パパはわるものチャンピオン映画、 あらすじより子役にひかれます!

未分類

 

映画『パパはわるものチャンピオン』予告編

どんな話?【パパはわるものチャンピオン】のネタバレと感想に注目!

 

 

パパはわるものチャンピオン キャストが気になる!

「パパはわるもの...」の画像検索結果

 

棚橋弘至
木村佳乃
寺田心

パパはわるものチャンピオン ロケ地は?

 

ロケ地は様々ありますが、岩崎書店や目黒区立東山小学校などです。
こんな場所で撮影すると目立ちますね!

 

パパはわるものチャンピオン あらすじとネタバレ!

「パパはわるもの...」の画像検索結果

祥太は将来の夢について学校で発表することになります。
彼はパパみたいに大きくて強くなることと回答します。
過去、父親はレスラーとして人気だったのです。
しかし、今は彼が誰なのかわからないのです。
友達も彼の父親が何の仕事をしているのかわからないのです。
そして困った事に息子である彼も父親の仕事がわからないままでした。

母親からも知らされることがない父親の仕事が気になり、彼は父親の車に一人忍びこみ職場にいきます。
そこについたのはプロレスの会場でした。
様々なレスラーが出てくる中、彼は気づいたのです。
悪役レスラーのゴキブリマスクこそが自身の父親であるということに。
父親の姿をしった彼は動揺し、会場から飛び出してしまいます。

学校にいた彼は友達に父親の職業について伝えます。
しかし、悪役レスラーであることは告げることが出来ず友達は人気のドラゴンジョージであるという噂が流れ始めたのです。
そしてサインを頼まれました。
うまいことドラゴンジョージのサインと父親のサインを交換してもらいます。
そして、サインをせがんだ彼女に誘われてプロレスを見にいくことになるのです。
父親のブーイングに、落ち込みますがミチコに励まされなんとかその時をすごします。

父親もまた、今の立場に疑問が浮かびます。
そして意を決して彼は、マスクをステージではずすのです。
そう、エースだった彼に。
思わず息子は、パパと口走りばれてしまうのでした。
嘘がばれ、息子はいじめにあうのでした。
そして彼女にも嫌われます。
父親としてなんとかしなければいけないと考えた彼がとった行動は、ドラゴンジョージを倒すとクラスメイトの前で宣言するのでした。
そして試合当日、彼は負けてしまいます。
そしてブーイングを受けるのです。

 

パパはわるものチャンピオン 結末は?

 

しかし、今までの落ち込んでいる息子はいません。
なぜ ら、悪者はブーイングが絶賛を意味していることを理解していたからでした。
息子は父に作ったチャンピオンベルトを送ります。

そして将来の夢をこうつづるのです。

【パパみたいな、わるものチャンピオン】になることが夢なのだと。

 

結末の意味は?

 

 

結末は嫌だと思っていた父親の職業に対し、やっと理解ができた息子の姿がありました。
そして、父親のような人間になりたいと尊敬の眼差しでみるのです。

 

 

感想は?

 

父親の職業というのは幼い子供に対して、本当に重要なものです。
何故なら自慢できる父親が理想だからです。
父親がカッコいい職業というだけで子供ながら優越感にひたれるのでしょう。
そう考えると父親の職業は大事なものなのです。
今回、息子は父親の職業を知りません。
そして父親の職業だからこそ、彼にとってじゅうようなのです。
現実は、人気レスラーではないことにどうしてもショックをかくせない息子ですがそれでもレスラーであることはかわりありません。
しかし、人気レスラーか悪者レスラーか子供からの支持率は異なるようです。
そう考えると本当にかわいそうに感じますね。
子供ために父親も放置はしません。
学校に出向く父親の姿にあっぱれです。
なんとかして子供を守りたいという父親の姿に感動すら覚えるのです。
そして、父親は父親で必死で我が子をまもり、悪役レスラーの良さをつたえます。
悪者がいるからこそ、人気レスラーが引き立ち、悪者はいいレスラーなのです。
それがわかった息子は父親を理解し、そして父親だからこそ彼の力がわかるのです。
息子は父親のようになりたいと最後に綴っています。
父親にとってそんなことをかんがえることなんて、感動しかありませんね。
どうしても父親の仕事を理解できない人だって世の中にたくさんいると思います。
人目につく仕事だからこそ、嫌だと懸念する人だっているのです。
どうしても、父親という存在だからこそすれ違いなども生じてしまうのでしょう。
だからこそ、父親の力が試される時。
父は子供のためにレスラーのよさを伝えます。
その瞬間、感動してしまいました。
この映画は、父親と子供の絆を描く感動ストーリーです。
子供は父親が大好きで父親は子供をかけがえのない存在と考えます。
この映画、ぜひ親子で見ていただきたい映画であることは間違いありません。
見ることで親子の絆がグッと縮まりますし、自身の親がこの人でよかったのだと大人になってからも思うことが多いかとおもいます。
ステキな話が多いこちらのストーリーですが、休日映画に選んでいただきたいストーリーとなっています。
ぜひ映画を楽しんでください。
ステキな映画で笑顔が増えますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました