ai崩壊のあらすじやネタバレ・なぜ主題歌をAIが歌ったのか!

未分類

 

映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

 

スリルとサスペンスが伝わる【AI崩壊】のあらすじやキャストが気になる!

近年進んでくるAI。
舞台はAI社会になり、人と人ではない本格サスペンスがここから始まる!

【公開日】】【キャスト】

1月31日

大沢たかお
賀来賢人
岩田剛典
広瀬アリス
三浦友和・ほか

AI崩壊あらすじが気になる!

「AI崩壊」の画像検索結果
AIの未来を描くこの映画ですが、10年後AIに寄って国民全体を管理するようになる。
このAI開発したのは、天才科学者桐生だった。
ところがAIが暴走をはじめる。
人をAIが年収や家族構成、学歴、犯罪歴などについて分けはじめる。
そして暴走したAIは人々を死へと導くのです。
警察はAIを暴走させたテロと判断され、開発した桐生を犯人だと疑われる。
無罪を訴えるも警察は耳を傾ける事をせず、疑い続ける。
彼自身が作ったAIはまだ国の認可が降りていなかった。
彼は妻を過去になくすという悲しい事実がありながら、国のためにAI開発を進めていた。
彼にとって何一つ身に覚えがなかった。
逮捕直前に逃げ出した桐生だったのだが、警察庁のサイバー対策課が追ってくる。
何故AIは暴走したのか?
日本の未来はどうなるのか?

AI崩壊僕らを待つ場所。

AI崩壊の主題歌をAIさんが担当します。
AIさんが主題歌に決まる事に対して、AIさん自身がコメントしており【まさかAIの歌をAIが歌うなんて】と伝えています。
気になるミュージックビデオはホームページに公開しています。
是非、主題歌と一緒に映画を楽しんで下さい。

AI崩壊細かく動画で解説!

文字だけではなく、細かく動画でどのような話なのかわかるホームページです。
ホームページといえば、その映画の良し悪しがグッと強まります。
なかなかないのが、7つの場面の動画があることです。
これだけ公開前に見せてもらえるのは嬉しいですね!

AI崩壊著名人からのコメントが凄い!

やはり気になるのは映画の感想です。
映画の感想は、数々の著名人がコメントしており映画をみた芸能人や著名人が感想を伝えています。
芸能人というテレビの中の人がいうと説得力がありますし、見たいという願望も大きくなりますね!

AI崩壊ツィッターがある!

作品に対し様々知りたいのならツィッターがおすすめです。
ツィッターでは、作品に対する様々な内容を伝えることができますし、コラボやグッズなどもツィッターで発表します。
公開前は細かく発表されますので注意して見てみてください。

AI崩壊原作がある

「AI崩壊」の画像検索結果
AI崩壊は、原作があり浜口倫太郎さんが作られた作品です。
なんといっても原作ですから映像とは異なる違った雰囲気を味わうことができます。
原作と映像化は違いがありますから、原作を楽しんでから映像を楽しむのも良いかもしれません。

AI崩壊ロケ地

三か月にわたり撮影が行われたとのことでロケ先も範囲がかなりひろいです。
備前日生大橋は数時間通行止めになったそうです。
他にも埼玉県深谷市や高崎市・前橋市など様々な場所で撮影していました。
何故これだけの広範囲でありながら撮影されたのが分かったかというとエキストラの皆さんのおかげです。
様々な地方に行くためにエキストラの方がツィッターなどであげていた為場所が特定されたのだと思います。
エキストラさんとツィッターの力は凄いですね!
もちろん隠し通すつもりはなく、撮影後ツィッターからエキストラさんに向けて感謝の言葉と写真をアップしていますので、オープンな監督なのかもしれませんね。

AI崩壊ムビチケで前売り券購入!

なんといっても映画当日まで待ちきれない!
そんな人は多く、前売り券をすでに購入している人も少なくありません。
ですが、購入がまだという人はムビチケがオススメです。
ネットで購入することができますし、スマホ一つで楽に購入することができます。
スマホを見せるだけで映画を観れるので、チケットをなくす心配もなく映画までの時間をグッズ購入などに使えますね!
グッズ購入も映画館にいったならではの楽しみ方となっています。

AI崩壊大沢たかおさんが気になる!

やはり、主役の大沢たかおさんが気になりますね。
大沢たかおさんは、1986年3月11日生まれ現在51歳です。
身長は181センチと高身長で年齢を感じさせない彼のイケメンぶりに注目があつまっています。
もちろんベテランですから、演技力は抜群です。
今作品でも彼の演技力の実力が披露されるはずです。
是非臨場感あふれる演技を劇場でお楽しみください。

AI崩壊皆が期待している映画に注目!

やはり今作品を注目している人は多く、映画公開前の今だからこそなお期待は膨らみます。
10年後の日本が舞台ということもあり、本当にそうなってもおかしくないAIの世界。
ほんの少しの未来を描くからこそ、人は注目して気になるのかもしれません。
結果は映画館にあります。
どうなるか、是非自身の目で確かめて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました