白雪姫と鏡の女王の声優はだれ?衣装もすごい!あらすじ・ネタバレに注意!

未分類

 

映画『白雪姫と鏡の女王』予告編

白雪姫と鏡の女王の声優はだれ?衣装もすごい!あらすじ・ネタバレ

白雪姫と鏡の女王 作品紹介・キャスト

 

ジュリアロバーツ(女王)
リリー・コリンズ(白雪姫)
アーミー・ハマー(王子)
ネイサン・レイン(プライトン)
ショーン・ビーン(国王)
ジョーダン・プレンティス(ナポレオン)

こちらの作品は2012年3月30日放映されたものです。
有名な白雪姫のストーリーですが、今回の白雪姫ですが、一味も二味を違うそうです。
ジャンルは、コメディとなっています。
物語的には本来ならラブストーリーやおとぎ話のイメージですが違うようです。
そしてやはり注目したいのは、主役であるリリーですね。
本当に童話からでてきたかのような可愛らしさ。
是非おとぎ話の世界に迷い込んでみてください。

 

白雪姫と鏡の女王 あらすじとネタバレ

「白雪姫と鏡の女...」の画像検索結果

白雪姫は、小さい頃からお城に閉じ込められたままです。
そんなある日、白雪姫は城から逃げ出します。
わからないまま森へとかけて行きました。
そこでみたのは、木にぶら下げられている男でした。
しかも、1人ではなく2人もぶら下がっているのです。
その姿をみた白雪姫は、2人の男を助けます。
男達は、巨人に襲われたといいます。
そして、白雪姫は1人の男を好きになるのです。

白雪姫は街に向かいます。
彼女の幼い記憶を辿り街を目指しますが、過去にみた街はなくこの街に住んでいる皆が貧しさに苦しんでいました。
この街の女王は義理の母です。
義理の母は、自分だけ贅沢三昧。
この状況を知り、白雪姫は何とかしなければと考えます。
義理の母のもとにやってきた2人の男ですが、1人は王子です。
彼女は自分と結婚しもっと贅沢をすることを考えました。
しかし、白雪姫もこの王子に助けを求めるつもりでいます。
白雪姫は彼をみて驚きます。
何故なら助けたあげ、自身が惚れた男だったからです。
白雪姫は彼に事情を話そうとしますが、女王に見つかり捕まります。
そして、白雪姫を殺害するよう部下に仕向けます。
しかし、部下であるブライトンは人を殺すような人ではありません。
白雪姫を森に逃がし、女王には白雪姫が死んだと告げます。
嘘であることに気づかない女王は喜びました。

白雪姫が目を覚ますと小さな小人が7人彼女のまわりにいました。
彼らとともにし仲良くなりますが、小人はお金を巻き上げていました。
その日の仕事は村の税金を奪うことでした。
貧しい村の状況を知っている白雪姫はお金を返しに行きます。
そして7人の小人が盗んだことも告げます。

一方で女王は、王子を自身のものにする為惚れ薬を使います。
そして、白雪姫が生きていることがバレ、彼女がいる小屋を狙います。
白雪姫達は、女王と王子が結婚することを知り結婚式場に乗り込むのです。
王子を小屋まで連れて帰りますが、以前の彼はそこにはいません。
小人達は彼を目覚めさせようと殴る蹴るの暴行を繰り返します。
それでも戻らず、1人の小人が提案します。
白雪姫のキスで目覚めるのだと。
無事、白雪姫のキスで目覚めた王子ですが、魔物が襲いかかります。

 

白雪姫と鏡の女王 結末は?

「白雪姫と鏡の女...」の画像検索結果

以前、王子が襲われたあの魔物です。
白雪姫はあることに気づきます。
魔物がつけているネックレスは、女王のものと同じなんだと。
ネックレスを壊す白雪姫。
すると怪物は敗れ、魔物は女王の父親だった。
ネックレスによる呪いは解け、昔と同じ平和な王国に戻ったのでした。

 

白雪姫と鏡の女王 感想と評価

 

女性なら一度は憧れるプリンセスの世界ですが、グリム童話の作品の中では数多くのプリンセスがいます。
そんなプリンセスの中でも人気である白雪姫。
王道の皆が知っている話ではない為、映画に没頭してしまいます。
ジャンルがコメディということもあり、つい笑ってしまうシーンも存在します。
グリム童話好きでなくても楽しめる作品です。

 

白雪姫と鏡の女王 衣装に注目!

 

今回の映画をみる際、欠かせないのがドレスです。
なんとも高級感あふれるドレス。
女性なら憧れる人も多いでしょうし、なんといっても映画ということでかけている金額は高額であることが分かります。
華やかなドレスばかりですが、ついつい見惚れてしまうのはやはり高級感溢れている女王のドレスです。
嫌な人でありますが、衣装だけは一級品ですね。
実際購入するのであれば、かなりの高額の値段がつくようです。

 

白雪姫と鏡の女王 声優は?

 

声優は誰?と重要ですね。
それにより吹き替えでみるか、字幕で楽しむかわけているという方も存在するようです。
女王 は、深見梨加さん、小松未可子さん、そして王子役は玉木雅士さんとなっています。
皆さん有名な方ばかりで声を聞けば納得の一言ですね。
不思議と吹き替えでしか見ない方は、声をきいて吹き替えであることを忘れてしまうほどマッチしているようです。

(まとめ)

 

絵本の世界のグリム童話ではなく新たなステージのグリム童話を楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました