ(三谷早苗)
木南晴夏(中村奏)
風吹ジュン(小峰信子)
板谷由夏(是永慶子)
古谷一行(祖父江誠一)

2019年と近年に放映された映画です。
主演が福山雅治さんということで、ファンは映画放映日にこぞって映画館にいった人も多いのではないでしょうか?
今だから見れる自宅での映画派の方は是非映画をお楽しみください。
キャストの中で伊勢谷さんはなぜか日本人役ではありません。
顔立ちと英語が得意な所が理由かもしれませんね。

 

【マチネの終わりに】 あらすじとネタバレ!

「マチネの終わり...」の画像検索結果

主人公の小峰洋子は、パリに住んでいます。
祖母が亡くなった為、日本に一時帰国をしているときです。
友達の是永慶子によりクラシックギタリストである
蒔野のツアーに誘われました。
蒔野は、この時演奏が上手くいかず苛立っています。
彼がギタリストを目指すきっかけは、幸福の硬貨の劇中音楽です。
このことから蒔野と洋子は仲が良かったのです。
一緒に酒を飲む二人、そして落ち込む洋子を励ますのです。

なかなか上手くいかず、スランプから抜け出せずに
蒔野はいました。
コンサートさえキャンセルしたいと伝えています。
パリに戻った洋子ですが、困ったことに職場がテロの標的にされてしまうのです。
メッセージを蒔野に送り、返信が返ってきますが何度かすると返信がなくなりました。

その後、洋子と話す蒔野ですが洋子は工事現場の音ですら恐怖心を描き、テロの後遺症が残っていました。
婚約者が洋子にはおり、一緒に住もうと言われます。
蒔野は、洋子の状況を知りながらも彼女を諦められず会う約束をとりつけます。
そして、もし洋子さんが死んだなら僕も死ぬと洋子に告げると、洋子は婚約をはきします。
洋子は、日本での生活を選びます。
そこへ、蒔野は急遽祖父がたおれた為病院にむかいます。
そんな中、早苗は彼のスマホをみてしまい嫉妬するのです。
早苗は、嫉妬から蒔野のふりをしてもう会えないと連絡するのでした。
蒔野には、スマホが水で壊れたフリをします。
そして、新しく買い換えすぐに連絡をしますが、連絡をとることができません。
そして、婚約破棄したものの同じ相手と結婚し、一児の母となるのです。
蒔野は、早苗と結婚します。

 

【マチネの終わり】の結末

「マチネの終わり...」の画像検索結果

リチャードと結婚した洋子でしたが、嫉妬にかられたリチャードに愛想がつき、離婚します。
そんな中、祖父がなくなったことがきっかけに復帰コンサートを開くことになったのです。
この頃、早苗に罪悪感が芽生え始めます。
正直に二人につげるのです。
そして、早苗は実家に帰り離婚することを覚悟するのでした。

コンサート会場には洋子がおり、その姿を見て6年ぶりの再会を果たすのです。

 

【マチネの終わり】の感想

 

映画の内容をみていると女性のいやな姿が見えてしまいます。
好きな人ができると誰しもがそのような感情に左右されてしまうのでしょうか?
時に好きだからとはいえ、して良いことと悪いことの分別はついて良いものだと考えてしまいます。
当たり前ですが、大事と思っているのなら相手の気持ちを最優先すべきですね。
最終的には本人に伝えるわけですが、それも凄いと思ってしまいます。
本人に伝えるほどの勇気の持ち主がなぜ、真正面から戦わなかったのかが、不思議に思えてしまいます。
二人の恋愛ドラマはまわりにまわりやっと完結に近づくのです。
運命というものは、やはり変えれないものなのかもしれません。
映画を見ながらちょっとしたジレンマも感じてしまいます。
さて、今回の映画はラブストーリーですが沢山のクラシックに囲まれたストーリーとなっており、コンサートさながらの気分になります。
福山雅治さんにクラシックのイメージはありませんが、やはり素敵ですね。
クラシックに興味がない方も興味が湧いたのではないでしょうか?

 

【マチネの終わり】の挿入歌もクラシック?

 

挿入歌といえば、映画やドラマの雰囲気作りに欠かせないものとなっていますが、マチネの終わりでは挿入歌も全てクラシックとなっています。
どんなクラシックなのか気になりますが、実はこのクラシックも福山雅治さん自身が弾いたものも含まれていると言われています。
その人気は絶大で、サウンドトラックとしてCD化までされるほどです。
クラシックというと聴き慣れない方は眠くなるといったイメージや歌がないとと考える方も多くいると思います。
しかし、今回は映画の挿入歌ということもあり、クラシックの概念が覆るかもしれません。
映画好きの方なら尚更ですね。
映画にぴったりのクラシックですので、一度聴いてみてください。

【マチネの終わり】のロケ地は?

様々な場所が映画の中で登場しますが、注目したいのは飛行場です。
旅行が趣味の方はもしかしたら気づいたかもしれませんが、【羽田空港】にてロケが行われていたそうです。
凄いですね、キャストが豪華ですからかなり厳密な警備の中ロケが行われていたことでしょう。

 

(まとめ)

 

今回の映画は一言でいうと【大人】な雰囲気の映画となっています。
是非、カップルで見ていただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました