ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へのあらすじ感想・ ロケ地紹介!

実話・映画
松山ケンイチ(植村一也)
高畑充希(玉城ミチル)
西山茉希(青山陽子)
永作博美(日下部七海)
山崎努(福原謙三)
池内博之(比嘉剛)
坂井真紀(望月ユリ)
利重剛(仲村圭一)
田中哲司(須藤勇治)
上間宗男(玉城のオジイ)人気キャストが送る今回のストーリーに注目ですが、実際にあった実話の話ということで数々の関係者も注目しているそうです。
沖縄を舞台としている作品である、あの有名な美ら海水族館です。
沖縄の綺麗な風景とともに映画をお楽しみください。

映画【ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ】のあらすじとネタバレ

「ドルフィンブル...」の画像検索結果
新人獣医師の植松は、この水族館で働いています。
館長の方針により、飼育員の仕事もこなし獣医の仕事もしなければいけないのです。
過酷な仕事で一也で5人目の獣医でした。
キツイながらやりがいを感じ働いていました。
彼は沢山のイルカの世話をしていますが、不満が増えていきついに獣医なのだからイルカの治療がしたいと言います。
しかし、館長にイルカのことが何もわかっていないのに世話はできないと言い放ちました。
一方ミチルという少女がいます。
彼女は、祖父と2人で過ごしており学校にもいっていません。
そんな様子を彼は気にしていました。飼育に慣れてきた彼ですが、突然イルカのフジに異変がおきます。
このままでは、死の道しかないと判断し、フジのおびれを切り落とす手術をするのです。
手術は大成功となります。
しかし、おびれがないフジは、泳ぐことができません。
そして、ミチルには泳げないイルカはイルカじゃないと言われ、フジのためにもおびれをなんとかしようと考えます。
館長に相談し、世界初の人工尾鰭にチャレンジします。

映画【ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ】の結末は?

完成した尾鰭ですがフジの泳ぎ方を見ながら、フジにあわせ改良していくのです。
しかし、ジャンプした際に壊れ、フジの体にきずがついてしまいます。
このことで尾鰭はつけないことになるのです。ミチルの祖父がなくなり、落ち込む彼女をみてフジにおびれをつけることを考えます。
改良を重ねたおびれはフジにあい、まるで本物のように動きだしました。

映画【ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ】の感想と評価

実際にイルカのフジを助けた獣医師の話ですが、感動しますね。
今では人気の美ら海水族館ですが、獣医という仕事と飼育員としての仕事を両立させられていた彼だからこそ、フジの気持ちを悟ることができたのかもしれません。
何故なら彼は、イルカの気持ちを存分にわかることができ、そしてフジのことを理解できる人間だったからです。
映画の冒頭をみるとわかりますが、彼は決して仕事に真面目な人間ではなかったことが、わかります。そんな彼にあたえたのは試練です。
獣医師という仕事だけではなく、フジの成長を、見守る事ができる仕事につくことで彼はかわっていきます。
館長の作戦勝ちといったことでしょうか?
フジのヒレを作るにはかなりの試行錯誤が必要なことでしょう。
イルカのヒレの原理をわかっていなければ、つくることはできないのですから。
そう、このヒレを作成できるということは、彼がどれだけイルカについて学んできたか、努力の結果ですね。
フジにとってどうするのが1番なのか誰もわかりません。
イルカは人間と違い言葉を発することはできませんから。
それでも、彼がフジの気持ちがわかるということは、それだけ信頼されていた証拠です。
考えてもみてください。
信用していない人にイルカは自分の体によくわからないヒレをつけさすわけはないのです。
そう考えるとイルカも人間とおなじように心を持っていることがわかります。
優しい目をしているイルカ、言葉を話さなくても伝わるものはあるのです、飼育員の優しさが伝わります。
この話をみて、水族館で働かれている方の大変さを実感しますし、美ら海水族館で働いている人には関心すら覚えます。
普段何気なく楽しく見ている水族館ですが、その裏側には数々の努力をしている人がおり、数々の力が存在するのです。
映画をみるだけで考え方が変わって見えますし、すごいの一言に尽きるわけです。
飼育員さんの努力に拍手喝采ですね!
映画は、皆が知らなかったことも教えてくれる存在です。
だからこそ、幸せを運んできてくれる存在なのかもしれません。
イルカの存在というのは素敵なものであり、かけがえのない存在であることがよくわかります。

(まとめ)

イルカが水族館ではメインと考える人も多いほど人気ではありますが、だからこそイルカを大事に思う人の気持ちを知ることが大切なのだと思います。
映画に触れて楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました