ハリー・ポッターと賢者の石映画の見逃しを無料で動画配信フル視聴する方法!10月23日金曜ロードショー作品!

洋画

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」を”見逃してしまった!”

 

いう人や”カット・CMなしで観たい”という人に無料でフル視聴する方法

 

あらすじ・キャスト・感想をまとめてみました!

 

見逃した作品、過去の作品が観たい

 

全話まとめて観たい

 

カット・CMなし、高画質で観たい

 

こんな人たちにピッタリの動画配信サービスをご紹介します!!

 

ハリー・ポッターと賢者の石【予告編】

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を無料で視聴する方法は?

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」

フル動画はU-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

無料期間が最長の31日間 

(無料期間中の解約もOK!)

無料トライアルとは
申込みから31日間、基本料金が無料で試せるキャンペーンです。
また、加入特典としてU-NEXTポイントをプレゼントしているので、レンタル
作品も楽しめます。
もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。
「31日間無料トライアル」はこちらから登録いただけます。
※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額基本料金が発生します。

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、アニメ、バラエティ、雑誌など様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます。

 

ポイントは新作映画や新作ドラマ、漫画などの有料コンテンツに利用できます。

 

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【U-NEXT】では初回登録の場合《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています。

 

無料トライアル中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずお試しができるのです。

 

U-NEXTの特徴

①見放題作品数No.1!!

 

 

U-NEXTより引用

 

U-NEXTより引用

 

 

②新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

 

 

③NHKオンデマンド作品あり

 

(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

 

U-NEXTより引用

 

 

④80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

 

⑤毎月1200円分のポイントが付与!

有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!

 

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑥追加チャージで最大40%ポイント還元

 

 

U-NEXTより引用

 

 

⑦最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

 

⑧ダウンロード機能アリ

 

 

⑨マルチデバイス対応

 

 

⑩高画質&高音質

 

 

登録はこちら

 

☟ ☟ ☟ ☟

 

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

 

 

【U-NEXT簡単な登録方法の手順】

 

 

【U-NEXT解約・退会の手順方法】

 

 

 

 

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」あらすじネタバレあり

 ホグワーツ魔術学校へ

ハリー・ポッターは10年前に両親を失い、母の妹ダーズリー夫妻の元に預けられていたが、ハリーは叔母一家からは虫けらのように虐げられ、こき使われていた。

そんな中、11歳の誕生日を迎えたハリーの元に手紙が届くのだがそれはホグワーツ魔法魔術学校からの入学許可証だった。

叔母夫妻はどうしてもハリーをホグワーツへは行かせたくなかったが、ハリーの元にホグワーツの森番をしているという大男ハグリッドが現れ、叔母夫婦がひた隠しにしていたハリーの出生の秘密を明かす。

ハリーの両親は高名な魔法使いだったが10年前に闇の帝王ヴォルデモート卿に殺害されており、唯一生き残ったハリーは魔法界では知る人ぞ知る存在だった。

自分にも魔法使いの血が流れていることを知ったハリーはホグワーツへの入学を決意、ロンドンのキングズ・クロス駅からホグワーツ特急に乗り込む。

友との出会い

ハリーは汽車の中で少年ロンと少女ハーマイオニーと知り合い、意気投合する。

入学式では新入生は4つの寮に振り分けられ、ハリーとロン、ハーマイオニーはグリフィンドール寮で共同生活を送ることになる。

ホグワーツのダンブルドア校長は新入生に対して「禁じられた森」には入らないこと、そして4階には決して行かないことを約束させる。

 決意

ある日、うっかり立入禁止の4階に立ち入ってしまったハリーとロン、ハーマイオニーは、3つの頭を持つ番犬が謎の隠し扉を守っているのを目撃する。

ハリーはその事をハグリッドに話すと、ハグリッドはニコラス・フラメイなる人物の名を口にする。

ニコラスとは、あらゆる金属を黄金に変え、飲めば不老不死の力を得ることのできる“生命の水”を生み出すことのできる“賢者の石”を作った人物であり、ハリーたちは番犬たちが守っているのは賢者の石に間違いないと確信。

そしてハリーたちはスネイプが“闇の魔術に対する防衛術”の教師クィレルを脅すところを目撃、スネイプは賢者の石を狙っていると考えたハリーたちはダンブルドア校長に相談しようとするもあいにくの留守であり、ハリーたちは自分たちの力で賢者の石を守ろうと決意する・・・・。

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」スタッフ&キャスト

製作国

イギリス・アメリカ

 

監督

クリス・コロンバス

 

脚本

スティーブ・クローブス

 

製作

マーク・ラドクリフ

 

デヴィッド・ハイマン

 

マイケル・バーナサン

 

ダンカン・ヘンダーソン

 

製作総指揮

 

クリス・コロンバス

 

出演

ダニエル・ラドクリフ

 

ルパード・グリント

 

エマ・ワトソン

 

ジョン・クリーズ

 

ロビー・コルトレーン

 

リチャード・グリフィス

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」世間の感想

 

今までなかなか手をつけられなかったシリーズの第1作目をようやく観ることができた。
約2時間半という長い時間ではあるが、ハリー達が「賢者の石」の秘密を巡って様々なバトルを繰り広げながら成長していく過程が観客を飽きさせない。が、スネイプ先生が怪しすぎて黒幕はなんとなく予想ができる。
続編が気になる!!

 

素直に面白かった!魔法学校なんて楽しそう、、、
ハリーポッター最初は酷い扱いされてたの知らなかった。ほんとはとても優秀なのね。

賢者の石を守ろうと子供たちが動いたのはなんでわざわざ?と思ってしまったけど、大まかなストーリーとしては良かった。
ヴォルデモート怖い、、、笑
首三つの犬が小さい頃トラウマだったなあ。あと薔薇に巻き付かれるとこも。

みんな小さいのに演技がうまくてすごい。

 

 

先月からハリーポッターが見たくて見たくて、ついに見た。

昔からハリーポッター好きで何度も見ていたけど、今回久々に見て、見方が変わっている自分がいて驚いた。

例えば、ホグワーツの先生たちが、ハリーばっかり贔屓しているのにもやもやしたり。(いや、主人公だからそうなるんだけどさ笑)
地下室でハリー、ロン、ハーマイオニーがチェスをしてるシーンでロンが乗っていたナイトの像が壊されてロンが気絶するシーンの時に、「えっ、ロン最初からナイトの像に乗ってなかったら良かったんじゃ?」という冷静なツッコミをしてしまったり。
最後、学年末に一位の寮を決めるっていう時に、最初スリザリンが一位って発表されてたのに、ダンブルドアが「駆け込みで点数を稼いだ者がいる」って言って、結局グリフィンドールが一位になって。「え、その小細工いる?ぬか喜びさせられてスリザリンの人かわいそうじゃない?」ってなったり笑

昔の、素直な、純粋に楽しんでいた自分はどこに行ってしまったんだろう。ファンタジーを楽しむ子供心みたいなものが無くなってしまったのかなあ。。

久々に見てモヤっとしたけれど、やっぱり続きは観たいので、9月は自主ハリーポッター鑑賞祭りを開催したいと思います笑

ハリー可愛いです。
マギースミスさん美しいです。
列車の中でロンとお菓子を食べるとこが楽しいです。
ハーマイオニー本で調べてたんだな偉いなと思いました。
自分だけマグルだからハーマイオニーは劣等感を感じていたかもしれないです。のち魔法大臣になるほどの人がです。
スネイプ教授は原作よりハンサムですね。良いです。
ハリーが若くて、自分が偉大な魔法使いであること、両親もそうであったことを徐々に知り始める
お母さんは愛を持ってハリーを守り、愛のおかげでヴォルデモートに勝つことができた
愛とお金でよく比較する人間がいるがこの2つは同じ土俵に立つべきものではないほど、愛のパワーは偉大だと思う

まとめ

 

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」はU-NEXTで配信中です!

 

見逃した人は是非チェックしてみて下さい!

 

 

U-NEXT公式サイト31日間の無料お試しはこちら

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました