映画、何者の烏丸銀二の俳優は誰!あらすじ・ネタバレも!

ヒューマンドラマ映画

 

映画『何者』予告編

 

どんな話?映画【何者】のネタバレ!あらすじ!

 

 

映画【何者】キャストが気になる!

「映画【何者】」の画像検索結果

 

佐藤健
菅田将暉

人気キャスト二人が今回はキャストです。
ぜひ、二人の演技力を楽しんでください!

 

映画【何者】ロケ地は?

 

ネットでは、ロケ地がなんと東大と言われています。
東大を貸し切ってした撮影はすごいですね!
普段は見れない東大の内部も見れてお得な感じもしますね。

 

 

映画【何者】あらすじとネタバレ!

 

「映画【何者】」の画像検索結果

主人公である拓人はスタジオにいました。
服装はスーツ姿でビシッと決まっていました。

彼は、同居人である光太郎の引退ライブに足をはこんでおり、彼がスーツ姿だった理由は、そう就職活動中だったからです。
引退ライブをする彼も同じく、就職活動でやめることにするのです。
ライブで以前留学していた瑞月に会います。

瑞月ですが、拓人の家に後日来ていました。
ここ最近、お互いと直接話さなくても、相手の様子がSNSを通じ手よく分かっていました。
皆が皆互いに就活をして、合格内定をもらう為に努力しています。

そして、様々な人のが助けて自分の生き方を考えるきっかけをもらいます。
その道は人それぞれです。
就活するもの、演技に進むもの様々でした。

結果発表の日、頑張ったものの光太郎は落ちてしまう。
もちろん、必死で頑張ってきた彼には一体何故おちたのか理由はわかりませんでした。

皆が通じて分かち合ったSNSでしたが、実は表向きとは違う裏のアカウントが存在しました。
SNSのアカウントは一つではなかったのです。

隠れたものが存在し、普段伝えている心境など楽しかった日々を伝えることだけではなく、他にも弱音を吐き出すために存在するアカウントがあったのです。

 

 

映画【何者】結末・結末の意味

 

 

彼は、新たな面接に直面している最中でした。
面接で聞かれる定番となる質問があり、今回もきっと似た質問が繰り返されるのだろうと思っていました。
しかし今回の質問は、

自分というものを1分で説明してください。

と、いうものでした。

拓人は他の就活生と同じように、自分自身の人間というものについて答えるのですが、自身が回答しはじめている内容にさっぱり納得がいきません。
そして、彼は自分自身の相棒の事を気づけば話していました。
質問とは異なる回答でしたが、彼は話を止めることはありません。
自分自身とかつての相棒についての話は、言われていた1分は、とうにすぎていました。

この質問は彼にとって1分という短い内容で話せるものではなかったのです。
彼は人生というもの振り返り、前にすすんでいくのでした。

今回の結末は、就職活動をメインとして活動してきたのがわかります。
そんな彼が、就職活動をすることにより、1分間で自分を説明してくださいという会話があります。
彼自身を説明するのは、1分で解説することは不可能だったのでしょう。

 

 

映画【何者】感想!

 

 

今回のメインは、就職活動です。
やはり、夢をおった彼の決断に切なさを感じてしまいます。
このぐらいの年齢層だったら、今後の人生を考えるのではないでしょうか?
本来はライブを続けていき、ミュージシャンになりたかったのかもしれません。
しかし、生活を考えるのでしょう。
彼も就職活用をしていくのです。
もちろん、これからの彼は違うのかもしれません。
ミュージシャンという夢を諦めて、新たな一歩に進んでいるのです。
そう考えるとすごいですね。
やりたかったことをやり切ったのでしょうか?
本来はミュージシャンとして実力を伸ばして行きたかったに違いがありません。
彼は夢ではなく、現実を直視することを考えているのです。
現在の若い方にしてはしっかりした考え方の持ち主なのだと思います。
もちろんですが、誰だって就職活動はうまくいくわけではありません。
お互いに努力し、なんとか仕事につく努力している姿を感じられます。
どの仕事でも大変ですし、もちろん就職活動も大変なことです。
学校を卒業し、新たに社会人という頑張りをする彼たちには努力は大事です。
人はなんの努力なしにうまくいくことは難しいのです。
前にむいて進む姿に感動すらおぼえます。
何もかも嫌と伝えること、楽を選ぶ事、そんなことは誰であれできるのです。
頑張って前に前進しようとする人もいれば、そうではなく諦めてしまう方だっています。
様々な方がいますが、それでも自分をもってしっかり突き進む姿はえらいですね。
今回のキャストは菅田将暉さんと佐藤健さんです。同世代コンビということもあり、息もバッチリです。
さて、こちらの二人が繰り出すストーリーにぜひ注目してください。
同じく春ですから、就職活動にあけて内定をとれるまでバダバタと活動する人は少なくありません。
もちろんながら、それは皆にとって必要不可欠な事であり、必死に前に進むための人生の大きな第一歩といっても過言ではないのです。

現在就職活動中の方も多くいるかもしれません。
もちろん、困難に立ち向かわなければいけないことだって存在するでしょう。
しかしながら、逃げてばかりでは前に進むことはいっさいできないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました