真夜中の五分前・自身の想像で完結。三浦春馬主演の作品あらすじネタバレ

ラブストーリー映画

 

映画「真夜中の五分前」予告篇

 

どっちが生き残る?【真夜中の五分前】自身の想像で完結。三浦春馬主演の作品あらすじネタバレ

 

 

真夜中の五分前 作品情報・キャスト

 

 

三浦春馬(リョウ)
リウ・シーシー(ルオラン/ルーメイ)
チャン・シャオチュアン(ティエルン)

こちらの映画は2014年に放映された作品であり、日中共同制作映画となっています。
なにかと、双方で揉め事が大きくなってしまう国同士ですが、どうせなら映画のように仲良くしていただきたいですね。
今回日本のキャストは、三浦春馬さんです。
どんな役柄も似合う彼ですが、今回の映画はどんな役柄にチャレンジしてくれるのか注目していただけたらと思います。

 

真夜中の5分前 あらすじとネタバレ!

 

 

主人公のリュウには、大事な恋人がいました。
しかし、彼女はもうこの世に存在しません。
彼は今でもこの悲しみから抜け出すことができず、人との関わりすら避けています。
そんな中、時計職人として働いていると店にルオランという女性が時計を人にプレゼントしたいと来店します。
彼は、その女性に心惹かれるのです。
しばらくすると、彼女には双子であるルーメイという妹がいると言われます。
彼女の職業は女優ですが、有名な彼女ですから彼にはわかりません。

いつのまにかリュウとルオランは付き合っています。
しかし、リュウは待ち合わせ場所に5分遅れてつくのです。
その理由を聞くとなくなった恋人が五分前に時計を合わせていたことを知るのです。
彼自身も彼女と同じ五分前を進んでいるのだと。
そして、ルオランに5分前にセットされた時計を渡すのです。
彼にとっては、ラブレター同然の行動でした。

ルオランとルーメイは仲は良いものの、性格はことなります。
ルーメイはずる賢く、顔が似ていることをいいことに罪をなすりつけていました。
ある日のこと、旅行にいく姉妹でしたが事故にあい
ルオランが亡くなってしまいます。
リュウは悲しみの日々を送りますが、この事故から一年後ティエルンから連絡がはいります。
彼は、妹ルーメイの彼氏でしたが結婚したものの実はルオランなのではないか?と疑いがあるというのです。
その為、リュウに確認して欲しいと伝えます。
リュウの前に現れたルーメイは、あの時のままのルーメイであり、ルオランかルーメイかわかりません。
そしてティエルンは彼女のもとから離れます。
愛すことができなくなってしまったのです。
彼女は悲しみにふれ、リュウはルーメイのそばにいます。
彼女自身がどちらなのかわかっていないのではないか?
リュウの中でそんな気持ちがうかびます。
ルーメイと共に、彼女たちがよった教会に足を運ぶとなぜかリュウが渡した時計がそこにはありました。

 

真夜中の5分前 結末

 

その時計をみたルーメイの様子がかわり、ネックレスと時計を入れ替えます。
夜中、ルーメイと思われる女性がかれの時計店に、そっと入り、時計を置きでていきます。

リュウは気づき追いますがすでに彼女の姿はありません。
手元に戻された時計は、5分前の時間ではなく時をしっかりと刻んでいました。

 

真夜中の5分前 感想

 

タイトルにもつけさせていただいた通り、どちらが生き残ったのかはっきりとわからない結末となっています。
実は、この映画を放映された日からこの謎についてはネット上でもアップされるほどです。
双子ゆえにどちらか判断できず、日常的に交換していたなら尚更わかりにくいです。
今回の結末はじしんで考えたものが結末となりそうですが、個人的にはルーメイがなくなってルオランが生き抜いたのではないかと思います。
ずっと一緒にいた恋人がルーメイではないと思うわけですから尚更です。
リュウは少しの間離れていたわけですし、判断つかなくても仕方ないですね。
それから疑問点は、教会です。
なぜ、リュウからもらった時計がおいてあったのか?
もしかしたら事故ではなく、二人で亡くなるつもりだったのか?
など、様々な想像をしてしまいます。
まず教会に旅行前にいったこともわからぬままです。
自分なりの映画完結をしてみてください。
私の中では、ルオランがルーメイとして生きることをきめたという結末にかんじました。

 

 

真夜中の5分前 ロケ地は?

 

 

中国と日本が行き来しながらの撮影であったことが伝えられていますが、やはり気になるのは三浦春馬さん演じるリュウの時計店です。
南京西路近くのお店だそうで実際には時計屋さんではないとのことです。
おもむきある時計やさんですし、できることなら一度足を運んでいきたいですね。
国外では上海にて撮影が行われたようで、素晴らしい映画となっています。
今あまり双方で良いニュースがありませんから、できたら楽しい映画で双方仲良くなってほしいですね。

 

(まとめ)

 

日本と中国という二つの国からできたストーリーですが、是非たのしんでいただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました