映画死にぞこないの青のあらすじ 感想・ ロケ地紹介!

ホラー映画
死にぞこないの青 予告編

 

映画【死にぞこないの青】の作品情報・キャスト

須賀健太(マサオ)
谷村美月(アオ)
城田優(羽田先生)
入山法子(羽田の妹)
瓜生美咲(マサオの同級生)
博多華丸(マサオの父親)
坂井真紀(マサオの母親)

タイトルに謎を感じる作品ではありますが、どんな作品であるか、興味が湧きますね。
子役で活躍していた須賀健太さんが主役となっています。
先生役が城田優さんというのも気になる点です。
今回のロケ地は富士宮市となっており、地元の方はロケを見に行った人も多いはずです。

映画【死に損ないの青】のあらすじとネタバレ

 

新任教師の羽田光則がマサオのクラスにやってきました。
クラスの中で、係を決める際マサオら、羽田のせいで体育係となります。
学校でのキャンプ合宿の際、マサオに強くあたる羽田。
そんな羽田は、アパートで一人暮らしをしていました。
妹が訪問します。
学校では、体育の授業の際悪くもないのにマサオはいちゃもんをつけられ謝らなくてはいけなくなるのです。
その頃から、いつも傷だらけの少女、アオがきになります。
マサオは幼い頃に姉をなくしておりアオと亡くなった姉が、かぶるのでした。
そんなアオは授業にも出席するようになり、プールの時間にアオはマサオの横で涙します。
マサオは水泳が得意だったので泳ぎを披露しますが、自慢げな態度だと羽田に注意を受けるのです。
もちろん、納得はいきませんが注意したのはもっと頑張って欲しいからだと正当化されてしまうのです。

家に帰宅するまで時間を潰すマサオにアオが近づきます。
アオがマサオにいいます。
死んでしまえば楽になるのにと。
マサオはアオにお前は誰だ?とかなき俺はお前だとかえすのです。
そしてアオは羽田に何も言えないマサオにたいし、臆病者とつげます。
その日の夜、マサオはアオが自分をいじめていた人を殺す夢をみるのです。
夢でよかったと思うマサオに対し、自分の願望であるとアオにつたえられます。

いつものようにいじめにあいます。
アオと一体化となり、いじめっこを次々と倒します。
こちらから手をだしたわけでもないのに、羽田はマサオを怒ります。
理不尽なことを許してはいけないというアオの意見からマサオは羽田の家に出向きますが、風呂に閉じ込められ暴行をうけます。
するといきなり羽田は優しくなります。
マサオに睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、眠らせ羽田は山奥に彼をもっていきます。
目が覚めたマサオは羽田を指しますが、返り討ちにされてしまいます。
すると足を滑らせ羽田が怪我をするのです。
打ち所が悪く羽田は動きません。
マサオに初めて殺意が芽生えるのですが、自分ばかりなぜいじめるのか?と羽田にききます。
羽田はいじめる相手は誰でもよかったのだと答えます。
自分に似ていることがわかったマサオ。
そして、いままで見守ってくれていたアオにさよならをつげます。
これからは一人で大丈夫だと告げて。
そして、アオは美しい少女にかわりました。
マサオに笑顔をみせていなくなります。

映画死にぞこないの青 ロケ地

今回のロケ地は富士宮市となっており、撮影場所は取り壊し前の富士宮市立上野小学校をかりての撮影でした。

uenoshou-new

 

映画【死に損ないの青】の結末

 

後日マサオは母とともに羽田の病院にいきました。
羽田もまた子供の頃生き残った一人でした。
母親はマサオにいいます。
事故の際、マサオは無傷だったのだと。
姉は傷だらけでした、きっと姉が守ってくれたのだと命のありがたみを知るのでした。

 

映画【死に損ないの青】の感想と評価

 

この映画から感じるのは人と人とのつながりです。
そして、主人公の心の中も描かれています。
心の中には主人公の悪の部分も感じるのです。
決して間違いではありませんが、考えることで人には闇があることがわかりますね。
人間ですから闇があってあたりまえなのです。
闇は、人にみえないものです。
だからこそ、怖いものなのかもしれません。
今回は、教師が生徒をいじめるというショックな話から始まります。
それを考えるだけで、かわいそうやひどいという感情が働きますが、教師の心の中には悪が存在するのです。
決してしてはいけないことですが、これにより誤った行動に移ってしまうのが人間です。
いけないことと判断つくのも人間の特徴です。
しかし、少年の辛抱強さと心の強さに教師も助けられるのです。
通常であれば逮捕されても当たり前の内容ではありますが、それを守るのが被害者の少年です。
考えさせられる内容であることは間違いありません。
できることなら、少年が教師に守られる存在でいたかったはずです。
そして、少年を守り続けていたのは他でもない、亡くなった姉でした。
姉はこの世を去りながらずっと弟を見守ってきたのでしょう。

(まとめ)

作品をみていると様々な人間模様を感じることができます。
そして人間だからこそ、間違いをおかすのだということもわかるのです。
どうすることもできないものですが、人と言うものを考えさせられる作品となっています。

コメント

  1. […] 映画死にぞこないの青のあらすじ 感想・ ロケ地紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました