そらのレストラン 映画、あらすじ感想・ ロケ地 は主演の小泉洋 地元!

邦画
「そらのレストラ...」の画像検索結果

どんな話か気になる!話題作!【そらのレストラン】のあらすじとネタバレをします!

【そらのレストラン】キャストが気になる!ロケ地は?

「そらのレストラ...」の画像検索結果
大泉洋
本上まなみ・他大泉洋さん主演ということで、それだけで面白そうですね。
内容についてもお話します。
北海道せとな町にてロケが実施されました。
北海道といえば、大泉洋さんの出身地でもありますから、関連性があるのかもしれません。
「そらのレストラ...」の画像検索結果
「そらのレストラ...」の画像検索結果

【そらのレストラン】あらすじとネタバレ!

主人公の設楽は、北海道のせたな町で牧場を経営していました。
そこに雑誌記者である、こと絵が訪ねてきます。
そして、彼にここで働きたいと頼みました。
これをきっかけに二人は仲良くなり、結婚することになります。
二人の間には、女の子が誕生しました。
娘は大きくなり、酪農をしています。
チーズ作りに興味があり、学んでいました。さまざまな人たちが野菜を作ったり、米を作ったりと皆が手作りの品を持ち込めば、手作りレストランができることに気づくのです。
そんな中、有名シェフが街にやってきました。
売られている商品の味に感動したシェフら、生産者たちにお礼をしたいと料理を作り招きます。
その味はなんともいえず、感動すら覚えます。
そして、生産者皆が協力し、1日限定レストランが開かれることになります。皆が準備に取り掛かっていましたが、突然病気で大谷が倒れ、なくなってしまいました。
大谷の妻により、チーズ工房を自由に使ってもいいと言われますが、娘は大谷のようなチーズが作れず酪農すらやめてしまいたいと弱音をはきます。
落ち込んでいる娘に皆がやさしいことばをかけるのです。
それによって前に向かって進むことができたのです。
チーズ工房に入り、彼女は10年前に作られたチーズを手にします。
食べてみると感動の一言です。
同じようにおいしいチーズをつくりたいという気持ちが戻っていきました。
そして、開店準備がはじまります。

【そらのレストラン】結末は?結末の意味は?

レストランの名前は【そらのレストラン】です。
レストランの開店により、亡くなった大谷の妻の姿がありました。
作ったチーズを食べてもらうと、涙ぐみながらおいしいと言ってくれます。
作った甲斐があったと喜ぶのでした。
そして、食べにきた皆が喜んでくれる姿がありました。
最後は、皆が彼女に力を与え、そして前をむいて頑張る彼女の姿がありました。
結末をみるとハッピーエンドですね!

【そらのレストラン】感想は?

「そらのレストラ...」の画像検索結果
今回の話は、父親が亡くなり後を継いだ娘の頑張る姿が映り出されています。
幼い頃に父親がなくなり、酪農という道を継いだ娘、その娘が大きく成長できたのは周りの皆が力をあたえてくれたからです。
彼女一人ではここまでの成長は果たすことが決してできなかったことでしょう。
小さな少女は大きな心を得ることができるのです。
彼女は、チーズを作るという目標がありました。
大谷の作るチーズに感動し、同じようにつくりたいという目標があったのです。
しかし、大谷は病で倒れ決して前を進むことができなくなるのです。
そんな姿に辛さを感じ、戸惑ってしまう彼女。
彼女にとって大谷は父親の姿をかぶせてみたのかもしれません。
そんな彼女には、大谷が亡くなると心に穴があいてしまいます。
こんな彼女に手を差し伸べたのは、今までも彼女の周りにいた人たち。
彼女自身の人柄がそうさせたのかもしれません。
彼女は、前に進むことができます。
周りのおかげですね。
この場面をみて人に対する愛情や、人情を感じることができるのです。
人は、誰かに支えられ、また自分自身も知らない間に人を支えているのです。
そう考えると幸せな気持ちになりますね。
生きているだけで誰かを支えることができ、それだけで意味があるということです。
人の愛情というのは何にも変えられないものなのです。
幸せすら感じることができますし、考えれば考えるほど嬉しくもある映画です。
映画では、酪農を支えるというテーマでしたが実際の現実でも人を支えることは多いと思います。
つらいとき支えてくれる友達、そして家族。
逆もあります、困っている人がいれば助けたいと思うのが人間らしさです。
そう考えると人間っていう動物は愛情の塊なのかもしれません。
ついつい嬉しくなってしまいます。
世の中には、酷いことをいってしまい人を傷つける人もいますが、個人的には悪い人ばかりではないと考えています。
きっと、愛情不足なだけで人間は愛情を感じると正しく生きることができる生き物なのかもしれませんね。
作品をみるだけで、応援したくなったり思わず親目線で鑑賞してしまいました。
ちょっとしたことで頑張れ!と心の中でいってしまったり。
こんな心温まる作品に触れ、元気をもらってみてはいかがでしょうか?
作品自体がほのぼのしていますので、北海道の街並みを楽しむことができ、家族皆で楽しめるので休日の映画鑑賞にもオススメです。ステキな映画をステキな家族と共に鑑賞してみてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました