竹内結子主演サイドカーに犬の公式上映見逃しを無料で動画配信フル視聴する方法あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

映画「サイドカーに犬」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

全話まとめて観たい

 

カット・CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

映画 「サイドカーに犬」 特報

映画『サイドカーに犬』を無料で視聴する方法は?

映画「サイドカーに犬」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【U-NEXT】では初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

竹内か

 

 

 

U-NEXTで配信中!竹内結子さん出演作!

⇩  ⇩  ⇩

 

◆コンフィデンスマンJPロマンス編 ☆
◆クリーピー偽りの隣人
◆長いお別れ ☆
◆ステキな金縛り
◆いま、会いにゆきます
◆残穢
◆イノセント・デイズ
◆ジェネラル・ルージュの凱旋
◆リング
◆ストロベリーナイト
◆三谷幸喜『大空港2013』
◆クローズド・ノート
◆ミッドナイトイーグル
◆サイドカーに犬
◆天国の本屋~恋火
◆あすか総集編 ☆

☆:レンタル作品
※2020年10月時点のものです。

 

映画「サイドカーに犬」あらすじネタバレあり

母の家出、ヨーコとの出会い

不動産会社で働く薫は小学生の少女と触れ合ううちに二十年前の夏に起きた母良子の家出を思い出す。

母が家を出ていくと、薫の前に父の知り合いだというヨーコという若い女が現れる。

薫は最初戸惑いながらも、晩御飯を作ってくれるというヨーコの買い物に付いて行きます。

薫には颯爽と自転車に乗るヨーコがカッコよく見えた。

ヨーコとの日々

その日からヨーコは薫たち家族の晩御飯を作りにくるようになる。

父の仕事場に置いてあるサイドカーの付いたオートバイは薫と透にとって憧れです。

薫は家出した母がいつ帰ってくるか心配しますが、透はお菓子を沢山買ってくれるヨーコが母親でもいいと言い出す。

ーコは自転車に乗れない薫のことを気にかけて、練習に付き合ってくれるようになる。

ヨーコはどこに住んでいるかも普段何をしているかも薫は知りませんでしたが、母とは違う魅力を持ったヨーコに惹かれ、徐々に打ち解けていった。あ

る夜友人に盗難車を売りつけクレームを付けられた父とヨーコが口論になり、険悪な雰囲気が流れる。

二人の顔色をうかがう薫の様子を気にしたヨーコは、夜の散歩に薫を誘い出す。

ヨーコは犬のように人に従う生き方と人を従わせる生き方のどちらがいいか薫に尋ねる。

薫はサイドカーに犬が乗っているのを見た時のことを思い出し、あのサイドカーに乗れるなら犬になってもいいと無邪気に答える。

それを聞いたヨーコは店に置いてあるサイドカーで迎えにくるように誠に電話し、薫は念願のサイドカーに乗ることができた。

ヨーコとの別れ

ヨーコは誠から吉村と会ったことを咎められ、もう食事を作りにこなくていいと言われてしまう。

父と透が買い物に出かけると、ヨーコは初めて薫の前で涙を見せた。

誠からの手切れ金を手にしたヨーコは、夏休みに付き合ってと薫を旅に連れ出す。

伊豆の海にやってきた二人、薫は浜辺で絵を書いたり、ヨーコは貝を拾ったりと夏休みを楽しむ。

そして地元の中年男性の好意に甘えて、家に泊めてもらうことにする。

ヨーコと薫がアパートに戻ってくると、家出していた母良子が帰ってきていた。
そして良子はヨーコの姿を見るなり彼女を責め、やがて二人は取っ組み合いの喧嘩を始めます。
 
母をつき飛ばし、泣きながら出ていくヨーコの後を薫が追おうとする。
 
ヨーコは薫のことが好きだったと告げて去っていく。
 
薫は父と離婚することになった母とともに、山形で暮らすことになる。
 
30歳を迎えようとしている薫は、弟の透からヨーコが住んでいたというアパートの場所を教えてもらいます。薫は自転車ヨーコのいた町を訪ねてみると、アパートはすでになくなっており、薫はヨーコと一緒に自転車で走った夏の日のことを懐かしく思い出すのだった。

映画「サイドカーに犬」スタッフ&キャスト

製作国

日本

 

監督

根岸吉太郎

 

脚本

田中晶子

真辺克彦

 

原作

長嶋有

 

製作総指揮

大木達哉

 

出演

 

竹内結子

 

古田新太

 

松本花奈

 

鈴木砂羽

 

椎名桔平

 

樹木希林

映画「サイドカーに犬」世間の感想

 

 

大好きな映画
どうしても今日観たく観る

ヨーコさんと内向的な少女のひと夏の冒険

麦チョコをカゴに放り込むヨーコさん
くわえ煙草で太宰を読むヨーコさん
ケーキを頬張り涙ぐむヨーコさん

サイクリングカーで颯爽と風を切り
去っていったヨーコさん
素敵な笑顔を残して

彼女は永遠にヨーコさんなのだな
永遠なのは寂しいが彼女の選択だと言い聞かせる
またいつか観ると思う、きっとまた

竹内結子様
安らかにお眠りください

 

こないだの地上波でも見たのにちゃんとレビュー出来てなかったけどコンフィデンスマン、ドラマ見てなかったのに映画館でも見た思い出。

どんでん返しが面白かったな!!ジェシーのイケメンっぷりに、訃報の後でしんみり見始めたのにやっぱり普通にかっこよすぎてテンションあがりました。騙されてみたい・・・・・

ダー子みたいな振り切った女に私もなりたいよ。笑

竹内結子さん、三浦春馬くんずっとこれからも素晴らしい俳優さんです。

 

 

当時この主題歌をよくピアノで弾いてた🎹
不機嫌なジーンからクローズドノートまで思い出深いので悲しい

再掲です。申し訳ありません💦

私はこの映画の竹内結子が好きだ。自由なようで自由じゃないような。「ハードボイルド」な薫が好きだ。青いパパイヤの香り、のムイちゃんを思い出す。周りを見つめる透明な目。
ヨーコさんは薫の色々なところに気づく。薫の生きてきた世界の殻をちょっとだけ割ってみせる。笑う。泣く。怒る。美しい。可愛らしい。
‥だから、悲しい。役者さんは感受性が豊かな人が多いんだろうか。この今のコロナ禍がやはり影響しているんだろうか。

ヨーコさんは言う。
人は正直であろうとすると無口になるって何かで読んだ。でもなかなかみんなそうはなれない。だから私は薫を尊敬するよ。

嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになる方が難しいね。

以下は以前のレビューです。

原作が先か、映画が先か忘れましたが、両方とも良かったです。
奔放な父、家を出る母、姉弟、父の愛人。
姉目線で、母とはちょっと違うけれど、いいひとな洋子さんとのひと夏の交流が描かれます。
私の中で、結構原作と映画が溶け合ってしまっていて、完全に映画だけの評価なのかわかりませんが、竹内結子、魅力的です。
お母さんはカレー皿にはカレー、お菓子皿にはお菓子しか入れないと決めていたのに、カレー皿に麦チョコを入れたから姉はびっくりする。自由な洋子さん。
冷静に淡々と大人たちを見ている姉。といっても変にませているわけではなく、子どもとしての目線で。家庭環境としてはドロドロなはずですが、原作も映画もそんなことありません。
原作にはなかったと思いますが、海がきれいです。

原作で、薫が思います。

あのときの洋子さんのような、母の平手打ちにも怯まず、(中略)他人を不幸に巻き込んでしまうような恋もしていないし、傷ついたことさえない。(中略)そろそろなんじゃないか、という気がする。

長嶋有の小説の世界観が完璧すぎるので実写難しいなとミムラのシーンでは思っていたが、のちの竹内結子のヨーコさんの魅力でグイグイ引っ張っていかれた

まとめ

 

映画「サイドカーに犬」はU-NEXTで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました