大恋愛~僕を忘れる君と【ドラマ】1話から最終回までの公式見逃し動画配信を無料でフル視聴|DVD以外でみる方法!あらすじ・キャスト・感想

国内ドラマ

『大恋愛~僕を忘れる君と』1話から最終回までを今すぐに

みれるよ!

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』はparavi初回登録で2週間無料で観れるなんてラッキー!

paraviの初回登録で2週間無料の簡単な登録方法

『大恋愛~僕を忘れる君と』はparaviがオススメ!

 

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!

無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

初回登録2週間無料!

 

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』視聴する方法!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は、動画配信サービス【Paravi】で配信中です!!

そこで【Paravi】は聞いたことがあるけど、どんなサービスなのかわからない人のために簡単にまとめました。

 

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』ドラマ観るならParavi!

【Paravi】は国内ドラマ、国内映画、アニメ、バラエティ、音楽・ステージなどの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです。

 

月額1,071円ですが、毎月500円分のチケットがもらえますので、実質571円で楽しめます。

 

チケットは最新映画やレンタル作品に利用することができます。

初めて登録するのが不安という人にも安心!

 

【Paravi】では初回登録の場合、《2週間の無料体験》を実施しています。

無料体験中にボタン一つで解約できるので、1円も払わずにお試し利用ができるのです。

Paraviの特徴

 

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレット/テレビで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

初回2週間無料お試し体験あり

Paravi

大恋愛~僕を忘れる君と1話から最終回までのあらすじ

1話 あなたを忘れない!10年間の愛の物語。。。これは神がくれた最後の恋!
母のレディースクリニックで働く医師として働いていた、将来有望な医師とお見合いをして、婚約。プライベートも順風満帆だ。結婚式まであと1カ月と迫ったある日。
尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男と運命的な出会いをする。
婚約中の医師と、引越し屋のアルバイト。一見、不釣合いな二人に見えた。
だが、真司こそが尚の追い求めていた人だった…

2話 どんな君でも一緒にいたい!最後にくれた愛の告白!
真司(ムロツヨシ)のアパートへ急ぐ途中、交通事故に遭ってしまった尚(戸田恵梨香)。病院へ運ばれ検査するも、幸い大きなケガはなかった。だが、偶然、尚のMRIを目にした侑市(松岡昌宏)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた・・・。交通事故に遭ったことなど気にしていない様子の尚が、真司と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入り会う約束をする。結婚を自分勝手に破談にしてしまったことに負い目を感じていた尚だったが、侑市がまさか自分の脳に起こっている異変に気付いたとは思ってもいなかった。 翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。 一方、尚の母・薫(草刈民代)は一人で真司のアパートを訪ねていた。そして「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡し…。
3話 ひどい女でも好きなんだ!貯金12万円の俺にできる事!
自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白した尚(戸田恵梨香)。 尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいた。 真司と一緒に暮らすことになった尚は、自分の貯金で古くて狭い真司のアパートから、新しいマンションへ引っ越したいと言い出す。 お金には困ったことのない尚の価値観に戸惑いを隠せない真司だったが、ようやく二人の関係を許すことにした薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことに。 そんな中、尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねるが…。 一方尚は、病気になった以上、これまでのようには診察を続けられないと薫に申し出る。 侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめ…。
4話 運命の相手!
侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。 病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。 だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。 名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。 一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。 真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。 そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。
5話永遠の愛を誓う日・・生きててよかった・・私幸せです
尚(戸田恵梨香)に、「別れよう」と伝えた真司(ムロツヨシ)。それは、尚の病気のことを考えて出した、苦渋の決断だった。 娘の様子を見て心配した薫(草刈民代)は、事情を聞こうと真司のもとを訪れるが・・・。 尚と顔を合わせたくない真司は、木村(富澤たけし)の計らいでバイト先の倉庫に泊まることに。 尚は、どうにかして真司と話そうと、バイト先を訪れるが、真司に気を使った木村が追い返してしまうのだった。 メールを送っても真司が待ち合わせに現れることはなく、尚はいつもの居酒屋で一人ぼっち。 そして、真司から尚宛ての宅配便が届いたある日、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていた。 それから、9か月後・・・。
6話 新婚生活スタート!絶好調な二人に忍び寄る影・・
素直な気持ちを伝え合い、ついに結婚した尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。 周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げたのもつかの間、二人の行く手に新たな脅威が迫っていた。新居に引越し、新生活をはじめた尚と真司。 ある日二人は、病院で松尾公平(小池徹平)と出会う。 若年性アルツハイマー病患者である公平は、病気が発覚した途端妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた。 一見、子供好きで笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた。 一方、真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げる。 尚は「無理だと思う」と伝えるが、迷いもあって・・・。 そんな中、尚は侑市(松岡昌宏)の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。
7話 あなたの子供が生みたい!夫婦の愛が深まる日
真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子で…。 失神の原因はわからないと言う侑市(松岡昌宏)に食ってかかる真司を、薫(草刈民代)がなだめるのだった。 大事なときに一緒にいられなかったと悔やむ真司。 翌朝、尚は、公平とのキスも、真司を認識できなかったこともすっかり忘れてしまっていた。 真司は公平を問い詰め、警告するが…。 そんな中、真司は小説の続編を書く決心をする。 一方、尚は、症状が改善されたらこどもを産みたいと侑市に相談するが、帰宅するとそんな話をしたことも忘れてしまっていて…。
8話 悪魔の手から妻を救え!これが私たち二人の愛のカタチ
だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。 産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々。一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せ、ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承せず…。 そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行く。 子どもには断固反対していたはずの薫だったが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。 その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。 本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼いていた。 尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。
9話 この毎日が奇跡!妻を笑わせる事が僕の仕事
努力の甲斐もあり、ついに尚(戸田恵梨香)が妊娠! 真司(ムロツヨシ)に早く伝えたいと嬉しさいっぱいで自宅に帰宅するが、水野(木南晴夏)が来ていて、ドアの外から声を掛けることができない。 尚は、病気の自分と水野を比べ、真司の仕事を支えられないことに落ち込むが、「自分にしかできないことがある」と妊娠を報告する。 妊娠を喜んだ夫婦は、尚がお腹の子を気遣えるように「尚は妊娠中」という紙を家中に貼ってまわる。 一方、薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)の関係にも進展が・・・。物語は新たなステージへ進んでいく。
最終回 君には絶対、絶対僕なんだ、これは神様がくれた最後の奇跡
家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚(戸田恵梨香)。真司(ムロツヨシ)は警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)も駆けつけ、病院にも尚の行方を確認するが情報はなく…。 真司は、自分が怒鳴ったから尚が混乱してしまったのではないかと自分を責める。それから8ヶ月。 未だ見つからない尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で、薫が情報提供を呼びかけることに…。 “10年間の愛の物語”がついに完結! ラストに起こる温かな奇跡をお見逃しなく!!
公式より

 

大恋愛~僕を忘れる君とキャスト

 間宮 尚役     戸田恵梨香
 間宮真司役     ムロツヨシ
 木村明男役     富澤たけし(サンドウィッチマン)
 小川翔太役     杉野遥亮
 石田ミル役     小篠恵奈
 渡部伸夫役     長谷川朝晴
 水野明美役     木南晴夏
 松尾公平役     小池徹平
 沢田柚香役     黒川智花
 井原誠一郎役    橋爪淳
 井原千賀子役    夏樹陽子
 北澤薫役      草刈民代
 井原侑市役     松岡昌宏

大恋愛~僕を忘れる君と相関図

 

 

 

 

大恋愛~僕を忘れる君と感想

「胸がキュッとなる」大恋愛~僕を忘れる君とは、思わずいろんな感情になります。尚がいままでできていたことが、少しずつできなくなっていくのは切なかったです。自分では理解しているけど、思うようにいかない現実は辛いなと感じます。そんな中でも真司はいつもそばにいたのがやさしいなと思います。どんな尚でも受け止めてくれて、穏やかでいてくれる真司がかっこよかったです。尚のことを本当に大切に想っているのが伝わってきます。また二人でいるところは、いつも仲良しでラブラブなのが印象的です。お互い全力で笑ったりしていたのは、まさに理想だなと感じます。さらに尚が真司の前からいなくなったのは驚きました。尚の中でも複雑な気持ちが交錯していたような気がします。二人が再会した時も、真司は変わらず尚にやさしく接していたのがさすがです。尚の頭のどこかに真司の存在が、少しでも残っていたらいいなと思えるところが素敵です。大切な人を想う気持ちは、すごく繊細でありいつまでも変わらないのが良かったです。大きな愛を感じることができる作品です。24・女性・まる

まず、戸田恵梨香さんの演技力に圧倒された作品でした。最初の、まだ発病していない段階の天真爛漫で活発な成人女性から、だんだんと症状が進み体の機能も衰え、後半には大好きな夫の顔も名前も思い出せないほど生気がなくなった姿。このギャップが心打たれ、見終わった後も胸が苦しくなるほどでした。内容に関しては、主人公の間宮尚は比較的恵まれていた環境にありましたが、病気自体の進行の仕方や、本人を取り巻く家族や周囲が受ける影響、重度になったときの状態がかなりリアルに描かれていました。小池撤平さんが演じていた同じ病気の役の方が、一般的で現実的なのかな、と思いました。症状だけでなく、病気になったことへの辛さ、悔しさ、無念さをどこかにぶつけたいといった人間のリアルな心が描かれていました。間宮尚は、夫の真司と燃えるような恋愛をして結婚し、仕事も一生懸命取り組み、夫を小説家への道に導いた。とても短い人生だったけれど、無念だけれども、とても幸せな人生を送っていたのではないかと思いました。本当に自分の身に置き換えて色々なことを考えさせられるドラマです。

結構ドラマとかでふざけた役が多かったムロツヨシさんが真剣な表情で素晴らしく素敵な恋愛ドラマをしているのに、すごく感動しましたし今まで思わなかったけどかっこいいなとまで思いました。戸田さんとムロさんが醸し出すいい感じのカップルの雰囲気とか楽しそうな雰囲気とかが最高で、ずっとこの二人が話しているのとか遊んでいるところを見ていたいなと思える作品でした。普通に考えてあんなに彼女思いな彼氏が羨ましかったし、その彼女が記憶をなくしてしまう病気だとしても嫌いにならずむしろ離れていくのを必死にとめたり追いかけたりする姿にすごく心がうたれました。こんな風に自分がダメだと思ったり離れないといけない、相手が幸せになれないなんて勝手に考えるものじゃないんだろうなと思いましたし最終回は感動して泣いてしまっていました。2人は無事に夫婦にもなったし子供もいたけどそれだからこそお母さんは悩まされるし苦しんでいるんだろうなと思うと、どんな気持ちで子育てしたりしているのかなとかいろいろ考えさせられたけど素晴らしい純愛を見せてもらいました。

迎えた結末に涙が止まらない 作品名:大恋愛~僕を忘れる君と 雰囲気:ラブストーリー 感想:若年性アルツハイマーという病気の深刻さ、そしてリアルに描かれる病気が進行に胸が痛みました。戸田恵梨香さん演じる尚とムロツヨシさん演じる真司が運命的に出会い、これから二人で幸せを築いていくという矢先に病気が見つかってしまう展開に胸が痛みます。それでも乗り越えていく覚悟を決め結婚する二人ですが、真司に負担になっていると思い悩む尚の姿に悲しみが強くなりました。決定的だったのが、子供と尚が散歩に出かけ、子供がいなくなってしまったことで警察沙汰となってしまいます。しかし時間が過ぎることでそれすら忘れてしまう尚の姿に病気の恐ろしさと共に生活していく難しさを改めて痛感させられます。それがきっかけとなって尚が姿を消してしまう展開は衝撃でしたが、負担をかけたくないという尚の真司や子供を思う愛情の深さを感じさせました。ようやく探し当てた尚は記憶をすべて無くしていましたが、真司の名を口した奇跡が見られた結末にタイトルの意味の深さを感じさせました。愛情深さに心震える作品でした。(37歳、女性、parapi)

 

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』を観た感想、評価 映画の作品名:大恋愛~僕を忘れる君と 雰囲気:楽しく見れる良い映画 感想:若年性アルツハイマーというとても辛い病気がテーマですが、ただ重く辛いだけではなく、二人のイチャイチャににやけたり、笑ったりしながら、とても楽しく観ることができる良い映画でした。ムロツヨシ氏の全てを包み込むような優しい笑顔に、惚れそうになりました。戸田恵梨香さんの透明感のある穏やかな表情も良かったです。本当に感動しました。1日1日を大切に生きることの大切さを教えてくれた映画だと思いました。切なく泣ける考えさせられた作品でした。貴が私を忘れても、私はあなたを忘れない。永遠に・・・。徐々に少しずつ、確実に自分の中からすべての物が溶けていくように消えていく・・・。切ないと思いました。懐かしい故郷の風景が消えていく、新しい友人の笑顔が消えていく。愛する家族の温もりが消えていく。そした最後には自分自身すら消えていく。アルツハイマー型認知症病という病気は怖いと思いました。TOKIOの松岡さんの演技も良かったです。素敵な作品です。 年齢:39際 性別:女性 ペンネーム:ここみ

 

 

 

大恋愛~僕を忘れる君とまとめ

 

本当に感動する内容のドラマです!涙なしでは見れない感動作品!
心が打たれました、普通の毎日に不満ある方は見てください!
普通の自分がなんて幸せで素晴らしか分かると思います。
是非見てください!

 

 

Paravi

コメント

タイトルとURLをコピーしました