ノーサイド・ゲームの公式見逃し動画配信をDVD以外で無料フル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想

邦画

テレビドラマ『ノーサイドゲーム』を”見逃した!”という人や”カット・CMなしで観たい!”

という人に無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

 

 

『ノーサイド・ゲーム』特別編 第1夜 4/26(日) ラグビーイヤーの感動 再び!!【TBS】

 

●見逃した作品・過去の作品が観たい

 

●まとめて全話観たい

 

●CMなし、高画質で観たい

 

●特にドラマが観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

ドラマ「ノーサイド」

フル動画はParavi(パラビ)で配信中です!

初回登録は2週間無料体験が付いています!

 

 

 

『ノーサイド』を無料で視聴する方法は?

ドラマ「ノーサイド」は、動画配信サービス【Paravi】で配信中です!!

そこで【Paravi】は聞いたことがあるけど、どんなサービスなのかわからない人のために簡単にまとめました。

 

 

『ノーサイド』ドラマ観るならParavi!

【Paravi】は国内ドラマ、国内映画、アニメ、バラエティ、音楽・ステージなどの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1,071円ですが、毎月500円分のチケットがもらえますので、実質571円で楽しめます。

 

チケットは最新映画やレンタル作品に利用することができます。

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【Paravi】では初回登録の場合、《2週間の無料体験》を実施しています。

無料体験中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずにお試し利用ができるのです。

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

 

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

 

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

 

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

 

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

 

⑥PC/スマホ/タブレット/テレビで対応可能!

 

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

 

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!

無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

『ノーサイド』あらすじ

1話 新しいヒーローの誕生

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン君嶋(大泉洋)は

出世頭で幹部候補だったが、上司に反抗して企業買収に異を唱えた結果、左遷

されて、府中工場の総務部長として赴任することになった。

これもサラリーマンの宿命。いやいや赴任先の工場に行くと、トキワ自動車

ラクビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼任するように命じ

られる。かつての強いチームはなく成績不振にあえいでいた。

知識も経験もなくチーム再建の重荷に悩んでいた。

出世を断たしかも成績不振のラグビーチームの再建に奮闘する!

 

2話 サラリーマンは人事が全て!愛ある選択

トキワ自動車ラグビーチームのGM君嶋は大きな危機を迎えていた。

新監督人事に悩んでいたのだ、キャプテンの岸和田からも早く監督を決めるように

いわれるが、経験のない君嶋にはどうしていいのかわからない。

しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英

(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にす

る。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に

監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係

者も知らなかった過去の出来事が関係していた。監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司

の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでい

ると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限

りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

 

3話 涙の大逆転!仲間を信じて奇跡を起こせ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な

数字を分析し黒字への可能性を探る。しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客

の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも

売れなければ黒字化など不可能。さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは

日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣

伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけでは

ない。君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと

提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。他のチームのG

Mたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。府中に戻った君嶋はファン獲得のために

地元に密着した活動をしようと提案する。しかし新しいことを始めるには予算がかかる

ため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決すること

に。数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をク

ラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを

増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。

キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身とも

に疲労し練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・

雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。

 

4話 リストラに負けるな 仲間を信じて戦え!

ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆

也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。それを聞

いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。そして君嶋は以前のツテを使いア

ストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。レギュラー選手たちが写真を撮られている

脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘

志を燃やす。しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。佐々のせいで数

千万円分の取引が破談になったというのだ。彼の言動が「府中グリーンカントリークラ

ブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。佐々は肩を落と

し、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。さらに君嶋にとってショックなこ

とが起きた。あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。そしてこの件は何者

かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。さらに買収を手がけた

滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。君嶋は窮地に立たされる。

 

5話 運命の頂上決戦!涙の大逆転なるか?結果は!

 

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致した

アストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も

高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコ

スト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。しかしこの件がリークされた裏

には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。それに気づいた

君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。そんなある日、滝川が府中工場の視

察にやってきた。滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつも

りなのだ。リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。連勝に沸く選手

たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。津

田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。だが、君嶋の発言にヒントを

得て選手たちに指示を出す。数日後、アストロズはレスリング道場にいた。そしてサイ

クロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼

が殺到していた。これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招い

て両監督の合同記者会見を仕掛ける。

 

6話 本社復帰のチャンス~涙!最後の決断とは

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロ

ズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成でき

なかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役

員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてし

まう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取

り巻く環境は厳しいままだった。数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦

略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削

ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺

れる。自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。や

はりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様G

M会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸

夫)が現れ…。

 

7話 引き抜き!絶体絶命~男の覚悟に大号泣!

アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。スピードとテクニックを誇る七尾だが、

絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。紅白戦では控え組が勝ったとはい

え、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)

は練習でやり込められる日々が続いていた。そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺

裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野

(入江甚儀)の元を訪れていた。以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事

のオイルの関係が気になっていたのだ。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下

教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たとい

う。星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや

君嶋が仰天する情報を伝える。

 

8話  最終章~社長交代で廃部!?涙の反撃開始

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラ

ー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ

不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると

思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。そんな

頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総

務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開

催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自

らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会

話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

 

9話 最終回前~負けたら廃部!怒涛の反撃へ

トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議

が行われていた。経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉

洋)をこの会議に臨席させる。君嶋はある資料を用意していた。一方、今年こそ優勝を

目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控

えに回った。しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的

な戦力アップがなされていた。そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。

 

最終話 涙の決勝戦~逆転に挑む!裏切りか友情か

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一

変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するとい

う。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本

蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。

一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブ

ス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は

練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいっ

たい何者なのか。そして、ついに決戦の日を迎える。

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。そして、ついに決戦の日を迎える。

(TBSサイトより)

 

Paravi

 

「ノーサイドゲーム」キャスト

君嶋隼人:大泉洋

佐倉多英:笹本玲奈

星野信輝:入江甚儀

脇坂賢治:石川禅

吉原欣二:村田雄浩

新堂智也:藤原光博

藤島レナ:阿部純子

中本理彩:山崎紘菜

吉田夏帆:南端まいな

島本博:西郷輝彦

柴門琢磨:大谷亮平

滝川桂一郎:上川隆也(学生時代:溝口琢矢)

岸和田徹:高橋光臣

七尾圭太:眞栄田郷敦

本波寛人:天野義久

浜畑譲:廣瀬俊朗

安西信彦:齊藤祐也

佐々一:林家たま平

友部祐規:コージ(ブリリアン)

里村亮太:佳久創

有馬真吾:村田琳

笠原豪:笠原ゴーフォワード

中本元気:勝山翔

玉木俊太:榎本鉄平

高輪祐太:眞弓葉詩

飯野雄貴:飯野雄貴

西荻崇:田沼広之

岬洋:鶴ヶ﨑好昭

林田公一:株木孝行

立川悟:水本竜弥

端本太郎:端本太郎

大和航平:北川勇次

仲村慎祐:仲村慎祐

伊吹誠介:伊吹誠介

森本竜馬:森本竜馬

石川悠太:石川悠太

秋元太一:板垣悠太

小野勘太:邉津勘太

小西大樹:小西大樹

戸村銀太郎:髙橋銀太郎

岩爪航:岩爪航

井上卓哉:井上卓哉

新井龍一:新井龍一

阿久根潤:阿久根潤

工藤元気:工藤元気

渡辺真也:しんや

君嶋真希:松たか子

君嶋博人:市川右近

君嶋尚人:盛永晶月

津田三郎:渡辺裕之

鍵原誠:松尾諭

富野賢作:佐伯大地

風間有也:中村芝翫(学生時代:中村橋之助])

柴門シオリ:川田裕美

「多むら」の女将:凰稀かなめ

松岡龍一:田代輝

森下章市:辻萬長

青野宏:濱津隆之

苗場章雄:金山一彦

木戸祥助:尾藤イサオ

富永重信:橋幸夫

君嶋隼人:大泉洋     佐倉多英:笹本玲奈

星野信輝:入江甚儀    脇坂賢治:石川禅

吉原欣二:村田雄浩    新堂智也:藤原光博

藤島レナ:阿部純子    中本理彩:山崎紘菜

吉田夏帆:南端まいな   島本博:西郷輝彦

柴門琢磨:大谷亮平    滝川桂一郎:上川隆也(学生時代:溝口琢矢)

岸和田徹:高橋光臣    七尾圭太:眞栄田郷敦

本波寛人:天野義久    浜畑譲:廣瀬俊朗

安西信彦:齊藤祐也    佐々一:林家たま平

友部祐規:コージ(ブリリアン)  里村亮太:佳久創

有馬真吾:村田琳     笠原豪:笠原ゴーフォワード

中本元気:勝山翔     玉木俊太:榎本鉄平

高輪祐太:眞弓葉詩    飯野雄貴:飯野雄貴

西荻崇:田沼広之     岬洋:鶴ヶ﨑好昭

林田公一:株木孝行    立川悟:水本竜弥

端本太郎:端本太郎    大和航平:北川勇次

仲村慎祐:仲村慎祐    伊吹誠介:伊吹誠介

森本竜馬:森本竜馬    石川悠太:石川悠太

秋元太一:板垣悠太

小野勘太:邉津勘太    小西大樹:小西大樹

戸村銀太郎:髙橋銀太郎  岩爪航:岩爪航

井上卓哉:井上卓哉    新井龍一:新井龍一

阿久根潤:阿久根潤    工藤元気:工藤元気

渡辺真也:しんや     君嶋真希:松たか子

君嶋博人:市川右近    君嶋尚人:盛永晶月

津田三郎:渡辺裕之    鍵原誠:松尾諭

富野賢作:佐伯大地    風間有也:中村芝翫(学生時代:中村橋之助])

柴門シオリ:川田裕美  「多むら」の女将:凰稀かなめ

松岡龍一:田代輝     森下章市:辻萬長

青野宏:濱津隆之     苗場章雄:金山一彦

木戸祥助:尾藤イサオ   富永重信:橋幸夫

相関図

みんなの感想

ノーサイド・ゲーム 池井戸潤さんが書かれた小説をTBSがドラマ化しました。経営のプロである主人公が自社のラグビーチームのゼネラルマネージャーとなり弱小チームを立て直していくというのがメインのストーリーとなっています。ストーリーの伏線として社内における人事での対立や企業買収絡みの案件もあって単なるスポーツドラマではなくビジネスの話題もストーリーに関係してくるというのが池井戸作品らしいと感じました。ストーリー序盤は主人公の左遷、ゼネラルマネージャー就任、チームが廃部の危機と展開がめまぐるしいです。また中盤以降にラグビーの熱いプレーが話題の中心になりドラマを見る側の熱量も増していきます。 全話見た感想ですがとても面白いです。世間的に認知度が低くルールも難しそうなラグビーというスポーツを題材にしているのにここまで面白く仕上げるのはさすがだと思いました。米津玄師さんの主題歌もドラマの良いところで流れてきて熱くなった気分をさらに盛り上げてくれます。このドラマをまだ見たことがないという人がいたら是非オススメします。池井戸さんのドラマは決して期待を裏切りません。 (43歳 男性 pukuripo)

本社から工場に左遷された君嶋(大泉洋)が、会社のお荷物状態となっていた弱小ラグビー部の責任者となり、はじめは本社に戻るために嫌々ながら改革に取り組んでいたが、チームメイトやそれに関わる人たちと接していく内に 本気で優勝に向けて邁進して行く様になる。 君嶋もチームも互いに影響を受けながら成長していく過程が熱い。ラグビーシーンは演者の大半がラグビー経験者ということもあって、手に汗握る迫真の場面の連続となっています。日本代表にも選ばれた、ラグビーの選手である廣瀬さんが演じる浜畑は、「挫折したもの達の再生の物語」とも言える本作において 最も重要なキーパーソンとなっており、 正直、朴訥な台詞回しは上手いとは言い難いですが、 この作品では逆に物語に味や深みを与えています。他の池井戸作品同様、基本的には勧善懲悪モノと言えますが、最大の悪役だった、滝川(上川隆也)にも強く焦点が当てられており、そちらも注目です。社会に揉まれている内にいつのまにか 忘れがちな原点や熱意・・・そういった大切な感情を再び燃え上がらせてくれる大人の為の熱血企業・スポコンドラマと言えます。「半沢直樹」にも負けない必見の名作です。

昨今では突出した泣けるドラマであり最終話が近くなるにつれその涙が増幅されること必至のドラマでした。大泉洋さんと浜畑さんの好演っぷりがすごく、その涙を助長しているのではないかと思われます。ラグビーというスポーツ根性と最近は縁遠い人も多いのかもしれませんが、改めて感動作の原点に戻ると言ったようなことができる感動をそそるスポーツ根性ドラマであり、靭帯損傷しながら戦っている姿は涙なしでは見られませんでした。一人一人が自分のポジションを守るべく奮闘しているのが手に取るように伝わり、頑張っているさまが伝わってきます。大泉洋の演技力は底知れぬものがあると感じられる作品であり、彼なくしてはこの感動は得られなかったと私自身正直に評価せざるを得ないと思いました。せざるを得ないというのは彼自身をあまり好きとは思えなかったことに起因しています。面白い俳優がでしゃばりすぎてその面白さにおいて芸人を回っているといったようなところ、元々は芸人だからと言う人がいるかもしれませんが、彼自身は劇団出身であり紛れもない俳優なのです。とにかく彼なしではこのドラマはこれほど感涙する作品にはならなかったのだと言えます。

大泉洋が演ずるラグビー部のサクセスストーリーはとても見ていて気持ちが良かったです。左遷されて工場の総務部長とラグビー部のアストロズのゼネラルマネージャーに就任します。大泉はラグビーに関しては全くの素人で、気性の激しいラグビー選手をどう纏めるかが、最初の見どころでした。大泉の熱い仕事への情熱を感じ取ったメンバーは、やがて彼をゼネラルマネージャーとして認めます。あの泥の中で、スーツを台無しにするほどラグビーの練習にチャレンジします。そのシーンに本当に泣けました。それがあったので、最後まで見続けることができました。確かに選手はクセのある人間たちばかりですが、その一人ひとりと心を結んで行く姿は、男の中の男と思いました。仕事についても能力を発揮し、いずれ彼は本社に帰るわけですが、そのあいだにアストロズを一流のチームに仕上げてます。その努力する姿に感動します。とても元気がもらえました。あと妻役の松たか子にも癒されました。鬼嫁のようでちゃんと大泉を支えて、立派に仕事をさせるところ、妻の鏡ですね。ちょっと言葉が強いですが、松の良妻賢母に拍手です。

ドラマ「ノーサイドゲーム」の感想ですが、池井戸潤氏の同名の小説のドラマ版の作品ですが、私としてはなかなか面白く見られた作品でした。 その一番の理由として挙げられるのは企業ドラマとスポーツドラマをうまく融合させていることにあります。 主人公の君嶋隼人(演:大泉洋)は経営戦略室に勤務してきた実績のあるエリートサラリーマンですが、ラグビーの方は全くの素人です。 その彼が企業買収の件で上司に逆らって左遷され、その自分と会社から無用の長物扱いをされているラグビー部とともに這い上がっていこうとするというストーリー展開はなかなか興味深いものがありました。 最初から最後まで飽きることなく見られた作品だったと感じます。 キャスティングの方に目を向けてみますと、ラグビーの元日本代表選手の廣瀬俊朗さんを始めとしたラグビー経験者を多く起用したことにより、リアリティのある試合の映像が見られた感じがあります。 またこのドラマ作品の放映時期がラグビーのワールドカップの開催の直前だったこともあって、盛り上がりに一役買っていたと感じます。 フォワードの選手たちの映像がもっとあればさらに良かった作品です。

タイトル「 面白いラグビーのドラマ」39歳女性、匿名さん 感想 私はラグビーには全く詳しくありません。むしろ全く素人なのでこのドラマを見て面白いと思えるか、最初は少し不安でした。でもドラマを見ていくうちにどんどんドラマの中のラグビーの魅力にはまっていきました。主人公は嫌々ながらに出向した先で、ラグビーに出会います。ラグビーは全く費用対効果にそぐわない会社のお荷物なので、削減しようとしますが、その素晴らしさやメンバーの熱い思いに心動かされ、主人公もどんどんラグビーの魅力にはまっていきます。ど素人の主人公がタックルをしようと泣きながら雨の中選手に当たっていく姿は、感動で泣けるほどです。何にでもあきらめず、最後まで取り組もうとする主人公の姿に、ラグビーチームのメンバーも心を開き、最後は目標の優勝を勝ち取り、最高の高揚感を与えてくれます。とにかく見ていてすかっとする面白いドラマなので、ラグビーが詳しくない人にもとてもオススメです。奥さんがずっとクールな役柄なのに、主人公の様子を見てだんだんラグビーに興味を持っていく様子も、とても面白かったです。

 

 

 

 

Paravi

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました